メンタル強化

ADHDが倍速で悪化するやばい習慣

この知識はこんな方におすすめ

  • 自分がADHDっぽい
  • 子供や家族がADHD

ADHD はそのメリットに目を向けてほしいですが…

今回は、 ADHD が倍速で悪化してしまうかもしれないやばい習慣について紹介させてもらいます。

ADHD も、ある程度の部分に関してはもちろん個性として、自分の強みのひとつとして使えるものですが、ADHD の傾向は悪化したりすることもあります。
要するに、ADHD の傾向が強くなったり弱くなったり結構変動があるので、その傾向が完全にゼロになるということはありませんが、あまりにも ADHD の傾向が強くなってしまうと、どうしても日常の生活ではしんどい状況にもなってしまいます。

ADHD の傾向を悪化させてしまうものとは?

今回は、そんな ADHD の傾向が悪化してしまう速度を倍速にしてしまうかもしれないやばい行動があるのではないかという研究がありますので、そんな研究をもとに解説させてもらいます。
カリフォルニア大学などが行った研究で、実は、デジタルデバイスやデジタルコンテンツがADHD を加速する要因になってしまうかもしれないということが示されています。

デジタルの利用状況と ADHD 傾向

およそ2,600人の高校生を対象にした研究ですが、全員を2年間に渡り追跡調査しています。
全員が日常的にどれだけデジタルデバイスを使うのか、どれぐらいデジタルコンテンツを見るのか、そんなデジタルの利用状況についてチェックしています。
合わせて、その学生たちの ADHD の傾向についてもチェックして、そこに何かしらの関係性があるのかということについて調べています。

スポンサーリンク

ADHD については、僕が思うには軽い ADHD であれば、それは普通に個性として活かすこともできますし、アートなどクリエイティビティを求められる特定の領域では、大きな才能として発揮することもできたりすると思います。
ですから、ADHD に向いている仕事もあるということも分かっていたりします。
大前提として、ADHD というもの自体が必ずしも悪いものだということではありません。

ですが、科学的に見た場合には、ADHD はあまりにもその傾向が悪化してしまうと、それは脳の不調の一種だとも言われています。
とにかく集中力が続きづらくなってしまいますし、目の前のものに衝動的に飛びついてしまうけれども、すぐに飽きてしまうというような状況になってしまうので、深く考えることなく人生の大事な決定を行ってしまったり、仕事を決めてしまったりするので、後々大変なことになりやすいということがあります。
ですから、ADHD 自体がダメだというわけではありませんが、ある程度コントロールできるようにしたり軽減するようにして、それを自分の強みとして使えるようにする必要があります。

この研究では、ADHD のテストを6ヶ月ごとに行っていて、参加者の学生は様々な人種や経済的な状況の人を織り交ぜています。
その結果分かったこととして、日常的にデジタルの使用頻度が高い人は、ADHD が倍速で悪化してしまうということが確認されています。

デジタルの使用頻度が高いと ADHD が悪化してしまう

実際に、この研究では、例えばスマホで SNS を見たり Netflix を見たりというような、デジタルの使用量が少ない人はADHD の症状が悪化する割合はわずか4.6%でしたが、いわゆるスマホ中毒のようにデジタルの使用頻度が著しく高い人は、ADHD の症状が悪化する割合がなんと9.5%から10.5%までになっていたということです。
この割合で言うと、ほぼ2倍ぐらいも悪化してしまう可能性が高くなるわけです。

スポンサーリンク

この研究はあくまで観察研究ですから、その因果関係としては、ADHD の症状が悪化するとデジタルを使いたくなるのかと考えることもできます。
そういう意味で必ずしも断定できるわけではありませんが、ただ、研究者のコメントとしては、特に10代の若者たちの場合には、あまりにもデジタルメディアに触れすぎると ADHD の症状が出やすくなってしまうのではないかとされています。

確かに、言われてみるとなんとなくわかる気もします。
ADHD かどうかにかかわらず、集中力が低い人の場合には、そういったデジタルコンテンツに目を向けやすくなるということはあると思います。
やはり、ADHD の傾向がなくても集中をそらしてしまいやすいデジタルコンテンツにあまりにも触れてしまうと、それは確かに ADHD の傾向が悪化してしまうというのはなんとなく頷ける話でもあります。
ですから、ADHD の傾向にかかわらず、日常のデジタルの使いすぎには注意してください。

デジタルコンテンツを使うのであれば、ぼんやりなんとなく YouTube を見たりするというようなことではなく、自分で何をするのかということと時間を決めて使うようにしたほうがいいと思います。
ただコントロールできなくなってしまう可能性があるので、日常的にあまりにも使いすぎてしまうのはやめたほうがいいのではないかということがこの研究が示していることです。

ADHD にしかない能力に目を向ける

このような ADHD の話をすると、どうしても ADHD の人は生きづらいとかしんどいと考えると思いますが、ADHD の人にしかない能力というものもあります。
ですから、今回はそんな ADHD の知られざるメリットについて解説した動画をおすすめの動画として紹介しておきます。

ADHDに隠された3つの力〜ADHDだけが持つ武器と発達障害の活かし方【ADHDのメリット①】

ADHDに隠された3つの力〜ADHDだけが持つ武器と発達障害の活かし方【ADHDのメリット①】

ADHDがむしろ有利な7つの職業〜ADHDが仕事で成功するための条件とは【ADHDのメリット②】

ADHDがむしろ有利な7つの職業〜ADHDが仕事で成功するための条件とは【ADHDのメリット②】

どちらの動画も、Dラボで今なら20日間無料で見ることができますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。
ADHD の傾向に悩んでいたとしても、その傾向を上手にコントロールすることができれば才能として活かすこともできますので、そのメリットについてもこちらの動画で学んでいただきたいと思います。

ADHD に関するおすすめ本

ハーバード式 大人のADHDパーフェクトガイド

¥2,860 (2021/09/25 18:49:07時点 Amazon調べ-詳細)

ADHD の診断自体とても難しいものですが、自分が何となく ADHD っぽいという人でも動画も本も参考になると思います。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

\Dラボ20日間無料⏩/
本1冊の半分の値段【月599円〜】で
毎月20冊以上【30,000円以上】の書籍・論文の知識が1日あたり【わずか10分】で学べる

ADHDに隠された3つの力〜ADHDだけが持つ武器と発達障害の活かし方【ADHDのメリット①】

ADHDに隠された3つの力〜ADHDだけが持つ武器と発達障害の活かし方【ADHDのメリット①】

ADHDがむしろ有利な7つの職業〜ADHDが仕事で成功するための条件とは【ADHDのメリット②】

ADHDがむしろ有利な7つの職業〜ADHDが仕事で成功するための条件とは【ADHDのメリット②】
\本日のオススメ📚/

ハーバード式 大人のADHDパーフェクトガイド

¥2,860 (2021/09/25 18:49:07時点 Amazon調べ-詳細)

※Audible無料体験DaiGoのオーディオブックはこちらから【どれでも1冊無料】

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/2687861

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化