読む・操る

N国党が【何年でNHKをぶっ壊す】のか心理学的に考察してみた

N国党が何年でNHKをぶっ壊すのか心理学的に考察してみた

DaiGo MeNTaLiST

何かと目が離せないN 国党の立花孝志さんの話題ですが、やっていることは無茶苦茶だったりしても、あそこまでどストレートな人は物言えぬ日本という社会では、必要なのではないかなという気すらします。政治家としてというよりは、言いにくいことでもはっきり言うということから勇気をもらうという点で、必要なのではないかなと思います。

組織心理学的に考察してみた!

そんな注目の N 国党が NHK をぶっ壊すのに何年かかるのかということを心理学的に考察してみます。
このあたりを考えるにあたっては、組織心理学や参考になるのかなと思い、いろいろと文献を漁ってみました。
NHK をぶっ壊すという言葉が先行してしまっていますが、別に NHK 時代を本当に破産させたいわけではなく、スクランブル放送にしてNHK を見たい人は払えばいいし見たくない人は払わなければいいというように選択できるようにしたいということを言っているわけです。
つまり、N 国党がしたいのは組織をぶっ壊すというよりは、組織の悪い習慣を変えたいということを主張しているわけです。
その点に注目して考えてみると、多くの方々にも関わる話ではないでしょうか。
皆さんの会社の中にも、悪い組織風土や皆さんが理不尽だなと感じることはたくさんあるのではないでしょうか。

古い組織習慣を変えるためには

このような組織習慣を変えるためにはどんな方法があるのでしょうか。もし良い方法があるのであれば、本気になりその方法を使えば何年ぐらいで変えることができるのかということを調べた研究はおそらくあるのではないかと考えて探してみると見つかりました。

結論としては、組織習慣を変えるのにかかる年数は4年です。頑張っても大体4年はかかり、そのための方法もわかっています。いきなり新しい方法を突きつけてそれを変えようとすると、4年以上かかってしまうということです。あるいは、変えることができないか急速に変えてしまうと組織自体が崩壊してしまいます。

組織習慣を変える方法としては、古い習慣は残しつつ新しい方法に徐々にゆっくりと移行していく方法です。古い方法は残しつつ新しい方法も提示して両方選べるようにしておきます。それは4年間ゆっくりと継続しつつ徐々に変えていくという方法をとると組織は変わりやすいということです。さらに、この方法を使うと変わった後に業績も伸びやすいということが分かっています。

4年かけて徐々に変化させる

組織の風土というものはどうしても変えていかなくてはいけないものです。
日本の政治も法律も、NHK の体制にしても様々な既得権益も、変わっていかないと当然ですが滅んでいきます。
企業は特にそうです。起業家や経営者はイノベーションという考え方が大事だと言われていますが、このイノベーションは一気に行うのと徐々に行うのでは、どちらの方がその企業の成長や業績にとっていいのかという研究を紐解いてみました。
この研究では、一気に組織を変えたメーカーと徐々に時間をかけて変えていったメーカーを比較して、どちらの方が変わった後に業績が伸びたのかということを調べてくれています。
その結果、前述のとおり、4年ぐらい時間をかけて古いやり方を残しつつ徐々に新しい方法に移行していったほうが、業績も良くなり変化の後の飛躍が起きたということです。
一方、あまりにも急いでイノベーションを求めすぎた企業は潰れやすいということも分かっています。
念のために言っておきますが、変化を嫌いすぎる企業も同じように潰れやすいということも確認されています。

要するに、急に急いで変えると会社は潰れやすくなります。変えなくても当然潰れやすくなります。ではどうすればいいかと言うと、古い風土と新しい風土を両方混在させた状態で維持しながら4年間の間に徐々に古いルールを減らして新しく変えていくという方法をとると組織は変化しやすく業績も良くなるということです。

例えば、この文献の中に出てくる研究では、自転車メーカーを調べていて、イノベーションを起こすために新しい自転車を作ろうとその企業は考えましたが、古い生産ラインも維持して今までの自転車も作りながら新しい生産ラインを導入し徐々にそちらの生産量を増やして古いで生産ラインでの生産量を減らしていきました。これを4年ぐらいかけて行なった場合の方が業績にもいい効果が現れたということです。
あまりにも急いで変えてしまうと、社員のモチベーションの問題や取引先との問題が起きてしまい倒産しやすくなったそうです。

成長し続けるためには4年スパンで変化し続ける

ただし、この変化に4年以上かけるのも駄目だそうです。
4年かけてその間に徐々に徐々に移行させていくのが重要になります。それが組織にとっても従業員にとっても大切になります。

自転車メーカーだけでなく医薬品メーカーや技術開発系のメーカーや自動車業界、様々な業界において行われた研究でもこの結果を裏付けているということが分かっています。
ですから、成長し続ける企業というものは、日々の業務で行われているルーティンや習慣というものを徐々に徐々に進化させていくどういうこと続けているわけです。
4年ぐらいのスパンで生まれ変わっていくことで組織はイノベーションを起こすことができるということになります。

ということは、N 国党が NHK にものを言えるようになってから、組織が変わるためにはおそらく4年ぐらいは必要になるのかなと思います。
もしくは、一気に大きな変化を行なってしまうと、変な抵抗に遭ってしまうことも考えられます。組織心理学的に考えるのであれば、例えば、一部地域のみでスクランブル放送を導入してみるというような試行を行いながら変化させていくのがいいのかもしれません。

組織ではなく身近な人の悪癖を直すためのおすすめ動画
パートナーから親・子供まで【他人の悪い癖を直す方法】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1564593244

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0170840600212005


他の人はこちらも検索しています

-読む・操る
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.