お金・ビジネス 集中力

【超効率】超はかどるリモートワークの基本【ペンシルベニア大学研究】

この知識はこんな方におすすめ

  • アフターコロナの時代の働き方を今のうちに身につけておきたい

アフターコロナの働き方

アフターコロナの時代も視野に入れて変化の激しい時代を実感し始めている人も多いと思います。
国も企業も方針が二転三転したりすることも増えていますし、おそらく働いている人たちの状況も変わっていくと思います。

そうなるとニーズが大きく変化したり、今まで多くの人に必要とされてきた企業やサービスが突然ニーズがなくなったり、逆に、今までそれほど注目されてこなかった企業が急に注目を集めるようになったりということも珍しくありません。

この変化の激しい時代に僕たちはどのような働き方をしていけばいいのでしょうか。
今回はペンシルベニア大学の研究などももとにして、アフターコロナの時代に一体どんな働き方が最も効率的なのかということを解説したいと思います。

今まではやはりオフィスで働いているという状況が多かったと思います。
もちろん、在宅で働いている人もいればそうでない人もいたわけですが、間違いなくこれから在宅で働く人がより増えていくと思います。

多くの企業がやむなくリモートを取り入れたところ、結果的にリモートで十分なのではないかと思い始めている状況かと思います。
しかも、多くの企業からすると会社のオフィスや自社ビルなどを構えていると、そこに多額な費用が当然かかっています。

立派なオフィスを構えておく必要性としては、来客に対するイメージや株主に対するイメージを考えてのこともあると思います。
ある意味経済的な安定性を主張するための社会的信用のためにオフィスを構えているという意味もあったわけです。

オフィスを持たずにビジネスをしているというと信用されなかった時代から、これからはオンラインやリモートに対応できる環境をどれぐらい整えるかという事の方が重要になってきます
どちらかと言うと、オンラインでミーティングをしようとなった時に、接続にもたついたり音声が聞きづらいような状況になる方が信用できないようなイメージを持たれてしまいます。

このようにどんどん仕事に対する向き合い方というものが変わっていきます。
それもあり、今まで盤石と言われていた企業の業績が落ちてきたりする中で、例えば、セキュリティ関連の企業やクラウドサインの企業などが成長してきているということもあります。

この時代が変わっていく中で、もちろん皆さんが経営者であったり投資をしているということであれば、その変化の状況を実感としても感じていると思いますが、普通に会社員として働いている人が今何を気をつけておけば、これから先のアフターコロナの時代を生き残ることができるのでしょうか。

仕事とプライベートの境界線

オフィスを持たない仕事や在宅勤務が増えていく中ですが、昔であれば、会社に行って同僚や周りの人の目がある状況で決まった時間の中で仕事をしなくてはいけませんでした。
そうなると、仕事のための環境がそこにはあり、締め切りの効果もありますし他人の監視もあるわけですから、それにより仕事に取り組むための集中力を維持することができたり切り替えができたということもあります。

それが急にリモートや在宅に変わったとしたら、家には漫画もあるし見ようと思えば Netflix もいつでも見ることができるし、他人の目もないので好きな時に休憩したりコーヒーを飲んだりすることもできます。
今まで普通にオフィスに通って仕事をしてきたとして、急に切り替えろと言われても、そんな中で集中力を維持する自信がある人はどれだけいることでしょうか。

仕事に限らず学生さんでも勉強に集中しようと思ってもついつい余計なことをしたり漫画を読み始めたりするということもあると思います。

人間というものは誘惑に弱いものですから、その誘惑がたくさん身の回りにある中で、目の前のやるべきことに集中する方法というものをこれからは身につけておかないとあっという間に時代に取り残されるわけです。

スポンサーリンク

一方で、誘惑が多い状況下でも集中力を保つ方法を身につけている人は、通勤時間や余計な人間関係でのストレスがなくなります。通勤時間もなくなれば仕事終わりに一杯飲みに行くというような付き合いもなくなります。
そうなると当然自由時間が増えます。

集中力を保つ方法を身につけている人だけがその間自由時間を活かすことができるということになります。
集中力がない人はその自由時間をことごとく無駄にしてしまいます。

ですから、問題はその時間があるかないかということではなく、時間を最大限に活かすことができる集中力を持っているかどうかということであり、その集中力を発揮することができる働き方をしているかどうかということがとても重要になります。
そのための方法を今回は紹介したいと思います。

2つの仕事に対する集中の仕方のタイプ

今回参考にしているのは、ペンシルベニア大学のロスバード博士が行ったリモートワークに関する発表です。
これはロスバード博士が20年間にわたり行った研究をまとめたものになっていて、人間の仕事に対する集中の仕方というものは2つのタイプに分けることができるとされています。

これは僕たちが仕事に対する集中力を維持するためにもとても重要なポイントになってきますし、仕事から受けるストレスというものも結構関係してくるものです。

Type 1 :統合タイプ

Type 2 :分割タイプ

皆さんは自分がこの2つのタイプのうちどちらなのかということを把握しておくことによって、リモートワークでも副業でも自分にとって最適な働き方というものを理解することができるようになります。

統合タイプ

統合タイプは仕事とプライベートの境目が曖昧なタイプです。
このタイプの人は家に仕事を持ち込んでもそれほど苦にならない人が多いです。
仕事を家でしなくてはならなくなった時に、とても嫌な気分になるという人もいれば、別にすぐにこなすから構わないという反応をする人もいると思います。

この統合タイプの人は仕事場とプライベートの空間を曖昧な状態にした方が幸福度が高くなりやすいという少し変わったタイプで、そんなにいないそうです。

スポンサーリンク

この曖昧というのは、家でも仕事をしているということではなく、仕事中にプライベートなことが多少できるぐらいの自由度があった方がいいという意味でもあります。

例えば、自分のオフィスに自分の好きなアニメのキャラクターのぬいぐるみを置くとか、自分の趣味に関する写真を飾ってみるとか、オフィスなどの働く空間にも自分のプライベートなものが一定数はあった方がリラックスできるわけです。

パソコンの壁紙に好きなアニメのキャラクターを設定しても別に誰にも文句言われないというような環境の方がいいということです。

ですから、どちらかと言うと、統合タイプはプライベートに仕事を持ち込んでもいいというよりは、仕事だけれどプライベートな要素も少し含まれていた方がいいというタイプになります。
家でもバリバリ仕事をしているというタイプではありません。

仕事時間中に例えばプライベートの用事を済ませたり、営業で外出するついでにコンビニに寄って税金を払っておこうというような事が許されるぐらいの良くも悪くもある程度の許容力がある職場の方が満足度が高くなります。

仕事とプライベートを綺麗に分けたりしたくないという人はこの統合タイプになるかと思います。

分割タイプ

多くの人がこちらの分割タイプになるかと思います。
仕事は仕事、プライベートはプライベートと、仕事とプライベートの境目を綺麗に分けたいというタイプです。
友達関係も仕事上の友達とプライベートの友達と分かれていることが多いと思います。

このタイプの人は家に仕事を持ち込むことになると苛立ちを覚えたりします。
家にいる時に仕事の話をされるとイラッとしたりします。メールや電話などの仕事の連絡もプライベートの時間には一切受けたくないというタイプです。

スポンサーリンク

この分割タイプの場合には仕事とプライベートをいかに上手に分けるかということが重要なポイントになります。
綺麗に分けることによって両方を活かすことができるタイプです。

このタイプの人は仕事用のスマートフォンとプライベート用のスマートフォンと分けた方がいいぐらいのレベルです。
パソコンも仕事用とプライベート用とで分けた方が良いかと思います。

スケジュールやカレンダーなども仕事用のスケジュールとプライベート用のスケジュールとを完全に分けて、プライベートな時間では仕事のスケジュールさえも見ることがないぐらいにした方がいいのが分割タイプです。

分割タイプは仕事とプライベートを分けた方がいいですがある程度の自由度はあった方がいいので、出勤時間をある程度選べるようなフレックスタイムが導入されている職場の場合には満足度がさらに上がるそうです。

これは仕事とプライベートを分けやすくなるからです。
自分のプライベートを犠牲にして仕事に行かなくてはいけないという状況を避けることがしやすくなるからです。

仕事とプライベートを分けやすいかということに対してモチベーションを感じるのが分割タイプです。

これからの統合タイプと分割タイプ

この統合タイプと分割タイプの二つがこれから如実に変わっていきます。
今までのリモートワークなどがない時代であれば、勝手にプライベートと仕事が分けられていました。

分割タイプにとっては勝手に分けられているので問題ありませんでしたが、これからリモートが中心になってくるとプライベートな空間の中で仕事をする必要が出てきますので、これは分割タイプの人にとってはかなりストレスの原因になってしまいます。

家に仕事を持ち込んでいるような気分になるのでいつ仕事が終わったのかも区切りがわからないという状況になってしまいます。

一方で統合タイプの人にとっては、プライベートが際限なく仕事を侵食するようになります。
家にいる時に余計なことが気になったりあまり集中できないという人は、こちらの統合タイプの可能性があります。

ですから、これからのリモートワークの時代には、自分がこの投稿タイプなのか分割タイプなのかということをある程度考えた上で、それに合わせて力を発揮しやすい環境を整えるということがとても重要です。

アフターコロナの時代においては、基本的に分割タイプなのか統合タイプなのかということに関係なく、仕事の時間とプライベートな時間は溶け込んでいきますので、この境界線を意識するということがどちらのタイプにとっても重要になります。

統合タイプの人にとっては、プライベートが仕事に侵食するようになり仕事ができなくなるということを防ぐために境界線をきっちり分けるべきですし、分割タイプの人にとっては、自分の仕事がプライベートに侵食してくる感覚が強くなりますので、仕事がプライベートを食い尽くさないようにするための防波堤としてその境界線をきっちり分けるべきです。

ですから、今までよりも明確に仕事の時間とプライベートの時間をきっちりと時刻で分けた方がいいと思います。
何時から何時までは仕事の時間ときっちりして、その間は余計なことはしないと分けた方がいいと思います。

さらに、分割タイプの人であれば部屋を分けたりパソコンを分けたりした方がいいと思います。

スポンサーリンク

分割タイプの人の注意点

注意点としては、分割タイプの人は時間の融通があまり利かないタイプの人が多いので、これからリモートが中心になったり仕事の方法が変わったとしても、できるだけこれまでの勤務スケジュールに合わせて日々のスケジュールを組み立てた方がいいです。

今まで朝9時に会社に出勤して夕方6時まで仕事をするというのであれば、在宅で働くようになったとしても同じスケジュールで仕事をした方がいいわけです。
お昼休みも会社に通っていた時と同じように12時から1時までというように守った方がいいです。

時間に対する融通が利かないということがありますので、タイムスケジュールの変化があると落ち着かない気分になりストレスが増えてしまいます。

ですから、分割タイプの人は仕事用の部屋を作ってみたりデスクを別に用意するということをしてもいいとは思います。
もしそれが難しいという場合には服装は変えた方がいいです。

要するに、今自分は仕事中なのかプライベートなのかということをはっきりと認識することができないと分割タイプの人はイライラしてしまいます。

ですから、部屋や環境を整えることができないという場合には、仕事中に着る仕事着とプライベートの服はきっちり分けておいた方がいいです。

いずれにせよ仕事とプライベートの境目をわかりやすくすればするほど分割タイプの人は効率よく仕事を進めることができるようになります。

スポンサーリンク

統合タイプの人の注意点

一方で、統合タイプの人はリモートや在宅になってくると仕事とプライベートの境目がなくなってしまいますので、プライベートが仕事を全て侵食するような状態になってしまいます

分割するといいわけですが、統合タイプの人は若干は仕事の合間にプライベートのこともできた方がいいということがあります。
時間の感覚に少しの融通を利かせることができた方がいいということです。

僕もこのタイプなので実践していますが、このタイプの人は1日のルーティンを決めるようにしてください。
朝起きたらすることを順番に明確に決めておくようにします。
僕の場合であれば、朝起きたら猫にご飯をあげて筋トレをして、瞑想をしたら動画を撮ってという流れを決めていますが、同じように1日の流れを作っておいて基本的にそのルーティンを守るというようにした方が統合タイプの人はうまくいきます

統合タイプの人は部屋をきっちりと分けるというよりは、受験生がリビングで勉強するのと同じように、分割タイプのように自分の生活空間の中に別の仕事の空間を作るというよりは、自分の生活空間の中で仕事をするようにした方がストレスなく効率よく仕事を進めることができる可能性が高いと言われています。

まとめると・・・

皆さんが分割タイプなのであれば、いかに仕事モードとプライベートモードを分けることができるかという事に注目するようにしてください。
統合タイプの人であれば、1日のルーティンだけはきっちり決めて、生活の中に仕事を組み込む方法をした方がうまくいきます。
皆さんも参考にしていただけたらと思います。

アフターコロナの時代のためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、皆さんがこれからのアフターコロナの時代を生きていくためにおすすめの3冊を紹介しておきます。

人は毎日多くの仕事をしているわけですが、本当に重要な仕事というものは2割ほどしかないと言われています。
その2割の仕事が8割以上の成果を決めています。

在宅やリモートになってくると余計な事に時間を使ったり優先順位がつかなくなってしまう人が多くなります。
変化の激しい時代においては、その優先順位自体が日々変わってくるということもあります。

そうなると今一番何が優先されるのかということをその都度判断しておく必要があります。
その一番優先順位が高いものを判断するためのテクニックを教えてくれるのがこちらの本になります。

一番大事なものは何なのかということを考えて仕事に手をつけると、当然ですが仕事に対する満足度も高くなりますしプレッシャーも減ります。

今日も多くの企業が失敗したり成功したりしています。
そんな中で成功した企業やV 字回復した企業は、ごくごく簡単なルールに従って動いているということが分かっています。
では、そのルールとは何なのかということを教えてくれるのがこの本です。

もちろんこれは個人の仕事術にも適用できる内容です。僕も実際にこの本で解説されている内容をベースにして仕事の進め方を決めています。

やはり、環境が変わったり家でリモートで働こうとするとストレスが増えてしまうということが少なからずあると思います。
もはや、コロナの影響によるストレスなのか家で働くことによるストレスなのかがわからないっていうような状況の人もいると思います。

家で仕事をする方はぜひストレス対策も取り入れておいてください。
そのためにはこちらの本がストレス対策のための教科書として役に立ちます。
科学的に正しいとされている100種類のストレス解消法について教えてくれる本です。

集中力を身につけるためのおすすめ

そもそも統合タイプが分割タイプがの前にベースラインとしての集中力が低いという人もいると思います。
一度集中し始めると没頭状態に入ることができて、気がついたら仕事が終わっていたというような状況になるとどんな仕事でもかなり楽にこなすことができるようになります。
そんな集中力を身につけるための方法を解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。
知識の Netflix Dラボは、今なら20日間無料で使うことができますのでぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
【超集中力2.0】集中力を研ぎ澄ませるアウェアネス・テクニック

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://hbr.org/2020/07/building-work-life-boundaries-in-the-wfh-era

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス, 集中力
-, , ,

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog