健康・ダイエット

毛が生える心理学プラス〜科学で髪を生やす3つの方法

投稿日:

科学で髪を生やす3つの方法

DaiGo MeNTaLiST

先日、毛が生える心理学として紹介しました。AGAなどで毛が薄くなっている人はメンタルのダメージが大きく、もちろん、治療して髪が生えることは大事ですが、それにより自尊心が復活したりメンタルが強くなったりしますので、髪以外の問題も解決するということと、本当に髪に効く成分を紹介しました。

毛が生える心理学〜薄毛の心理的影響から唯一の科学的対策まで

ずっとリクエストも貰っていたテーマです。薄毛の心理的なメリットとデメリットから、科学的に唯一の対策まで紹介させてもらいま ...

続きを見る

まず、前提としてAGAのクリニックに行くのがいいですが、それ以外に家でできることは何かあるのでしょうか。
それほどではなくても、少し気になってきたという人もいると思います。

基本的にサプリはあまりお勧めはしません。効果のある成分というものは限られていて、これはクリニックに行って処方してもらった方がいいです。それ以外も毛が生えると謳っている成分もありますが、ほとんど怪しいものです。
ですが、今回効果が見込まれているものを3つだけ紹介します。

プロシアニジン

これはポリフェノールの一種で、ぶどうやりんごに含まれている成分です。
これは、脱毛を促進してしまうTGF-βという成分やPKC-3という酵素の邪魔をしてくれると言われています。
2006年の実験で薄毛の男性29名に対して、1%のプロシアニジンB-2を含むヘアトニックを使ってもらったところ、何もしなかったグループに比べて、明らかに毛量が増えたという結果が出ています。研究者によると、3%のプロシアニジンは1%のミノキシジルと同じ効果を持つとされています。
そういう意味では、結構可能性はあるのではないでしょうか。

他の2002年の実験でも、プロシアニジンは良い結果を出していますので、役に立つ可能性は高いです。

パナックスジンセン(朝鮮人参)

これは朝鮮人参で、2003年のマウス実験ですが、5αリダクターゼというAGAなどの原因になってしまう、いわゆるハゲ酵素をブロックする作用があるとされています。
人を対象にした実験でも同じような効果は確認されていて、40名の薄毛の男性に1日3000ミリグラムの朝鮮人参を飲んでもらったところ、24週間程度で髪の濃さや密度がアップしたということです。
いわゆるサプリでは、効果があるのは朝鮮人参ぐらいかと思われます。ただし、これはサポートとして使えるものなので、クリニックに通うのを前提にプラスアルファの対策として使うようにしてください。
ちょっと気になるぐらいの人であれば、このあたりから試してみるのもいいかもしれません。

最近、毛が生えるサプリとして、ノコギリヤシとかも言われていますが、これは実験を調べてみると、データとしてはゆるいので、あまりお勧めはできません。
ナツメのエッセンシャルオイルやビタミンC、L-カルニチンも育毛に効くと言われていますが、データ不足ですので、それを前面に出している育毛剤やサプリはお勧めできません。

パナックスジンセン(朝鮮人参)

ヴィヴィスカル

これはアメリカで有名になったものですが、色々な成分を混ぜたサプリです。アミノ酸やビタミンC、ナイアシンやビオチン、鉄分や亜鉛、りんごからの抽出物などを調合したもので、ホルモン剤などは含まれていませんので、お勧めはできます。
これに含まれている成分は、老化や炎症を抑える成分ですので、それが原因で薄毛になっている人には効果があるのではないかと考えられます。

1992年の実験では、40人の若い男性を対象に、半数の人に6ヶ月間ヴィヴィスカルを使ってもらったところ、毛が38%増えたという結果が出ています。プラシーボは2%でしたから、結構な差が出ています。
2012年の実験で、21歳から75歳の女性15人を対象に、内10人にヴィヴィスカルを飲んでもらったところ、半年ぐらいで毛の量が増えて髪と肌のツヤも良くなったということです。

さらに、2015年の実験では、21歳から65歳の女性65人を対象にヴィヴィスカルを1日2回飲んでもらったところ、やはり、髪の量が増えたり抜け毛が減ったりした上に、メンタルが改善し人生の満足度も上がったということが確認されています。

査読論文ではない論文を出している怪しいクリニックもありますが、今回参照しているのは全て査読論文ですので、可能性は高いのではないかと考えられます。
ただし、残念なのは、ヴィヴィスカルの会社が論文のもとになる研究資金を出しているので、都合よくなっていると考えることもできますが、可能性はあると思われます。
ちゃんとした AGA のクリニックで処方された薬を使った上で、プラスアルファで使うのであればアリかと思います。

今回、3つ紹介しましたが、ヴィヴィスカルに関しては、抜け毛を促進してしまう栄養不足のような状態を補ってくれるものですから、それが原因ではない薄毛には効きませんので、間違えないようにしてください。

あくまで薄毛に関してはクリニックで治療をすることを前提に、家でできる対策として参考にしてみてください。

今回のおすすめ動画
毛が生える心理学~薄毛の心理的メリットから唯一の科学的対策まで
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1554736563

Researched by Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

▶️AGAヘアクリニック https://agahairclinic.com/

タグ

-健康・ダイエット
-

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.