目標・成功

200万人突破記念【質疑応答】

200万人突破記念【質疑応答】

DaiGo MeNTaLiST

この知識を動画で見るならこちら

みなさんのおかげでYouTubeのチャンネル会員が200万人を突破しました!

元々 YouTube はニコニコのチャンネルに対する入り口として始めたもので、ほとんど趣味のような状態でほぼゼロコストで行なっています。
なぜ iPhone だけでさほど手間もコストもかけず200万人を突破することができたのかというと、基本的に普通の人と考え方が違うからです。

多くの人は、YouTube 上でどんなものが流行っているのかとか、何をすれば流行るのかということを見ていますが、今回は、僕が何をして無理をせず200万人を突破できたのかということを紹介させてもらいます。
詳しい話は、下記に紹介しているニコニコのチャンネルの方で解説しますので、ここではおすすめの本を紹介しておきます。
今のこのネット時代に、どのようにして手間をかけず頭を使い、どのようにして目標を達成すればいいのかという内容になります。

僕は他の YouTuber を参考にしたことは一度もありません。それはニコニコも同じで、他の人のチャンネルを参考にすることはまずありません。
では、何を参考にしたのかというと、色々な本や文献を読み、どうすればうまくいくのかということを考えたわけですが、その中で参考にしたおすすめの本トップ3を紹介しておきます。

まず1冊目は、『ファンダム・レボリューション:SNS時代の新たな熱狂』です。
ファンダムというのは熱狂者という意味で、この SNS の時代に、熱狂者をどのように生み出して広めていくのかということを様々な事例から解説してくれています。
皆が絶対に知っているような世界で熱狂的なファンを持っているビジネスモデルを参考にしました。

僕にはタレントのような魅力はありませんので、普通にビジネスとして、そんなに愛着を持たないような商品と同じような目線で自分と自分のしていることをブランド化することができるのかということを考えました。
そんな時に参考にした本ですので、このような知識を持っているかどうかということが、一般人の人ほど強くなると思います。

2冊目が『サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル』です。
僕のニコニコの方のチャンネルのようなサブスクリプションモデルですが、これは YouTube でも使うことができるものです。
ですが、ほとんどのYouTuberが、このサブスプリクションの概念や構造を理解できていません。
ということは、自分がサブスクリプションの概念を YouTube で使えばうまくいくのではないかと考えたところ、案の定うまくいきました。
この本もとても参考になりましたのでおすすめです。

最後が『YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち』で、僕が唯一 YouTube についての参考にした本です。
YouTube の副社長が書かれた本ですから、YouTube のルールを作った側の人間が、どのような動画を表示させようとしているのかということをこの本から読み取ろうとしました。

YouTube はホーム画面に載るかどうかで再生されるかどうかの90%程が決まってきます。
ですから、Google のアルゴリズムにどれだけ寄せることができるかということが、YouTube における成功を決めます。
となると、作った側の人間が何に価値観を置いていて、作っている人たちがどのようなことを重要だと考えているのかということを分析した方が、トップのYouTuberを参考にするよりも遥かに参考になるはずです。

¥1,980 (2020/11/29 03:24:16時点 Amazon調べ-詳細)

この3冊がYouTube や動画のビジネスで成功したいと思うのであれば穴が開くほど読んでほしい本です。
一時期50万人ぐらいまでしかいなかった僕のチャンネルを去年あたりから一気に増やしましたが、それをした時にこの本を参考に戦略を立てていました。

質疑応答

子供になぜ勉強しなくてはいけないのかと質問されたらどう答えればいいでしょうか?

逆に、皆さんはなぜ勉強するのでしょうか?
僕は知りたいことがあるから勉強するのだと思いますので、勉強した方が知りたいことを知ることができて面白いから勉強するのだと思います。

もしお子さんが勉強することが面白くないと思っているのであれば、それは、本人が何かを調べたり何かを知る喜びを感じさせてあげられてないからということだと思います。
本人が何かを調べたり興味を持ったことを邪魔しないことが大事です。
子供が何かに興味を持った時には、それにまつわるような本を買ってあげて、新しいことを知ることの喜びを植え付けてあげることが大切なのではないでしょうか。

なぜ勉強しなくてはいけないのかと質問するということは、勉強が義務になっているからです。大人は自分が強制されて嫌だったのに、自分は子供にそれを強制してしまうものです。
何か知りたいと思うことはないのかと質問して、まずは本人が何を好きで何に興味を持っているのかというところを理解するところから始めてください。
大人も一緒に好奇心を鍛えていくのがいいのではないでしょうか。

読解力を鍛えるにはどうすればいいでしょうか?

本に関しては読書法についてニコニコで過去にも色々と紹介しています。
読書に関する本も出していますが、結局、頭の中に何かの情報を入れるのと、その情報を加工したり違う視点を持つことが大切です。
読解力ももちろん重要ですが、これからの時代を考えるのであれば創造力を鍛えることを考えた方がいいとも思います。

他人からの嫌がらせにどのように対応すればいいでしょうか?

本当に他人から嫌がらせをされている場合には、カバートアグレッションの対策法を参考にしてください。
合わせて、スルーの技術を鍛えることも大切です。
どこまで行っても嫌がらせをしたり陰口を言ってくる人はいるものですから、サイコパス式スルーの技術も身につけていただけたらと思います。

そして、全てが気のせいだとは言いませんが、実際に攻撃されていると同時に、気にしすぎている部分も少なからずあるかもしれません。
ですから、まずはその気にしすぎてしまうところから直していくのもいいと思います。

これもニコニコで色々と解説していますが、一番いいのは肉体改造です。
筋トレなどを行い自分の体を鍛えることで自己効力感が手に入ります。自己効力感というものは、自分の力で自分の未来は自分の人間関係を変えることができるという確信です。
この自己効力感を持てば、周りの目を気にすることなく自分を変えていくことができます。

上司や先輩から協調性をもっと持つように言われました。どうすればいいのでしょうか?

協調性が高くなればなるほど収入が下がるという研究があります。周りと歩調を合わせるために、新しいことに挑戦できなくなってしまいます。

僕は協調性はほぼゼロですが社交性は高いタイプです。自分を持った状態で他人とコミュニケーションをとれることが大事だと思います。
ですから、協調性は気にする必要がありませんが、社交性は技術として鍛えておいた方がいいです。

周りに合わせる必要はないし自分を貫いても構わないけれど、相手をリスペクトしながら自分の言いたいこともちゃんと伝えることができるというのがベストだと思います。

協調性を持てというのは、責任を逃れなんとなく社会に溶け込み凡庸な人生を歩みたい人の言い訳だと思います。
大事なのは、協調性ではなく、社交性とコミュニケーションスキルです。

転職を考えているのですが、アピールポイントに悩んでいます。どのようにアピールすればいいでしょうか?

基本的に、人間というものは、相手が実績を語った場合よりも将来性を語った場合の方が、能力が高いとか見込みがあると判断しやすくなります
自分の将来性について、どんなことをしてみたいとかどんなことにチャレンジしてみたいというような未来の話をしたほうが僕はいいと思います。

その未来の話について現実的な部分があった方がいいので、具体的なプランを提示してみたり、相手がそんな考え方もあるのかと唸るような計画書を見せるのもいいと思います。
自分の可能性をアピールして下さい。

たくさんの質問ありがとうございました!
上記は一部ですが、他の人にも参考になりそうな内容をまとめさせていただきました。

仕事からエロまでNGナシのニコ生限定の質疑応答はこちら

YouTube200万人突破の戦略の参考にした本トップ3

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功
-

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog