心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

学習法・記憶法

チラ読みでわかる!自分に合った本・テキストの選び方

投稿日:2019年4月19日 更新日:

DaiGo MeNTaLiST

よく、それだけたくさん本を読む時にどうやって本を選ぶんですか?と聞かれることがあります。
ちなみに、僕の場合は、あまり選ぶことなく本を買って、そこからインプット用の本とアウトプット用の本に分けます。インプット用の本というのは、いわゆる名著と言われるような、しっかり頭に入れておくべき知識が詰まった本です。アウトプット用の本とは、本の内容としては、いまいちピンとこないけれど、実際にはどうなのだろうと疑問を持ったり、この本を自分がもし面白くするのであればどうするのかということを考えたり、科学的根拠を調べる動機につなげたりするものです。疑問を持ったりアイデアを作り出すために使うことができます。

皆さんの場合はそういうわけにもいかないでしょうから、後悔しない良い本を選ぶ方法を知りたいと思われるはずです。
おすすめとしては、図書館などに行ってお金のかからない選び方をするのがいいかと思いますが、図書館にない本もあります。
ここでいう良い本とは、いわゆる名著であったりみんながいいという本も大事ですが、自分のレベルに合っているかということもとても大事になります。本の内容が優れているかどうかということと、自分の身の丈に合っているかどうかというこの2つを押さえておかないと、だいたい失敗します。ベストセラーの本や今話題になってる本を買ったけれど、結果積読になってしまっている本が皆さんもあるのではないでしょうか。

良い本かどうかを見抜く方法

基本的には自分が手に入れたい知識があるかどうかです。本を手に取った時に、この本を読んで自分は何を手に入れようとしているのかということに対して、答えが出ない本は良くない本です。
自分の目的を達成する本なのかどうなのかということを考えて選ばないと、万人が読むべき最高の本なんてありません。自分が使えるかどうかということと、自分に合っているかどうかということを考えてください。

同じことを何回も繰り返しているとか、論理構造がおかしくなっている本があります。このような本を見つける方法は簡単です。真ん中あたりのページを選んでください。適当に真ん中あたりのページを開いて5ページから10ページ程度を読んでみてください。それで何を言っているのかがわかる本はいい本である可能性が高いです。
著者は最初はやる気がマックスですし、終わりが見えてきている頃も頑張れます。ということは真ん中あたりが一番だれてしまいます。これは翻訳本も同様です。
最初と真ん中と最後を読むのがいいとよく言われますが、時間がない時には真ん中だけを読んでみるといいと思います。

レベルに合った本を見抜く方法

人間のやる気は難易度に左右されます。ですから難易度で選ぶことが重要です。
皆さんにとって簡単すぎる本は面白くないので、モチベーションが生まれません。逆に、難しくなりすぎると何を言ってるのかわからないので、難しくて読む気がなくなってしまいます。だから、簡単すぎず難しすぎずちょうど良いところを選ぶようにしましょうと、よく言われますが、そのちょうど良いところはどこなのでしょうか。

先ほどの真ん中のページを開いて5ページから10ページ程度を読んだ時に、どのぐらい理解できたらいいのか。問題集であれば、何パーセントぐらい解ける気がしたらいいのか。
何パーセント程度が最もモチベーションが上がり続くのかということを調べてくれた研究があります。

アリゾナ大学の研究で判明したもので、内容が複雑なので実験モデルの部分は省きますが、二項分類タスクというシンプルな学習のモデルがあり、それにより数学的なモデルを作り、学習の効率が最も最適化されるエラー率を調べたものです。神経科学的にもその妥当性を調査されていますので、信頼性もあると思われます。
簡単に言うと、どのぐらい間違えるような本、どのぐらいに内容が分からない本を読むと、最もモチベーションが上がり学習効率が上がるのかということを調べたものです。
結果としては、エラー率のベストは15.87%でした。
つまり、僕たちが本を読む時には約16%程度のエラー率、つまり、解らないところがある本を選ぶといいということです。
本でも問題集でも、ざっくり8割ぐらいは理解したり解けるような気がするけれど、ちょっとわからないところがあるぐらいが、最もモチベーションが上がります

ただし、間違わないでいただきたいのは、16%程度のエラー率ということは84%は理解できるわけですから、8割以上読める問題を延々ととけばいいのかと言うとそういうことではありません。
勉強法の話でも何度も紹介したように、正解した問題はしばらくしなくてもいいです。16%程度の間違えたところや理解できなかったところを潰していきましょう。そして、それらを理解できたら、その時の自分が8割程度理解できる本をまた選び、それを繰り返していくわけです。こうすると僕たちのモチベーションは高い状態のまま学習を続けていくことができます。

モチベーションを維持するのが難しいとも考えられますが、逆にいうと、100%できるようなことをしていてはダメだということです。15.87%軽度のエラー率は許容して生きていかないと、僕たちに成長はないということです。
参考にしていただけたらと思います。

続き。
科学が認めた最強の読書術!メタ認知読書法とは
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1533307873

参考文献
https://www.biorxiv.org/content/10.1101/255182v1

タグ

-学習法・記憶法
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.