習慣の科学

挫折終了のお知らせ!習慣化を成功させるには

投稿日:

実は、僕は心を読むよりも習慣化の方が得意です。
意志がとても弱い人間なので頭で考えてしまうとやらなくなってしまいます。ですから完全に習慣化して考えないようにするという戦略をとっています。
ですから、本も常に自動的に読んでジムも自動的に通っている感じです。人は頭で考えた瞬間に怠けたくなるものなんです。

確実に続く習慣を設定するには

様々な研究でも明らかになっているように意志の力には限界があります。瞑想などでトレーニングも出来ますが、その限られた力をどこにつぎ込むかが大事になります。意志の力の最適なつぎ込み先を考えることが大事ということです。
意志の強い人と弱い人の違いは、その意志の力をどこに使っているかという違いということが出来ます。

意志の弱い人は、目の前の問題をその場その場で解決するために意志の力を使っています。意志の力が強いと言われる人ほど、毎日習慣を続けるということに対して意志の力を使っていません。やろうと思わなくても継続できるところまで習慣を身につけるために意志力を使っています。

一定期間ウィルパワーをつぎ込めば自動化する

習慣を身につけたいのであれば、ひとつずつ身につけるようにして下さい。あれもこれもと同時にすることは無理です。
意志力というのは、皆さんの集中力や自制心や未来を考えて行動する力を司る前頭葉がコントロールしていて、それをウィルパワーと呼びます。現代人は、このウィルパワーを、例えば仕事、ダイエット、勉強・・・様々なことに分散させすぎです。分散させてしまうと、いつまでたってもどれも習慣化されず、意志力はいつまでも消費されてしまうわけです。
ですから、習慣化したいことをまずはひとつ決めて、そこにウィルパワーをつぎ込みましょう

もちろん個人差もありますし、その習慣自体の難しさの程度にもよりますが、ロンドン大学の研究では66日続けると習慣になると言われています。ですから、2~3ヶ月続ければ習慣は身につくと考えて下さい。その間、ひとつのことに集中してひとつずつ確実に習慣化していくようにして下さい。

トリガー・時刻・場所を固定

習慣化のためには、トリガー・時刻・場所を固定する事が大事です。
人間の体は生活リズムをつくっていますから、寝る時間や起きる時間がまちまちになってくるとどんどん習慣も身につきにくくなります。ですから、トリガー・時刻・場所を固定するようにして下さい。

  • トリガー:きっかけになるものを決める。
  • 時刻:キッチリでなくてもいいので、おおよその時刻を決める。継続していると自然と時刻も定まってきます。
  • 場所:場所により習慣も固定する。人間は場所でやる行動を決めたほうが習慣化しやすいです。ここは「◯◯をする場所」とするのがベストです。

どうでもいいような小さな習慣を身につける

どうでもいいような細かなこだわりや習慣をつくると、大切な習慣が身につきやすくなる。

これは、意志力研究で証明されていて、人間は小さくても習慣を身につければつけるほど前頭葉の意志力は強化されます。
ですから、意志力が強いと言われる人たちは、意志力を習慣に使うことによって2つの利益を享受しています。

①習慣化すれば意志力を使わなくても良いので新しい習慣を身につけることが出来る

②新しい習慣をつくればつくるほど前頭葉が鍛えられて意志力が上がる

意志力を習慣に使えば使うほど、意志の力は使わなくても良くなるのに、意志の力自体が強くなっていきます
ですから、習慣化というのは強力なわけです。
皆さんの人生を豊かにするような新しい習慣を身につけていくことをライフワークにすれば、どんどん意志の力も上がっていきます。ただ、いきなり大きな習慣から始めるのではなく小さなことからひとつずつ確実に身につけるようにして下さい。

新しい習慣は朝がおすすめ

新しい習慣やきつい習慣を確実に身につけるには、朝にするようにして下さい。

最初に身につけるべき習慣はまずは「早起き」がおすすめです。早起きの習慣はとても簡単で夜はやめに寝ればいいだけです。夜早めに寝るにはどうすればいいかというと、例えば「20時過ぎたら新しいことはしない」と決めるとか、決めた時間が来たら電気が切れるようなデバイスを使うとかで、自然と寝る方向にもっていくようにすると苦なく早く寝ることが出来るようになります。
そして、早く起きたら、朝の時間を自分が挑戦したい難しい習慣に使うようにして下さい。

なぜかというと、新しい習慣をつくりだしたり自制心を司る前頭葉の意志力は朝が最も多いということがわかっています。
ですから、仕事から帰って夜に資格の勉強をしようとして挫折する社会人が挫折しがちなのは、せっかく朝みなぎっている前頭葉の意志力を朝の通勤から始まり仕事や雑多なことで消費しきった状態なのに、新しく難しい習慣を身につけようとするから失敗するわけです。更には身につかないから自己嫌悪に陥り自分を責めるようになります。そうやって自分を責めると更に意志力は無くなっていきます。

習慣の科学についてはこちらも参考にしてみて下さい↓

習慣の科学

2018/11/18

計画倒れの原因「どうにでもなれ効果」を防ぐには

特にダイエットであったり、一日の予定まで綿密に計画した時にありがちな、ひとつ計画どおりに進めることが出来なかった時にどうせひとつ失敗したしもう今日の後の予定もどうでもいいや!今日は休んじゃお!となってしまい、本来の目的とは真逆のことをしてしまう「どうにでもなれ効果(The What-The-Hell Effect)」があります。 どうにでもなれ効果(The What-The-Hell Effect) この「どうにでもなれ効果」は、綿密な計画を立てている人に起きがちです。 朝から想定外のことが起きて計画どお ...

ReadMore

習慣の科学

2018/9/20

自分への甘さを断ち切るための心理学

皆さんは、自分のことを自分に甘いと思いますか? 心理学者のピアーズ・スティール氏が過去40年間の様々な人の自分自信に関するアンケートや資料を参考に調査したところ、自分に甘かったり先延ばししたり、あるいは自分で決めたことが守ることが出来ないという人は全体人口の95%もいるということがわかっています。 自分のことを甘いと考えている、つまり自分は意志の力が弱いから意志の力に頼ってはいけないと考えている人ほど、結果的には目標を達成しやすいということもわかっています。 ですから、自分は甘くないと考えている5%程度の ...

ReadMore

習慣の科学

2018/9/18

時間が経つのが早くなった、と感じたら危険

時間が経つのが早くなったなとか、もう月曜日か〜とか、今年ももう9月か〜とか感じることがあると思いますが、それはなぜなのか? できれば時間はたくさんあった方がいいし、時間がないとか時間が足りないという感覚は悲しいので、どちらかと言えば時間に余裕がある方がいいと思います。 歳をとればとるほど時間が経つのが早いという感覚は強くなっていきます。確かに、学生の頃より大人になってからの方が時間が経つのを早く感じるというのはみなさんうなづけるのではないでしょうか。 この感覚は危険です。その対策を紹介します。 歳をとると ...

ReadMore

習慣の科学

2018/8/29

挫折終了のお知らせ!習慣化を成功させるには

実は、僕は心を読むよりも習慣化の方が得意です。 意志がとても弱い人間なので頭で考えてしまうとやらなくなってしまいます。ですから完全に習慣化して考えないようにするという戦略をとっています。 ですから、本も常に自動的に読んでジムも自動的に通っている感じです。人は頭で考えた瞬間に怠けたくなるものなんです。 確実に続く習慣を設定するには 様々な研究でも明らかになっているように意志の力には限界があります。瞑想などでトレーニングも出来ますが、その限られた力をどこにつぎ込むかが大事になります。意志の力の最適なつぎ込み先 ...

ReadMore

習慣の科学

2018/8/9

やる気を3倍アップするアメとムチの心理学

モチベーションを上げる心理学です。 よく、自分のモチベーションを上げるための方法としてアメとムチというと、なにか目標を達成したらご褒美をあげる人と、逆に達成できなかったら罰を与えるという人がいます。 実際にはどちらのほうが効果的なのか? 人によって、自分に対しても他人に対してもご褒美を与える人もいれば、バツやペナルティを与えたりすると思います。例えば、何かを我慢できたらご褒美、我慢できなかったらバツと、人それぞれかと思いますが、アメとムチのどちらがいいのか? また、自分は褒めて伸びるタイプという人がいます ...

ReadMore

さらに、詳しい習慣化のテクニックは生放送講座でも↓

タグ

-習慣の科学
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.