人間関係

N国 立花さんに抗議します【もはや謝罪要求】

N国 立花さんに抗議します

DaiGo MeNTaLiST

この記事はこんな方におすすめ

  • 能力を高く思われたい
  • いい人間関係を築きたい
  • いい印象を持たれたい
  • 結果を出せるリーダーになりたい
  • モテたい

もはや謝罪要求!?

今回は N 国の立花党首に抗議をさしてもらいます。
今まで時事ネタも絡めながら心理学的な分析を紹介させてもらい、その中では N 国に関する話もさせてもらってきました。
お互いの動画で話題にすることで、僕は普段の層とは違う新規層を獲得することができて、立花さんの側からすると、チャンネル会員数ではかなり多い僕が話題にすることでメリットもあったはずです。

僕は外野からただ心理学的な分析をしていただけですから構いませんし、特に連絡先を知っているわけでもありませんが、これだけお互いに色々とやり取りをさせている中で、先日の立花さんの動画で、「メンタリスト DaiGo さんや堀江さんとこれだけ絡んでしてきたのはすべて戦略で・・・」と言われていました。百歩譲ってそれはいいとします。
僕の名前を書かれていましたが、なんと、digoになっていました。
全て大文字でDAIGOと書くとウィッシュのDAIGOさんになり、大吾とかくと千鳥の大吾さんになります。DとGを大文字にして欲しいとかメンタリストをつけて欲しいとか細かいことは言いませんが、せめて綴りを間違わないでほしいと思いました 笑。digoとなるとまるでスペイン人の名前のようです。ただ書き間違えているだけでどこかで気づいてくれると思っていましたが、最後までaを入れてくれませんでした。
aを入れてください、お願いします 笑笑。

それは置いておいて・・・
先日、堀江さんとの対談に関して、これはかなり大きいことだと解説させてもらいました。
それは、これから N 国党は社会的証明を手に入れていくだろうということでした。今までは結構炎上であったりイロモノ的なことをしてまで、アクセス数を集めようとしていた段階でしたが、これからは堀江さんのような社会的立場のある方々のお墨付きをもらうことによって、フォロワーがどんどん加速していくだろうと解説させてもらいました。

皆がいいと言っているものはいいものに間違いはないと考えるのが社会的証明です。堀江さんとの対談をしたことによってこのフェーズに入ったと考えられ、しかも YouTube の急上昇1位にも載ったので、これから様々なユーチューバーが立花さんとコラボしたいと考えるのではないかと思われます。あるいは、立花さんの方から色々なユーチューバーにコラボを申し込んだとしても、それを受ける確率も高くなるので、きっとこれからさらにフォロワーが拡大していくだろうと説明させてもらいました。

自分で能力が高いとは言わない方がいい

立花さんが、それらの活動がすべて狙いだったと説明していました。それ自体は悪くありませんが、その理由の説明が少し惜しかったので、今回はそのあたりを解説させてもらいたいと思います。

先日の動画では、立花さんはパチプロで生活できるぐらい自分は能力が高かったと話されていました。基本的にギャンブルというものは技術で勝利するのはかなり難しいものですから、パチンコに関してはよく分かりませんが、そこに注力するぐらいであれば普通にビジネスをした方がよほど可能性は高いと思われます。
僕は本当に頭がいいのであればパチンコはしなくていいのではないかと思います。もちろん好きでされるのであれば結構ですが、生活するためにする意味はないと思っています。
ですが、立花さん的には、能力が高いからパチプロでも生活することができたということでした。

様々な研究を見ても、やはり自分で自分の能力が高いということは言わない方がいいと思います。
堀江さんとの対談を見ても、確かに立花さんの能力が高いということは見て取れますし、ただ単に炎上騒ぎがイロモノ的な行動をしているだけではなく、ちゃんと考えがある人だということは分かります。
ですが、それは勝手に理解してもらえばいいだけのことであって、自分から言う必要はないということです。

褒められた時には謙虚に、叩かれた時には大胆に

皆さんも、実際に自分の能力が高かったり何かに成功した時には、自分が頑張った事や成功した事を言いたくなると思いますが、基本的にこれはデメリットしかありませんので、やめておいた方が賢明です。
とはいえ、実際に先日の立花さんの動画では、反感を持った人は少なかったのではないかと思います。それは最後にうまくまとめていたからということもありますので、その辺りも含めて今回は解説させてもらいます。

ですが、皆さんは絶対に真似しない方がいいです。
基本的には、「褒められた時には謙虚に、叩かれた時には大胆に」これが大切です。
多くの人はこの逆をしてしまいます。
叩かれたら大人しくなり自粛してしまい、褒められた時には調子に乗って大胆になってしまいます。

ですから、立花さんの場合も、より印象を良くしたいと思うのであれば、自分の能力が高いというのではなく、「堀江さんとの対談などを見た方々からは能力が高いと言ってもらっていますが、決して満足はしていなくて、まだまだ成長すべきでやりたいこともたくさんある。自分の能力がまだ足りないと思っているからこそ、努力し続けます」と言った方が印象が良いのは間違いありません。

能力や結果ではなく努力を語る

さらに、自分の能力の高さや達成したことをアピールしたり話すよりも、それを達成するためにどれくらいの努力をしてきたのかということを語った方が、印象が良くなるということも科学的な研究で分かっています。

皆さんが、何か仕事で達成したりビジネスで成功したり成果を上げた時に、周りにそれを褒められたとします。そうすると、それを誇らしげに答える人がいますが、そうではなく、「最初はなかなかうまくいかずしんどい時期もあったし、その頃からこれだけは続けようと積み重ねてきたものがあって、ようやく今ここまで来ることができた。だけど、これからも初心を忘れずに努力していきたいと思っている」というような感じで、自分がそれを達成するためにどれくらい努力してきたのかということを語った合には、それは自慢にはなりません。
ところが、達成した結果や自分の能力をアピールしてしまうと、それは嫌味になる可能性が高くなります。

例えば、ロンドン大学ユニバーシティカレッジの研究で、自分の能力やスキルに対して謙虚さを示した方が、その人の能力は1.2倍から1.3倍に高く見られるということが分かっています。

自慢話は基本的にその人の能力を割り引いて周りに見せます。ですから、自慢話はあまりしない方が賢明です。

能力は他人にアピールしてもらう

ただし、例外はあります。自慢話は自分から切り出さない場合は問題ありません。
皆さんがもし自慢話をしたい時には、最初のきっかけを投げてくれる人が周りにいればいいということです。

実際に、2015年の研究で、2つのパターンで自慢の効果を調べたものがあります。

  • 自分から自慢話を切り出したパターン
  • 別の人に自慢したい成果を褒められたパターン

そうすると、周りへの印象や能力に対する評価は、他人に褒められた場合の方が圧倒的に高かったということが分かっています。
一方、自分から自慢話をした人はイメージが向上することはありませんでした。他人から褒められた場合には、その成果があればあるほど周りが受けるイメージは向上したということです。

頭の良さ:他人にアピールしてもらいましょう

人の良さ:自分がアピールしましょう

頭の良さは他人がアピールし、人の良さは自分がアピールするようにしましょう。これが基本的な鉄則になりますので覚えておいてください。

ですから、立花さんについては、堀江さんとの対談を見れば頭がいいのは十分理解できますので、どちらかと言うと、人の良さをアピールするようにした方が良いのではなかったのかと思います。

優れたリーダーは謙虚

投資でもこれは同じです。市場が強気な時には慎重にならないといけないし、市場が弱気な時には大胆にならないといけないということをウォーレンバフェットさんも言われています。

リーダーとしても謙虚な方がいいということが研究により分かっています。
例えば、2014年のシンガポール国立大学の研究で63の企業から973人の起業家やミドルマネージャーを選びインタビューを行い、それぞれの企業の業績やその人たちの部下たちのインタビューも含めデータを収集し、優れたリーダーに共通しているポイントとは何なのかということを調べています。
その結果、最もその企業や組織のパフォーマンスと相関が高かったのが、リーダーの謙虚さでした。
やはり、謙虚なリーダーに導かれたチームの方がコミットメントも高いし、実際の業績も良くなるということが確認されています。

これは謙虚な人ほど他人からのフィードバックを喜んで受けるからです。
周りからの意見も柔軟に取り入れることができるので、常に客観的な視点を見失うことがなくなります
政治家でも経営者でも、そんなこと言っても誰も得をしないというようなことを平気で言っている人がよくいるものです。いわゆる失言やわざわざ言わなくてもいいようなことを言ってしまうのは、謙虚なリーダーでなければ周りからの意見や貴重なフィードバックを得ることができなくて、そうでないと、周りから持ち上げられてただのお山の大将になってしまうからです。
ですから、常に謙虚でいないと全てにおいて正確な判断は鈍ってきますし、新しい知識や情報も入ってこなくなりますので、成長もしなくなります。
さらに、謙虚でないと他人のいいところも見えなくなってしまいますので、下が育たなくなってしまいます
だからこそ、集団のリーダーとしては謙虚な人が適しているということが、この研究から分かるわけです。

ただし、N 国の場合はある意味集団ではありません。組織というよりは、立花さん=N 国というイメージになっています。おそらく単一のキャラクターとして戦うという戦略をとっているので、強い組織に対して戦いやすい構造をとっているわけです。

自信満々でもバイアスに左右されない条件

自慢ばかりしていて謙虚さも全くないリーダーは、周りから見ても嫌なタイプの人が多いと思います。ブラック企業のトップのように無駄に自信だけがあるような人がいますが、立花さんの場合はそんな感じではないと思います。

謙虚ではない人が、謙虚な人が判断を間違えたり他人の意見を聞かなくなってしまう現象が起きなくなる方法が1つだけあります。
ウォータールー大学の研究によるものですが、それは徳の高さです。
自分が、他人や世の中のために役に立つことをしたい、あるいは、自分が信じている社会的な正義に関わるような信念に対して忠実の行動している人は、バイアスにかかりにくいということがこの研究により分かっています。

普通は謙虚さがないとバイアスにかかってしまい、地位が上がれば上がるほど判断がおかしな方向に進んでしまいがちです。
立花さんの場合は、元々モチベーションが世の中のためや弱い立場の人達を守りたいということから始まっていて、正直者が馬鹿を見る世の中おかしいと社会正義に重きを置いて取り組んでいますので、こうなると仮に謙虚さが多少減ったところで、バイアスやいわゆる先入観に左右されにくくなるわけです。

社会正義であったり世の中の役に立ちたいという気持ちがバイアスを軽減しているのだと思われます。
ですから、自分で自分の能力が高いというようなことを言っても、実際には害がないわけです。
この研究でも、徳の高さや社会正義に重きを置く人ほど、自分自身が抱える問題に対しても冷静で正しい判断ができるようになるということが確認されています。

自信満々な人がモテる条件

リーダーは謙虚であるべきで、褒められたときは謙虚で叩かれた時は大胆であるべきとしましたが、自信過剰な人の方がいい場合もあります。
立花さんは年の離れた若く素敵な彼女を動画でも紹介されていましたが、このような方をゲットしたいと思うのであれば、自信満々の方がいいという研究もあります。

2015年のクイーンズランド大学の研究で、自信過剰な人がモテるケースとモテないケースがあるということが分かっています。
この研究では556人の男性を集めて実験を行なっていて、お見合いパーティーのような大きな集団の中で男性が女性に選んでもらおうとすると、自信過剰な人の方が有利で、少人数の合コンのような場合は、謙虚な男性の方がモテるということが分かっています。

そう考えると、立花さんのあの自信満々な様子は、集団の中では結構モテにつながると思いますので、自分は結構モテると言われていたのも、あながち間違いではないと言えるのではないでしょうか。

立花さんの場合は戦略なのかと思いますが、基本的には自慢話は自分からはしない方がいいということを覚えておいてください。人間はこれをしてしまいがちです。嫌味に思われて知らず知らずに損をしてしまうことも多いものです。
ぜひ参考にしてみてください。

自然と自分の印象を良くするためのおすすめ動画
嫌味にならず、かつ気づかれずに自分の印象良くする方法
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1549166466

リサーチ協力 Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

https://psycnet.apa.org/record/2005-02456-000
Adam M. Grant, et al. (2015) Busy brains, boasters' gains: Self-promotion effectiveness depends on audiences cognitive resources
Amy Y. Ou et al.(2014)Humble Chief Executive Officers’ Connections to Top Management Team
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797617722621?journalCode=pssa
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0146167215588754?journalCode=pspc


他の人はこちらも検索しています

-人間関係
-, , , , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.