お金・ビジネス

お金がないと起きる【脳科学的悲劇】

お金がないと起きる脳科学的悲劇

DaiGo MeNTaLiST

お金のストレス

お金と脳科学にまつわる内容ですが、お金がない中年に起きる脳科学的な悲劇があります。

お金をたくさん持っているかどうかということではなく、お金が足りないという感覚によるストレスが危険だという研究はたくさんあります。
今回はそのような研究も紹介しつつ、中年になってからお金がないと脳科学的にどのようなことが起きるのかということを解説させてもらいます。

以前も紹介させてもらいましたので覚えてくれていると思いますが、人間を老けさせてしまうのがお金がないというストレスです。

見た目が最も老けるストレスが判明

僕たちは様々なストレスで老化していきます。一番老けてしまうストレスとは何でしょうか。 高い化粧品を使ったりアンチエイジン ...

続きを見る

お金がないストレスがもたらす5つの悲劇
お金がないストレスがもたらす5つの悲劇

お金に困ると一言で言っても、本当に生活していくことさえも困難になるという人もいれば、無駄遣いをしすぎて今月厳しいというよ ...

続きを見る

お金がないというストレスにより、自己コントロール能力も低下し、ドカ食いをしてしまうことが増えたりIQ まで下がるということが分かっています。

実際に脳まで縮んでしまう?!

このことにはいろいろな原因があるとされていますが、テキサス大学の研究で、お金が無いストレスによるこのような支障が出る原因として、お金がないと脳が縮むということが調べられています。
20歳から89歳の男女304人を対象に、全員の脳をスキャンし様々なことを調べています。
例えば、脳の灰白質の量やネットワーク効率(脳の細胞の数と機能)を調べて、参加者たちの収入や教育レベル、雇用状況や経済状況など、お金にまつわる要素を確認し、比較しました。

その結果、お金のある中年(35〜64歳)の人ほど、脳が大きく機能も良いということが分かっています。さらに、これはメンタルの良し悪しや現在の認知機能のレベルなどを考慮しても、その傾向は確認されています。
つまり、お金があるかないかで脳のサイズは違ってくるということです。

自分は子供の頃に貧しくて充分に教育を受けられなかったからとか学歴の低いことを言い訳にする人がいますが、これも関係ないということも分かっています。
子供の頃の経済状況を調整しても、やはり、今現在中年になった時にお金がある人の方が脳が大きかったということです。
結局、貧しい環境で育ったかどうかは関係なく、大人になってお金があるかどうかということが脳のサイズを左右しているということです。

経済格差の要因かもしれない

このような傾向が出る原因としてははっきりと分かっていませんが、収入が低い職業の場合は健康に良くない食生活をしている可能性も高く、生活リズムも不健康がちになることによって、脳が縮んでしまうのではないかとか、貧しさのストレス自体が脳を縮めているのではないかというようなことを研究者は指摘しています。

ですから、ある意味、中年のための最強のボケ防止はサイドビジネスと言えるかもしれません。
いわゆる貧しい状況というものは、環境の問題や教育の問題が大きいとされてきましたが、この研究のデータが示してくれるのは、経済的な資源というものがないことによって脳の機能が低下し、脳の機能が低下するから貧しくなるということによって、歳を取れば取るほどその格差が広がるので貧富の差が生まれるのではないかということを研究者は指摘しています。

大切なのは足りている感覚

もちろんお金をたくさん持っているほうがいいでしょうが、大事なのはお金が足りているか足りていないかということです。
ですから、余計なことにお金を使ったり騙されたりすることがなければ、基本的にお金は足りるはずです。
お金に振り回されることなく賢く生きるための本をおすすめ本として紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。

お金の使い方を上手になるためのおすすめ動画
お金で得する人、損する人の心理学
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1532624105

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.pnas.org/content/115/22/E5144
https://science.sciencemag.org/content/341/6149/976

タグ

-お金・ビジネス
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.