健康・ダイエット

週1で食べると脳が14%大きくなる食材がこちら

2019年2月22日

DaiGo MeNTaLiST

週一であるものを食べると脳が大きくなる食べ物があります。当たり前といえば当たり前ですが大事なのは調理の仕方と食べ方です。

魚です。

特に青魚がいいです。サバなどに多く含まれているオメガ3を摂ると本当に脳が大きくなるという研究があります。
フィッシュオイルと言われるオメガ3は色々とありサプリなどもありますが、フィッシュオイル系のサプリは酸化していることが多いのでサプリで摂るのはあまりお勧めはしません。魚で摂るようにした方が健康のためにもアンチエイジングのためにも絶対にいいです。
さらには、オメガ3は筋トレの効果も上げてくれます。筋トレをする人こそ魚を食べた方がいいです。サバ缶をサラダの上にのせて食べるのもいいのではないでしょうか。
フィッシュオイルはうつ病にも効くという研究もありますのでメンタルを安定させる効果もあります。

歳をとっても脳は大きくなる

今回紹介する研究は、魚を食べれば食べるほど脳が大きくなるというものです。しかも若い脳が大きくなりやすい人ではなく、どちらかというと脳が萎縮していきがちな年配の人たちに対しての効果が確認されています。ですから、若い人はより食べるべきかとも思います。
65歳以上を対象にした統計調査で9年間にわたって食生活を追跡調査し、その間脳のスキャンを継続しました。
その結果、焼き魚を週に一回食べるだけで海馬などの脳の記憶に司る部分が4.3%大きくなり認知機能を司る部分が14%も大きくなりました
焼き魚よりはできれば刺身や低温調理の方が本当はいいと思いますが、焼き魚でも週に一回食べればこんなに効果があるわけです。
ちなみにフライはどうなのかと言うと、魚のフライを食べた場合はこの効果はありませんでした。やはり調理するのであれば低温調理の方がオメガ3も酸化しづらくそれ以外の脳に効果のある成分も失われることが少ないと思われます。

この研究では体内のオメガ3が多ければ多いほど脳が大きくなり頭が良くなるかというとそういうことはありませんでした。オメガ3は確かに体にいいけれど例えばサプリでオメガ3を単独で摂っても効果はなく魚の中に含まれているアミノ酸など他の様々な成分も相互作用を起こし効果を発揮しているといえます。

人間は色々な栄養素を複合して摂った時にそれを吸収し活用することができます。特定の要素だけが多いということは当然自然な状態ではありませんので吸収しづらいということが考えられます。
実際に脳がうまく機能するためにはオメガ3も重要ですがそれ以外のタンパク質やアミノ酸も大事ですし、鉄や要素や亜鉛のような微量元素も必要です。それら全てをバランスまで考えてサプリで摂ることはとても難しいですから魚を食べるのが一番です。

おすすめはやはり低温調理ですが、低温調理の方法を知りたい方はこちらをチェックしてみてください↓
メンタリストの専属シェフ▶http://ch.nicovideo.jp/mental-cooking

例えば、不安を感じやすいとか緊張しやすいという人はフィッシュオイルが効くとも言われています。魚を食べる量を増やすと不安や緊張、うつ対策にも効きますし筋トレにも効果がありますので皆さん魚を食べましょう。

魚を食べていい頭を持っていても使い道を知らないと意味がありません。その使い道を紹介したおすすめ動画まとめ↓
忙しすぎる人のための超時短勉強法
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1542125103
科学が認めた最強の読書術!メタ認知読書法とは
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1533307873
仕事や勉強が最もはかどるタイミングの科学
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1542468062

参考
https://www.ajpmonline.org/article/S0749-3797(14)00257-8/abstract


他の人はこちらも検索しています

-健康・ダイエット
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.