習慣

三日坊主を防ぐ「曖昧目標」のススメ

投稿日:2019年1月16日 更新日:

DaiGo MeNTaLiST

目標達成の方法というと色々あったかと思いますが、古典的な方法をするのが最も良いです。
つまり、

  1. 目標を1つにしぼる。

  2. 目標がうまくいく状況を知る(勉強でもダイエットでも同様にそれを上手くいかせるための条件、つまり自分が行動できる条件を見きわめる)。

  3. その行動を習慣化するためにトリガーをつくる

ということですが、これはスタンフォード大学がおすすめしている目標達成の方法で何度も紹介してきました。
目標達成、習慣化についてはこれらも参考にしてください↓

最高の1年を作り出す抱負の立て方とは?

まずは、去年を振り返り、次のことを紙に書き出してください 達成したこと できなかったこと 新たにやりたいこと できました ...

続きを見る

94の研究によって証明された最強の習慣づくり

94の研究というのは、いわゆるメタアナリシスのようにたくさんの研究をもとに分析された方法なので信憑性も高いのではないかと ...

続きを見る

今回はある意味逆の話で、「曖昧目標」です。

昔は、目標は具体的にしたほうが良いとか、自己啓発の世界では明確さは力になるから具体的に考えるべきということが言われてきました。もちろん、行動は具体的にしたほうが良いですが、目標はガッツリ決めすぎると良くないのでは?むしろ曖昧なぐらいが良いのでは?という話があります。
そんな少し変わった目標達成の方法についてご紹介します。

「目標は具体的に決めろ!」の嘘

目標を決めるなら具体的に!という事をよく聞きますが、「プロセス」は具体的にしたほうが良いです。例えば、自分が勉強しようと思った場合、「勉強しよう!」ではなく、「どんな勉強をどれ位の時間どのようにするか」とプロセスを明確にするのは大切ですが、目標は漠然と決めたほうが良いのではということが、ユタ大学の2011年の研究によって出されています。

この論文では3つの実験が行われていますが、ダイエットに関するわかりやすい実験があるのでこれを紹介します。
41名の被験者に健康診断を受けてもらいます。2つのパターンで結果を告げます。

  • 健康診断の結果を数値ではっきりそのまま伝える。
  • 健康診断の結果に上下3%程度の幅をもたせて曖昧さをもたせて伝える。

3週間後に、具体的な数値を伝えられたグループと曖昧な数値を伝えられたグループで、どちらのほうがダイエットに対するモチベーションが上がったかということを調べました。つまり、体脂肪でいうと、例えば「あなたは体脂肪20%です」と言われるのと、「あなたは体脂肪18~22%の間です」と言われるのとでは、どちらのほうがダイエットを頑張ろうとしたかということです。

その結果、3週間後には曖昧な上下3%幅をもたせて伝えられた人たちのほうが何故かダイエットに対するモチベーションが上がって体重が減少していました。
人間は曖昧な目標のほうが「自分に合ったマイペースな目標」を設定できるわけです。失敗したときや挫折しそうになった時にダメージが少なくなって長期的に頑張る必要がある目標の場合はモチベーションアップになるのではないかということです。

明確な目標や明確な方法のほうが行動はしやすいものです。ところが、例えば「体重を5kg減らす」と「体重を3~5kg程度減らす」とだと、幅があるほうが頑張れます。5kg減らなかったら失敗だと思ってしまいますが、3~5kgで最低3kg減ったら良いかなと思っていて4kg減ったとしたら結構がんばれた!と思うわけです。

すぐに行動するべきことに対しては、具体的な表現のほうが良いです。例えば、筋トレをする時であれば「10回のトレーニングを3セット」という方が行動はしやすいです。ところが長期的なモチベーションを保つという場合には、毎回同じモチベーションで同じ成果を出し続けるというのは難しくなります。ですから、だいたいこのぐらいの幅に納まればいいなとしておけば、その中で上下しつつも人間は上に進んでいけるということです。

これを実生活で使うとすると、「今月は3kg痩せる」ではなく、「1~3ヶ月で2~4kg痩せる」というように幅をもたせた方が痩せやすいです。具体的な目標のほうが行動しやすいのではという人もいると思いますが、すぐ出来て達成したかどうかもすぐ分かることであればその方が良いですが、ダイエット・ビジネス・語学学習などの長期的な目標の場合は自分が頑張っていることが報われているかどうかがわかりにくくなります。ですから、幅をもたせていないと、例えば、後1ヶ月続けていれば成果出たかも知れないのに達成できていないタイミングで「自分はなんてだめなんだ」と思ってしまいます。
自分の行動ですぐにフィードバックを得られないものに関しては「曖昧な目標」にしておいたほうがモチベーションが下がらず結果的には良い方向に進めるのではということです。

  • 短期の目標では、すぐ行動できる具体性が必要

  • 長期の目標では、モチベーションを保つことが重要

行動を具体化しましょう。目標は幅をもたせましょう。これが可能性というものです。

続きの、なぜ目標を立てても失敗するのか?失敗しないようにするにはどうすればいいのか?一度挫折した目標の再設定の方法はこちら
https://www.nicovideo.jp/watch/1546360744

タグ

-習慣
-, , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.