人間関係

NGT中井りかさん正しいかも【怒る人ほど得する】という衝撃の研究がこちら

NGT中井りかさん正しいかも怒る人ほど得するという衝撃の研究がこちら

DaiGo MeNTaLiST

怒る方が健康的になる??

普段わりと海外の論文や研究を紹介することが多いですが、日本人にも当てはまるのではと考えられるものを紹介させてもらっていますし、少なくとも、その知識を僕達がどう活かすべきかと考えて紹介させてもらっています。
今回は、珍しく日本と海外で大きく結果が異なるという心理学的な研究がありましたので紹介させてもらいます。

怒ることは体に良くないとか、怒りによって得られるものは何もないということを言う人がいますが、日本人は怒りをぶつけた方が健康的になるという衝撃的な研究があります。
欧米人は怒りをぶつけない方がいいですが、日本人の場合は怒る方が健康的になるということです。

昔からストレスというものは体に良くないものだと言われています。
怒りを表現しやすいとかぶつけやすいという指標をアメリカやヨーロッパで調べると、やはりそういう人は健康的に良くない状況にあることが多いです。
日本では怒っている人が多いですしクレーマーなどもよくいます。日本人では怒りやすい性質を持っているのに、逆に健康的な人がいるということが分かっています。

ミシガン大学の日本人の方の研究ですが、日本人とアメリカ人の違いを研究されている方だそうです。
この研究では、ウィスコンシン大学が行った1400人程度の健康調査のデータを使い日本人とアメリカ人の健康を比較しています。
この参加者の方々の怒りを表現した瞬間の回数を記録し、体内の炎症レベルと心肺機能の高さを調べました。

その結果、怒る回数が多いアメリカ人ほど不健康でした。これは想像通りでしたが、なんと、怒る回数が多い日本人ほど健康的だったということです。真逆だったわけです。
もちろん、年齢や喫煙習慣など他の健康に影響を与える可能性のある要素は調整した上です。

怒ることが権力の指標となっている

この研究者の方曰く、西洋においては、怒る時というのは、例えば社会的地位の低い人や移民の方がデモに参加するなど、欲求不満やフラストレーションを感じていたりネガティブな指標になりやすいので、怒りやすい人は不健康さと相関がありました。
ところが、日本では、そもそも怒る人が少なく、苛立ちを覚えても黙ったりしがちです。怒るということが日本では権力の指標になってしまいます。権力や高い地位を持っている人は他人に対して怒ることができるわけです。
上司が部下に怒り散らすというのが日本ではよくあると思います。
そういう意味では、地位が高い人ほど怒りやすいので、地位が高いということは健康と結びつくので、結果として、日本の場合は怒ることが健康につながるということになったわけです。

これは、文化により怒りの指標が違うというだけですから、他人に怒れば健康的になれるということではありません。それができるような地位になることで、健康的になれるというだけです。
文化により怒りに対する意味は変わってくるということです。

もちろん、怒らない方が健康的

もちろん、実際はストレスがない方がいいので、怒らない人の方が健康的です。ただ、「怒らない」ということと「怒れない」ということは意味が違います。
怒ることができる地位にありながら、怒らなくて済むような工夫をすることが健康のためには大切です。

日本では、出世を目指すことは悪いことのように言われがちですが、出世することは悪いことではありません。出世した方が健康的になりますし、自分の健康のためにも家族のためにも出世するべきだと思います。
ただし、出世したからといって、部下に怒りをぶつけたり理不尽なことを言うような上司にはならない方がいいです。
怒ることができる立場について怒らないようにしましょう。

ただ感情のコントロールができないだけで怒りをぶつけてくる人への対策をするためのおすすめ動画
怒りをぶつけるてくる人【ストレスコミュニケーション】対策法
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1560093547

今回のおすすめ本

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797614561268

タグ

-人間関係
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.