心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

お金・ビジネス

いつになっても【お金が手に入らない】人の心理がこちら

投稿日:

いつになってもお金が手に入らない人の心理がこちら

DaiGo MeNTaLiST

いつになってもお金が稼げない人は何が違うのでしょうか。

お金に関する考え方

一番の問題点としては、「お金を稼ぐこと=汚いこと」というような考え方を持っている人がいます。これは良くない考え方です。
実際にお金持ちになりやすい人とそうでない人の違いを調べた研究があり、お金に対してネガティブな考えを持っている人ほど、お金を稼げなくなるということが分かっています。
もちろん拝金主義すぎるのも良くはありません。お金が権力の象徴のように考える人は、逆にお金にで破滅してしまいます。

トップ2.5%の金持ち達の4つの共通点
トップ2.5%の金持ち達の4つの共通点

トップ2.5%のお金持ちに共通する4つの特徴をご紹介します。トップレベルのお金持ちには共通点がありこれを科学的に調べたも ...

続きを見る

特にお金を稼いでいる人は、「お金=自由」だと考えています。お金があれば幸せというわけではないけれど、お金があれば自由になれるので、そのために持っておいた方がいいぐらいに考えている方が、経済的には成功しやすいということも分かっています。

お金と自由を同時に手に入れる技術
お金と自由を同時に手に入れる技術

なぜメンタリストという仕事を選んだの? なぜメンタリストという職業についたのかとよく聞かれますが、そもそもメンタリストに ...

続きを見る

なぜお金にネガティブなイメージを持つのか

お金儲けが汚いこととか、お金を稼ぐことはやましいことと考えることがよくないわけですが、なぜこの様なことが起きるのでしょうか。

例えば、「営利目的」という言葉を聞いた時に、嫌な気分になった人もいると思いますが、これが人間が持っている重要な心理です。
人間には、お金を稼ぐことに対してネガティブな感情を持つバイアスがあるのではないかということが様々な研究でも言われていて、今回紹介するエラスムス大学の研究でも、人間が営利目的の行動に対してどのような反応をするかということを調べてくれています。

この研究で行われている実験を1つ紹介すると、参加者たちにフォーチュン・グローバル500に選ばれている優良企業のリストを見せて、その企業はどれぐらい儲けているかということを尋ねます。どれくらい儲けているかということを予測してもらった後、それぞれの企業に対するイメージを尋ねます。どれくらい儲けているかということを想像した後に、それぞれの企業に対する主観的なイメージを尋ねたわけです。

その結果、人間には、儲かっているというイメージが強い企業ほど、悪いことをしているのではないかというイメージを持つ傾向があるということが分かっています。
実際の利益とは関係なく、儲かってそうだなと思われた時点で、その企業は勝手に悪い印象を持たれてしまうということです。

つまり、僕たちは、儲かってそうな会社、あるいは人に対して、勝手にネガティブな印象を持ってしまうということです。実際にその会社や人が儲けているかどうかということは関係ないわけです。

お金ネガティブバイアス

人間はお金に対してネガティブなイメージを持っているということです。
もし皆さんが起業したりキャリアアップのための転職という様な挑戦をすることを周りに言った時に、リスクがあるからとかやめたほうがいいというようなことを言って足を引っ張ろうとする人がいるのは、お金を儲けようとする人に対して人間はネガティブなイメージを持つからです。無意識に足を引っ張りたくなっているわけです。

他の実験では、とあるコーヒーを売っている企業についての文章を読んでもらう実験を行っています。参加者は2つのグループに分けました。

この企業は営利目的でコーヒーを売っているという文章を読んだグループ

この企業は非営利目的でコーヒーを売っているという文章を読んだグループ

どちらの文章も、全く同じ企業についての文章で、冒頭部分の営利目的か非営利目的かという部分だけが違いました。
その後にイメージを尋ねると、大きな違いが現れました。
営利目的と表現されただけで、社会的に悪いことをしてそうだとか、社会に害があるのではないかとまで思われたということです。同じ活動内容であるにも関わらず、こんなにも違いが出たわけです。

個人や企業がどんな活動をしていたとしても、営利目的だと思われた瞬間にネガティブな印象をもたれてしまうということです。

経済力や経済的な知識があれば違うのか

しっかりとしたビジネスをしていたり教養のある人であれば、そんなことを思わないのではないかと考えるかもしれませんが、お金を稼ぐことに対してネガティブな感情を持つ金儲けネガティブバイアスは、本人の収入のレベルや経済的な知識、政治的な考えなどに全く関係がなかったということも分かっています。

未だに副業を NG とするような会社があったり、自分が稼いでると思われるとみんなからやっかまれるのではないかと思って、顔を隠してるユーチューバーもたくさんいます。好きなことをして生きていくとか自由に生きるとか言ってる人が、自分の顔も出せないというのは、そもそもそれは自由なのかなと考えてしまいます。

自分の挑戦やビジネスに理解してもらうためには

では、どうすれば良いのでしょうか。
皆さんがビジネスをしようと思い周りに協力を求めたり、自分がビジネスを始めてそれを理解してもらったり応援してもらおうと考えるのであれば、お金を儲けることによる長期的なメリットを相手に説明してください。

例えば、企業がお金を儲けるのは、お金を儲けることによって良い商品を提供できるからです。営利目的ですが、営利目的にすることによって継続的に良い商品を提供することができるし、企業の収益が増えれば安く良い商品がたくさん作れるので、ユーザーに対してメリットを提供することができるわけです。新しいイノベーションを起こすためにもお金は必要です。時代を変えていく便利なものを作るためにも企業は儲ける必要があるわけです。
そのようなことを表現し伝えるという方法しかありません。

自分のビジネスや自分が挑戦することに周りの人に理解を示してもらいたいのであれば、自分や自分の会社が儲かることによって、どのように長期的なメリットを周りの人たちに与えることができるのか、誰を幸せにすることができるのか、ということをプレゼンしてみるといいのではないでしょうか。

稼げない人はバイアスをチェック

逆に、今なかなか儲からないと思っている人は、自分がこのお金ネガティブバイアスに縛られていると、お金を稼ごうとする意欲が出てきません。そうなるとアイデアも出てこないのでお金を稼ぐこともできなくなります。
誰かがお金を儲けたという話を聞いた時に、自分がお金ネガティブバイアスに縛られていないかということをチェックしてみてください。
ネガティブなバイアスは、その存在に気づくことが大事です。
是非参考にしてみてください。

お金に振り回されないためのおすすめ動画
お金で得する人、損する人の心理学
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1532624105

Researched by Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

Reference:https://psycnet.apa.org/record/2017-31434-001

タグ

-お金・ビジネス
-, , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.