読む・操る

あおり運転殴打カップルを【心理学的に分析してみた】役立たずのサイコパスの特徴

あおり運転殴打カップルを心理学的に分析してみた

DaiGo MeNTaLiST

やばいサイコパスを心理的に考察

最近、あおり運転が頻繁に問題になっていますが、あおり運転の挙句暴力を振るい、カップルなんでしょうか女性がガラケーで動画を撮っていたというとんでもない事件がありましたが、このような事件を一般的に起こすようなサイコパスなカップルを勝手に分析します。個人についてどうこう言うわけではなく、このようなタイプの人はどのような特徴があるのかということを科学的に考察するものです。

本来はサイコパスにはいいサイコパスもいますので、一概にサイコパスが悪いものというわけではありません。ですが、ダークパーソナリティと言って、他人の感情を踏みにじっても何も感じないサイコパス、自分のためには他人を利用しても構わないと考えているマキャベリスト、自己中心的なナルシスト、この三つが揃うと危険だと言われます。さらに今回の犯人のような人は、他人が苦しんでいることを見ることで喜びを感じるサディズムの特性も加わっているのではないでしょうか。このような人は、他人を批判して炎上させることに躍起になるようなタイプの人です。

やばいやつの共通点とは

ダークパーソナリティに関する興味深い研究があり、実はこのようなやばい奴らはたったひとつのポイントで見抜くことができます。
ウルム大学の研究で、2500人の男女を対象に、例えば、他人が罰せられたり苦しんでいるのを見ると快感に感じる、あるいは、他人が罰せられているのを見ると自分も苦しみを感じるとか、他人が自分を評価してくれると自分を特別な人間だと感じる、というような様々な文章に対して自分が当てはまるかどうかということをチェックし、参加者の人達のダークパーソナリティ(ナルシシズム・サイコパス・マキャヴェリズム・サディズム)を調べた上で、性格テストも行い、今回の事件のような付き合うとやばい人たちをどうすれば見抜けるのかということを調べたものです。

結論としては、このような人は、他人の権利や感情を踏みにじってでも自分を優先するという点において共通していました。
ですから、ナルシシズム・サイコパス・マキャヴェリズムなど人間には色々なやばい特性がありますが、このようなやばい人全員に共通しているのは、「他人の権利や感情を踏みにじっても自分を優先する」ということです。

サイコパス特有の口説き方

今回の事件では、男性が荒ぶってあおり運転をしていたら、当然事故してしまう可能性もあるわけですから、同乗者の女性にとっても危険なはずです。普通に考えれば、やめるように促すのが当然な気もしますが、一緒に出てきて撮影したりしていました。
皆さんも、男性も女性もやばいやつだと感じたと思いますが、あのカップルはどのようにして付き合ったのでしょうか。

実は、サイコパスは特有の口説き方があります。
オークランド大学の論文で、225人の男性を集めてサイコパスがどのように女性を口説くのかということを調べています。
その結果、サイコパス特有の女性の口説き方として、自慢が多いという特徴があります。
サイコパスは自慢をすることでしか女性を口説くことができません。普通は、相手の話に興味を持って聞いたり会話することで、自分が相手に興味を持つのが恋愛です。
ところが、サイコパスは他人の権利や感情を踏みにじっても何も感じないほど共感能力が低いので、恋愛も下手なわけです。
ですから、借りてきた外車を自慢するぐらいしかできなかったのではないでしょうか。こんな男性に口説かれる女性もたかが知れています。

個人を攻撃することはしたくないので、今回の犯人がどうこうということではありませんが、一般的にあんな行動を取る人は、自慢話が多くスベることが多く、恋愛中期から DV が始まる上に、いざとなったら友達も見捨てるようなひどい人です。

本来のサイコパスは合理的で計算高い人

純粋なサイコパスの方々の名誉のために一応言っておきますが、本来サイコパスというものは非常に合理的な人です。合理的で計算高い人達ですから、周りから見るといい人に見えることもあります。
ですから、ドライブレコーダーで記録されている可能性が高いにもかかわらず、あおり運転をした挙句相手の車を止めて、当然ナンバープレートもばれているのにそこで相手に暴力まで振るうなんてことはしないはずです。
そういう意味では、知能の低いサイコパスもいるということです。

やばい恋愛から抜け出せない女性

このような男性から逃れられない女性もいます。やばいサイコパスや DV をするような男性と付き合い続けてしまう女性の特徴も分かっています。

ペンシルベニア州立大学の研究で、やばい恋人と付き合い続けてしまう人はどのような性格なのかということを1757人を対象に調べています。
これによると、コミュニケーションにおける相手との距離感で分類する愛着スタイルという心理的な分類があり、これが「不安型」というタイプが多いということが分かっています。
不安型は簡単に言うと、自分に自信がなくて人に嫌われるのを極端に恐れ熱しやすく冷めやすいタイプです。このような人は、とにかく独り身になることを恐れてしまうので、そのためにズルズルと悪い恋愛に引きずり込まれてしまうということが起こります。
そして、中途半端な金持ちは成金が好きです。分かりやすくお金を持っているとか、強くてお金を持っていそうに見える男性に興味を持ってしまいます。このような人と付き合うことによって自分の不安を解消しようとしてしまいます。

このような不安傾向の強い人は、恋愛以外の人間関係においても、問題が起きた時にそれを解決しようとする気が起こりません。
ですから、自分のパートナーが法律的にやばいことをしたり、明らかに道徳的にも反して結果的に不利になるようなことをしようとした場合には普通は止めますが、不安型なのでそれができないわけです。
とにかく孤独を恐れてしまうために、たとえパートナーがどうしようもない人であっても一緒にいたいと考えてしまいます。

皆さんも、こんな人たちに関わらないように気をつけてください。

やばい恋愛にはまらないためにおすすめの動画
やばい恋人の見分け方〜これ以上恋愛で傷つかないための
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1524476615

身の回りの嫌なやつへの対処を学ぶおすすめ動画
【嫌なやつ】をうまくやり過ごす話し方〜ハーバード大学研究から
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1560006724

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://psycnet.apa.org/doiLanding?doi=10.1037%2Frev0000111
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0191886917304440
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23915039


他の人はこちらも検索しています

-読む・操る
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.