人間関係 読む・操る

頭が悪く見られる顔の2つの特徴

この知識はこんな方におすすめ

  • ムダに悪い印象を持たれたくない
  • 知らないうちに頭が悪いと思われたくない

人は相手の顔から勝手に印象を決めつける

人は誰でも女性でも男性でも顔は気になるものだと思います。
自分の顔の見た目がもっと良くなったらいいなとか、一重が二重になったらいいなとか、もう少し鼻を高くしたいとか考える人も多いと思います。

この顔の良し悪しというものは、結構人の好みによるものが大きいものです。どんなタイプが好みかというのはかなり人によるということです。
しかも、例えば目も大きければいいというものではなく、顔にはそれぞれの細かなバランスが大事だということも分かっています。

この顔については、今回のお勧めの本としてぜひ読んでもらいたい本を紹介しておきます。人の顔のパーツやバランス、外見的な特徴がどのような印象を与えるのかということについて調べている研究者の第一任者でアレクサンダー・トドロフさんという方の本です。

いわゆる顔相鑑定というものがありますが、基本的には顔の作りなどからその人の性格などを予測することはできません。
ただ、人間というものは残念ながら相手の顔や見た目の印象から相手の性格を勝手に決めつけるということはあります。

ですから、こんな顔の人はこのような印象を持たれやすいということは実際にあるわけです。
つまり、その人の顔を見てわかることはその人がどう思われやすいかということだけであり、その人の性格がどうなのかということはわからないということです。

いわゆる占いや顔相鑑定というものも実はこれを使っていることが結構あります。
例えば、「あなたは周りから〇〇な印象を持たれやすいのではないですか?」ということは顔を見れば言えるわけです。
顔というものは、その人が周りからどのように決めつけられやすいのかということを情報として与えてくれるものです。

こんな印象を持たれやすいのではないですかと質問をした時に、少し困った顔をしながら、そうなんですよと答えた時には、実際にはそんなことはないですよねと逆を言うと相手にとっては的を得た内容になるわけです。
歴史を見ても占い師や霊媒師もこれを技術をして使ってきていて、決してその人の性格を当てているわけではなく、その人が周りからどのように決めつけられやすいのかということから判断しています。

であれば、人間の顔のどのような部分がどんな印象を相手に与えるのかということを教えてくれるのがこちらの本です。

気をつけるべき顔の2つのポイント

今回はそんな人間の顔にまつわる研究の中から、皆さんが日常生活の中で少し気をつけることができるような内容を紹介したいと思います。
メイクや表情を少し気をつけるだけで、頭が良く見られるということがあります。

これは逆に、頭が悪く思われてしまう人は、顔の中のある2つのポイントに対して問題があるということです。
この2つのポイントについて気を付けてさえおけば、相手からムダになめられたり下に見られたり頭が悪く思われるという現象を避けることができるということです。

まず、大前提として人間の顔から頭の良し悪しが分かるということはありません。
イケメンでも頭がいい人がいればそうでない人もいますし、イケメンでなくても頭がいい人がいればそうでない人もいます。女性の場合も同じだと思います。

では、人間の外見的な魅力というものはどのように反映されるのかというと、魅力的な顔の人は頭も良く思われるということが分かっています。

これは別の研究によるものですが、イケメンまたは美女の場合には、魅力のハロー効果と呼ばれ外見的な特徴から魅力が高いと感じると、そのせいで頭がいいとまで思われてしまうというものです。

例えば、普通の見た目の人が英語をしゃべることができても何か留学経験でもあったのだろうぐらいにしか思わなかったとしても、俳優さんやタレントさんのようなイケメンや美女が突然流暢な英語を喋り始めたら、留学経験や英語の勉強をしたかどうかということではなく、神様はいったい幾つの才能を与えたのかというような反応をする人もいると思います。
これも外見がいいから英語が喋れるという能力をより高く評価されているわけです。

このように外見的な魅力が高い人は能力がより高く思われたり頭がいいと思われやすいということです。

とはいえ、僕たちが今更そんなイケメンや美女を目指すわけにも行きませんので、全て逆にマイナスな印象は与えないようにする方法について今回は紹介したいと思います。
見た目でも生活レベルでも能力でも上を見たらキリがないので、せめてほどほどのレベルは目指したいというのが正直な欲求だと思います。

スポンサーリンク

そのためには何に気をつければいいのでしょうか。
ムダになめられたり頭が悪いと思われないために重要なポイントとしては、それはなんと眉とまぶただそうです。

眉とまぶたが作る表情というものが頭を悪く思わせてしまう可能性のある2大要因だということです。
今回はこの具体的な特徴について紹介させてもらいますので、まゆが作り出す表情とまぶたが作り出すふたつの表情に気を付けてもらい、ムダに頭が悪く思われる現象を避けるようにしていただけたらと思います。

これは特に女性の場合であればメイクで対処することもできますので参考にしていただけたらと思います。

セントアンドリュース大学の研究で、100人の大人と90人の子供を対象に全員の普通の表情を写真で撮影して、別の200人の第三者に対してその写真から全員の魅力度と頭の良さを判断してもらうということを行っています。

その上で、判断する人の好みなどが反映されないように写真を画像処理にかけて、どのような顔の人が頭が悪いと思われがちだったのかということを調べようとしたものです。

その結果興味深いことが分かっていて、頭が悪いと思われがちな人は2つの特徴を持っていたということです。
それが眉とまぶたの部分にあったということです。

ポイント1 :まゆ「微かに眉をひそめる」

まず、頭が悪いと思われがちな人は、微かに眉をひそめている癖があったということです。
普通の顔してくださいと言われても、少し眉をひそめているわけです。

この「微かに眉をひそめる」という行為によって人間は周りから頭が悪く思われてしまうということです。

これは別の先行研究でも分かっていることですが、いつも笑顔でいてニコニコしている人は頭が良く思われるということも分かっています。
ここでは逆に不機嫌な人は頭が悪そうに見られるともされています。

このご機嫌な顔と不機嫌な顔で何が違うのかと言うとおそらくはこのポイントだと思います。
眉をひそめるという行為が印象としての頭の悪さと繋がっているということです。

ですから、眉をひそめるようなリアクションをしやすい人がいますが、そのような人は基本的に周りから頭が悪いと思われてしまいやすいということになります。

スポンサーリンク

これをしやすいのは自分のことを棚に上げたり他人にマウンティングするような人だと思います。
こういう人を見ると周りの人はなんとなく頭が悪そうに感じるものです。
自分の方が上だというようなアピールをやたらとしてくるけど、どう見ても頭が悪そうだと思われている人が皆さんの周りにもいるのではないでしょうか。

こういう人はみんなで何かを決めようとしている時も、他の人に意見にやたらと批判的なことを言って眉をひそめたりすることが多いのではないかと思います。

いわゆる批判者の知性というもので、多くの人がいいと言っている意見に対して批判的な意見をいうことができる人は頭が良く思われがちなはずですが、なぜか頭が悪そうに思われてしまう人がいると思います。
これも眉をひそめていることが原因なのかもしれないということになります。

これは普段からの表情に自然と現れるものですから、机の上に鏡を置いておいたりできるだけ気を付けてもらうのと同時に、女性の場合であればメイクをする時にはまゆのあたりは少し明るく見えるようなイメージを考えるといいのではないでしょうか。

自分がこの眉をひそめるような癖があるかどうかがわからないという人もいると思いますが、それはよく会う友達や周りの人に尋ねてみてください。
結構周りの人は何気に見ているもので、もし指摘された場合には少し気をつけるようにしたほうがいいと思います。

ポイント2 :まぶた「まぶたが眠たげに見える」

そして、まぶたが眠たげに見えた場合には頭が悪く思われるということも分かっています。
これは簡単に言うと寝不足のように見える状態ということです。

寝不足になると目の下にクマができたりまぶたが腫れぼったくなったりすると思います。
こうなってしまうと頭が悪く思われてしまいやすいということです。

寝不足の人は頭が悪く思われやすいということになります。
寝不足の時の状態を想像してもらうとわかりますが、寝不足の時にはまぶたも腫れぼったくなり気が付くと眉をひそめていることもあると思います。

この寝不足の人が頭が悪く思われやすいということと同じで、表情によって同じように頭が悪い印象を与えてしまうということです。

この眉をひそめるという行為とまぶたが眠たげに見えるという2つが、印象として周りから見た時に最も頭が悪そうに見られてしまう表情としての特徴になります。

これは要するに寝不足の人、あるいは、寝不足で不機嫌な人にありがちな表情ということになり、この特徴を持っていると頭が悪いと思われやすくなるということです。

この2つはどちらも不機嫌さと寝不足だけではなく疲労感を感じている時と同じような状況です。
不機嫌さや疲労感を表すような表情というものは印象として頭が悪いと思われやすいということですから、このような表情をしがちな人は知らず知らずのうちにそんな印象を周りに与えているかもしれません。

実際に認知機能も低下してしまう!

しかも、この不機嫌さと疲労感を表すような表情というものはストレスの現れですから、このストレスによって人間の認知機能を実際に下げてしまうものでもあります。

ですから、なんとなく人に対して頭が悪そうだと印象を持ってしまうこともあるかもしれませんが、それは実際には一時的にそんな頭が悪い状態になっているだけかもしれません。
ですが、人の印象というものは長期的に相手を見るというよりは、第一印象としての相手を判断するものですから、疲労感とストレスを抱えて不機嫌な人だと感じるとは仲間としての関係を築く価値はないと判断するようにおそらくは生物として判断して進化してきたのだと思います。

その点まで考えると、それが一時的なものであっても頭が悪く思われてしまう眉をひそめるという行為とまぶたが眠たそうに見える印象というものは、普段からできるだけ避けておいた方がいいのではないでしょうか。

実際に寝不足になってしまうと説得力も下がります
ですから、例えば、一生懸命徹夜してプレゼンの資料を細かいところまで何度も何度もやり直して頑張って作ったとしても、それで実際にプレゼンすると説得力はかなり下がっているので誰も魅力を感じなかったりということも結構起きてしまいます。

ですから、寝不足とそれに伴って生まれやすいような疲労感や表情というものは頭が悪く思われてしまいやすいポイントですし、それによって実際に悪い結果につながってしまうこともありえると思います。

頭がいい印象を持たれたいのであれば、普段から健康的で睡眠もしっかりとっておくことが必要です。
あるいは、普段から機嫌のいい表情を作れるように意識しておくのが良いのではないでしょうか。

ちなみに、この研究では追試も行われていて、写真を撮る時に実際に寝不足の状態を再現して写真を撮っています。
ぐっすりよく眠れた状態で写真を撮ったパターンと同じ人が睡眠を制限して寝不足の状態で写真を撮ったパターンを用意しています。

この2つのパターンの写真を用意して同じように実験を行ったところ、やはり、睡眠不足の状態の写真ほど頭が悪く知能が低そうだと判断されたということです。

スポンサーリンク

人は実は相手の表情からたくさんの情報を得ていて、微妙な表情の変化から脳のパフォーマンスまで判断されているということです。
今回紹介した眉をひそめたりまぶたが眠そうだというのも、人間の機能として脳のパフォーマンスが低下しているというサインになっています

無意識のうちにもこのような状況を人は読み取ってしまうので、頭が悪く思われてしまう表情というのは、実際にその人が一時的にでも頭が悪くなってしまっている可能性が高いということになりますし、そんな表情が普段から癖になってしまうと周りからの印象は固定してしまいムダになめられてしまうことになりかねません。
もしこのような表情が癖になっているという場合には気を付けていただけたらと思います。

とはいえ、誰でもどうしても寝不足になってしまったり疲れを感じていても人前に出ないといけない時もあると思います。
そのような時や、もはや癖になってしまっている人はどうすればいいのでしょうか。

もちろんこのためにはリラックスする時間を取ったりよく眠るということが何より重要になりますが、相手に対して良い印象を与えたいと思うのであれば、眠さや疲労感を感じる時にはせめて人前では少し意識して目に力を入れるようにしてみてください。
目は少し開いてまゆはリラックスした表情ができるように練習しておいてください。
女性の場合はこの辺りを意識してメイクで調整するというのもいいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

自分を優秀に見せるためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、先ほどの人間の表情の科学の第一任者の方の本と合わせて、自分のことを優秀に見せる方法について学びたいのであれば読んでもらいたい1冊を紹介しておきます。

¥1,760 (2021/01/19 12:13:04時点 Amazon調べ-詳細)

サイコパスの人たちは自分が優秀だということを見せるのが極めて上手な人たちです。
サイコパスになる必要はありませんが、自分を優秀に見せるためのテクニックとしてサイコパスに学ぶというのは良い方法だと思います。
自分を売り込んだりアピールする方法がわからないという人は多いと思いますが、これに長けているサイコパスに技術として学んでみるのも良いのではないでしょうか。

第一印象を極めるためのおすすめ

今回はそんな人間の顔の中でも頭が悪く思われてしまいやすい2つのポイントについて紹介させてもらいましたが、自分の第一印象をもっと良くしたいということで悩んでいる人もいると思います。

スポンサーリンク

どうしても誤解されやすいとか足元を見られやすいという人が第一印象良くするためにはカリスマに学べば最も効率的です。
世の中には様々な業界に色々なカリスマがいます。
カリスマというものはその人みたいになりたいとか憧れているだけの存在としていつまでも考えているだけではなく、その人たちがどんな特徴を実際に持っているのかということを具体的に理解して、そこから自分らしさとしての理想的な第一印象を作り出すことが大事です。

別にカリスマにまでならないとしても、なめられない印象というものは簡単に作ることができます。
その方法については今回のおすすめの動画でそれを解説した動画を紹介しておきます。
こちらではカリスマ研究を基に皆さんの第一印象を良くするための方法について解説しています。

特にこれからの時代では企業も採用を控えたりすると思いますし、そうなってくると面接などの場面では特にこの第一印象によって左右されたりすることも多くなります。
面接では一番最初の第一印象だけで全てが決まったりするということもありますので、第一印象については面接に限らずですが極めておいて損をすることは絶対にありません。
この第一印象の科学については、知識の Netflix -Dラボ-でチェックしてみてください。

スポンサーリンク

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
第一印象診断~初対面から得する人の共通点

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本
¥1,760 (2021/01/19 12:13:04時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は科学の面白さを伝えることを目的としたエンタメです。なるべく多くの方に、科学的思考に興味を持ってもらうために、参考資料や過去の動画を元に、大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。動画の結論は実際の研究とは異なる場合があります。
僕は文献を読むのが好きなタダの理系であり、専門家ではありません。また、多くの科学者とも同じように人間ですから、間違うことも多々あります。実際に知識を利用する際にはご自分で調査するか、専門家に相談してください。
参考:https://doi.apa.org/doiLanding?doi=10.1037%2Fxge0000152

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係, 読む・操る
-, , ,

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog