目標・成功 習慣

【誘引バンドル】やる気いらずの人生逆転法

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • やるべき事を続けられるようになりたい
  • 人生で成功したい!

人生の成功に必要な事をまとめて可能にする心理テクニック

今回はかなりすごい心理テクについて紹介させてもらいます。
先延ばしを直すということとモチベーションを上げるということ、そして、物事を習慣化するということの人生で成功するためには必要な3つを全てひとつのテクニックでできてしまう凄いテクニックです。

誘引バンドルというテクニックについて紹介させてもらいます。
このテクニックを今回皆さんが学んでもらい、それを実践してもらえれば、先延ばし癖を直すこともできますし、モチベーションを高める上に習慣化もできてしまうという方法です。

誘引バンドルというものは、タスクとご褒美と罰を全て組み合わせた手法になります。
人間のモチベーションを左右したり習慣化を左右する心理学的なテクニックはいろいろとありますが、全てをひとつでカバーしてしまうというテクニックです。

これは方法としてはとても簡単で、自分がやらなくてはいけないタスクや面倒だと思うことに対して、ご褒美は罰と物理的な縛りをつけるという方法になります。

「誘引バンドル」

2013年のペンシルベニア大学の研究で、226人の学生を対象に3つのグループに分けた上でジムに通ってもらうという実験を行っています。
普段からそんなにジムに行っていたわけでもない学生を対象に、ジムに通うモチベーションを保つことができるのかとか習慣化できるのかといったことを調べた実験です。

ジムに面白いオーディオブックを詰め込んだ iPod を設置して、それをジムに行った時にだけ聞くことができるようにしたグループ

ジムに行った時にだけオーディオブックを聞くように指示をして、それが入った iPod を渡したグループ

ご褒美として商品券をプレゼントして自分に行ってもらうようにお願いしたグループ

普通に考えると、商品券が貰えるのでご褒美をもらえるグループが一番効果的なような気がします。
ところが、実際には全く違う結果になりました。

ジムに行った時にだけオーディオブックを聞くことができるグループ

オーディオブックを聞ける iPod を渡されたグループ

ご褒美をもらったグループ

結果としては、どのグループも何もしないよりはモチベーションは上がりました。
どれも効果は出たわけですが、大きな違いが現れました。

なんと、この中で最もモチベーションが上がらなかったのは商品券のグループでした。その次はオーディオブックを渡されたグループで、最もモチベーションが高まったのはオーディオブックがジムに設置されたグループでした。

ジムに面白いオーディオブックを聴くことができる iPod を設置されたグループが、最もモチベーションが上がったし、やるべき事もできて習慣化も身につきやすくなったということです。

ちなみに、どれくらいの違いが現れたのかというと、オーディオブックをジムに設置したグループは、オーディオブックをジムで聞いてくださいと言われて渡されたグループよりも29%も多くジムに通っていました。
およそ30%も多くジムに通うわけですから、相当健康のためにも効果は違うでしょうし習慣としても身につきやすくなると思います。

さらに、オーディオブックをジムに設置されたグループとジムに行くと商品券をもらえるグループを比べると、オーディオブックを設置されたグループの方が51%も多くジムに通っていました。
つまり、1.5倍も目標を達成率が高くモチベーションは高い上に習慣化される可能性も高くなるということです。

わかりやすい動機で物理的な縛りが重要

結局、人間はお金やご褒美というものはあまりうまく理解できません。
自分が欲しいと思うものや、自分が見たいと思う動画や自分が聞きたいと思う音声などがモチベーションを高めてくれて、さらにこれに対して物理的に縛りをつける必要があります。

家で毎日筋トレをしようとかHIITをしようとか考える人もいると思います。
僕も毎日トレーニングを続けていますが、僕の場合は瞑想をしたり自分をコントロールするための心理学を知って、それを使っているのでなんとか続けることができていますが、そうでなければ普通は難しいものです。

ですから、実際にジムに行くとか場所を変えるとかしないとスイッチが入らないという人もいると思います。
東大生でも、家ではなかなか集中できないので、カフェを使ったり自習室を使ったりする人もいるぐらいですから、僕たちは結構環境や物理的な縛りに影響を受けてしまいます

場所と行動にご褒美を結びつける!

ジムに行くと運動せざるを得ないので運動できるとか、自習室に行くと勉強をせざるを得ないので勉強ができるというように、場所と行動が結びついている人は結構いますが、その場所と行動に対して、さらにご褒美を結びつけるというのがこの誘引バンドルというテクニックです。

ご褒美はできるだけすぐにもらえた方がいいし、さらにその場所を限定する方がいいので、この実験のように、ジムに行くことでそのご褒美がもらえるというのはとても良い方法です。

皆さんも自分が何かやりたいことや達成したいことがある場合には、その場所に対して行動だけではなくご褒美も結びつけることができるかということを考えてみるといいと思います。

さらに、強力にするには?

ちなみに、研究チームはさらにこの効果を高める方法も提案してくれています。
それは、もしジムに行かなかったらオーディオブックを消すように友人に頼んでおくとか、もしジムに通う回数が一定数より少なくなったら友人に1万円払うとか、友達に罰をお願いしておくというように、もう一段上の縛りを用意するということを研究者はおすすめされています。

ですから、これを使うのであれば、友達やパートナーと一緒に運動することにしたら、そのジムなどの場所に行った時にだけオーディオブックが聴けるというようなルールにして、お互いにそこに行かないと手に入らないようにしておきます。
それと同時に、お互いに相手に監視役にもなってもらうわけです。
相手から見た時にサボった事が分かったら、その相手から罰を与えてもらうようにしておきます。
お互いにそのような状況にしておくと、より目標の達成率が上がるということです。

このように罰のトリガーは他人に握ってもらい、自分の行動と場所を結びつけ、さらにそこにご褒美を結びつけておくということをすれば、より強力な誘引バンドルが完成すると思いますので、ぜひ試してみてください。

これは行動経済学でよく使われるプリコミットメントの技術も使われているので、とても効果的なテクニックだと思います。
モチベーションが湧かないとか習慣化がなかなかできないという人は、かなり強力なのでこの誘引バンドルのテクニックを使ってみてください。

ただ、ひとつだけ注意点があり、この誘引バンドルをいくつも作ってしまうと混乱してしまうと思いますので、基本的にはひとつかふたつまでにしたほうがいいと思います。
プライベートの誘引バンドルと仕事の誘引バンドルというように、ふたつぐらいまでにしておいて、それが習慣として身についてきたらもう誘引バンドルがなくてもできるでしょうから、次の誘引バンドルを作るというようにしたほうがいいと思います。
ひとつずつ確実にしていくというのがポイントになります。

モチベーションに頼らない習慣を!

今回は、モチベーションを高めて習慣を身につけるための方法について紹介させてもらいましたが、基本的には、僕は人間のモチベーションというものはずっと一定になるものではないし、下がることもあると考えています。

ずっとやる気を保って同じことを続けることができているという人もいますが、別にそこにモチベーションはない人の方がほとんどです。
おそらく毎日何かを続けることができている人は、別にそこにモチベーションを感じていないと答える人がほとんどだと思います。

僕も毎日ニコニコや YouTube の放送をしたり毎日たくさんの本を読んでいますが、はっきり言って別にそこにモチベーションがあるわけではありません。
毎日結構激しい運動をしていますが、それも別にモチベーションはありません。
できればやりたくないと思うこともありますし、今日はやめておこうと思うこともあります。

モチベーションがなくてもできるようにしておくことが何よりも大事です。
人が成功するためにはもちろんタイミングも大切ですが、タイミングや運を活かすためには、ずっと同じ生産性を保ったりやるべきことを続けて、いつでも受け入れることができる準備を保っておくことがとても重要です。

それを実現するためには、上がったり下がったりするようなモチベーションややる気に頼っている暇はありません。
ですから、できるだけやる気に左右されず行動することができるようになる今回の誘引バンドルのようなテクニックを使うことが、人生の成功のためには必要になるわけです。

ですから、そんな皆さんを人生の成功に導いてくれるために欠かせない習慣化のテクニックについて、今回のおすすめの動画で紹介しておきます。

習慣が身につく確率を【極限まで高める7つの心理テク】

皆さんが習慣を身につけるために役に立つテクニックを紹介しています。
これは決して難しいことではなく、7つ全てをする必要はありませんので、この中から自分に合うものを使っていただけると、それだけでもかなり人生が大きく変わると思います。

if-thenプランニング徹底解説〜効果量0.99の単独で人生変わる最強心理テク

さらに、習慣化というものは人間の性格も変えることができるものです。
なぜかと言うと、僕たちの性格というものは基本的には行動から作られるものですから、行動を変えると自分の性格も変わったような状態になるからです。

どうすればその行動を変えることができるのかというと、やはり、習慣を変えることが重要になります。
ですから、そんな強力な習慣化のテクニックについて学びたいという方は、こちらの動画をチェックしてみてください。

習慣化と先延ばし対策におすすめの本

今回のおすすめの本としては、習慣化のテクニックと先延ばし対策について役に立つ本を紹介しておきます。

まずは、習慣化についての僕の本ですが『短期間で〝よい習慣〟が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術』です。
そして、習慣化についての研究者の方が書かれた『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』もおすすめです。

さらに、モチベーションやる気に頼ることなく人生で成功したいとか、自分にはやる気とかやりたいことも別にないけれど、それでもやはり人生で成功したい必要な人には、やりきる力を身につけたほうがいいと思います。
『やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』では、先ほど紹介したようなモチベーションややる気に頼ることなく、物事をやりきるにはどうすればいいのかということを解説してくれています。

さらに、おすすめの本として僕の無料のオーディオブックのリンクも入れておきます。
通常は3000円ぐらいするものですが、これを無料で聴けるというAmazon のキャンペーンを行っています。
1人1冊だけですが、まだの方はぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本
¥1,980 (2020/07/05 04:54:16時点 Amazon調べ-詳細)

★通常3000円が無料
DaiGoのオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
▶︎後悔しない超選択術
▶︎知識を操る超読書術
▶︎自分を操る超集中力
▶︎人を操る禁断の文章術
など、他多数の著書が、Audible30日間無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Katherine L. Milkman(2013)Holding the Hunger Games Hostage at the Gym:An Evaluation of Temptation Bundling

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功, 習慣
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog