心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

健康・ダイエット

あの有名な頭痛薬で【イライラと短気で治る】ことが判明

投稿日:

あの有名な頭痛薬でイライラと短気で治ることが判明

DaiGo MeNTaLiST

短気を治す薬

イライラをおさめてくれる薬があるということが分かりました。これは特別新しい薬でもなく、皆さんも使ったことがある薬です。

おそらく皆さんを使ったことがある薬に、怒りをおさめてくれる効果があるということが分かったという研究があります。
どうしようもないイライラをおさめたい時に、薬を飲んでサッと気分が楽になるのであれば楽だと感じることもあると思います。怒りの感情自体も体にあまり良くないものですから、出来るならば簡単におさめたいものです。

うつ病など気分が落ち込んでしまった時にそれを改善する薬はありますが、イライラを収めてくれる薬というものはなかったはずです。
実は、その薬とはアスピリンです。

熱が出たりした時に飲むあのアスピリンには、イライラを治める効果があるということです。
怒りっぽい人や頭に血がのぼりやすい人にアスピリンを飲ませると、起こりにくくなるかもしれないという研究です。

体内の炎症が原因?!

このような怒りっぽい人は、体の中で炎症が起きています。つまり、怒りっぽさは体内の炎症が原因ではないかということです。
体内の炎症が進めば進むほど、怒りっぽくなるのではないかということがこの研究のポイントです。
アスピリンには炎症を止める作用がありますので、アスピリンを飲むと体内の炎症が治り、その結果として怒りっぽくなくなるのではないかと言われています。

この研究自体は始まったばかりですから、体の炎症により怒りっぽくなるのかということは、何とも言えない部分もありますが、いずれにせよアスピリンは体内の炎症を止めてくれますので、アンチエイジングには使えるということは昔から言われています。
専門家に相談した上でアスピリンを使うというのも悪くはない選択肢かもしれません。

どうしても辛い場合には医者に相談した上で

ただし、アスピリンを長期間にわたって服用すると、ネガティブな影響が起きるということも言われています。
一時的に使う分にはいいと思いますが、長期的な使用は避けた方が賢明です。
どうしても仕事が大変な時期に、もちろん専門家に相談した上ですが、それによる体の炎症を防ぐために一時的に使用するぐらいにしておくのがいいと思います。

健康的な食生活をされている方には無縁の話ですが、参考にしてみてください。

炎症対策としてはこちらも参考に↓

イライラさせてくる人への対策におすすめの画
怒りをぶつけるてくる人【ストレスコミュニケーション】対策法
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1560093547

Researched by Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

Reference:https://www.dailymail.co.uk/health/article-2534899/Experts-think-anger-cured-aspirin.html?ITO=1490&ns_mchannel=rss&ns_campaign=1490
https://www.medicalnewstoday.com/articles/243265.php

タグ

-健康・ダイエット
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.