人間関係 読む・操る

上から目線を叩き潰す論破テク【アナロジー乱用】を解説

この知識はこんな方におすすめ

  • 言い負かされたくない
  • 偽善者を叩きつぶしたい

相手が偽善者であるほど強烈に作用する論破テクニック

今回は少しえげつない論破のテクニックをひとつ紹介させてもらいます。

過去にも論破のテクニックについてはいくつか紹介させてもらったことがあります。
強力なものとしては人身攻撃法という相手を貶める批判テクニックも解説しています。

科学が証明した最強の論破テクはこちら

続きを見る

今回のおすすめの動画とおすすめの本としては、そんな論破のテクニックについてのおすすめを紹介しておきます。
さらに詳しく知りたいという方はそちらもチェックしていただけたらと思います。

今回紹介するテクニックは、どんな相手でもほぼ通用するもので、特にその相手が偽善者であればあるほど相手を論破することができるようになる強烈なテクニックです。

よく私は君のためを思ってしているのだとか、みんなのためを思ってしているというようなこと言って、結局は自分が得をしたいだけなのに偽善を言う人がいます。
このような自分を正当化しようとしたりみんなのためだというような偽善を振りまく人を一撃で論破できる強力なテクニックで、アナロジーの乱用というものを紹介させてもらいます。

「アナロジーの乱用」

これは逆にこのテクニックで攻撃された場合には、それを知っていれば打ち返すことはできます。
ただ、あなたのためを思ってしているというような偽善を振りかざしてコントロールしようとしてくる人たちに対してはかなり使えるテクニックです。

よく親でも子供を自分の支配下に置きたいからといってあなたのためを思ってというようなことを言ってコントロールしようとする人もいますし、部下をコントロールしようとしてくる上司もいると思います。
そのようなことに対しても打ち返すことができる強力なテクニックですので、その使用に関してはあくまで自己責任でお願いします。

アナロジーの乱用というのは、類似点を意図的に乱用するテクニックになります。
もとの研究としては2007年の論破に関する研究によるもので、論理的誤謬リストというものがあります。
経済学者のマドセン・ピリーさんが議論に勝つための方法として、その論理的誤謬リストをまとめて、それをさらに2018年に社会心理学者のボー・ベネットさんが詭弁の考え方を加えて詭弁の効果を集めたサマリーを出しています。
そんな中から、今回は強力なテクニックとしてアナロジーの乱用というものを紹介させてもらいます。

人は共通点や類似点から大きな影響を受ける

人は共通点や類似点からとても大きな影響を受けるものです。この共通点や類似点の説得力の高さは異常です。

例えば、皆さんの名字や名前の一部が同じだとか、誕生日や生まれた月、星座が同じだとか、血液型が同じだとか好きなスポーツが同じ、好きな曲のジャンルが同じだとか出身地が同じだとか、どんなものでもいいので何かひとつ共通点があるだけで、その共通点がある相手に対する影響力というものは2倍になるということが分かっています。

ですから、例えば相手と会話をする時に、事前に誕生月が同じなんですねというようなことを話しておくと、そんな共通点がなかったりその共通点について確認していなかった場合に比べて、相手がこちらのお願いに対して YES と答えてくれる確率が2倍も高くなるということです。

この何かの共通点があるということは、それだけでこんなにも強力な勉強を相手に与えるわけです。
これが、相手と仲良くなりたいのであれば、自分との共通点を探したりお互いの共通点をアピールすると効果的だとされる理由でもあります。

こんな共通点を論破に使おうというのがアナロジーの乱用です。
まず、論破する場合に一対一の時には、お互い平行線になってしまうだけなのであまり意味はありません。
論破というものは必ずオーディエンスがいる状態で行うものです。
一対一の場合には単なる議論になりますから、こちらが負けたと言わない限りは論破されることはありませんが、公衆の面前や多くの人間がいるところで相手を論破して叩きのめす時には、これはとても簡単で非常に強力なテクニックになります。

相手を敵やネガティブな対象と結びつける

誰もが悪者だと思っている、あるいは、その会社や組織といったコミュニティの中の常識から考えて敵だと考えられている人や組織や考え方との共通点をアピールするという方法です。

例えば、皆さんが自然の保護をする活動している団体にいたとして、その団体の中で覇権争いになり相手を論破したいという状況だったとすると、「そんなことを言うなんて、まるで君はビニール袋をいくらでも使ってもいいと思っている人たちと同じようなことを言うんだね」というように、その相手を自分たちのコミュニティの敵である存在と同じ考え方をしているとして、ネガティブなものと結びつけていくというテクニックになります。
これがアナロジーの乱用です。

これは慣れると結構いろいろと使うことができます。
例えば、あくまで善意でみんなのためを思ってしていただけだという偽善者がいたとして、その偽善者に対して普通に論破するのはなかなか難しいと思います。
その相手に対しては、「そうは言うけれど、ヒトラーも善意で行動していたよ」と言えば、ヒトラーとの共通点をアピールすることになります。

このように善意で行動していても犯罪者もいるとか、家族を守れために仕方がなくというようなことを言う人がいても、同じように家族を守るために犯罪を犯す人もいるわけなので、いくら相手がみんなのためにしたことだと偽善を振りまいても、あたかも相手を悪役であるかのように仕立てることができる強力なテクニックです。

これをうまく使うことができるようになれば、本当に誰でも叩き潰すことができます。
ですが、かなり強力なテクニックですので、相手との人間関係は粉々になるということを忘れないようにしてください。
相手との人間関係を完全に切ってでも倒さないといけないという時にだけ使うようにしてください。

例えば、悪気はなかったという相手に対しては、「それはほとんどの殺人犯が殺す気はなかったと言っているのと同じだよね」と言えば、相手を殺人犯と結びつけることができます。
みんなのためを思ってしたことだという相手に対しては、「賄賂を受け取るような悪徳政治家ほど、表では国民のために頑張っているとアピールしているよね」と言って、みんなのためだとアピールしている人ほど裏では悪いことをしているというようなイメージと結びつけることができます。

他には、みんなが協調して新しいことをしようと盛り上がっているところで、そこは慎重にした方が良いのではないかと水を差してくる人がいると思います。
自分がただ仕事がしたくないだけで、そんな余計な水をさせてくる相手には、「まるでそれは仕事が遅い公務員のような言い訳だね」というように、その相手を好ましくない対象と強制的に結びつけるのがアナロジーの乱用というテクニックになります。

ちなみに、このテクニックをよく使う人がいます。
ひろゆきさんが、時々テレビで論破する時に使っています。
あの方は、やはり論破のテクニックをよく知っているのか、それとも天性のものなのかは知りませんがすごいなとは思います。

大義名分を振りかざして攻撃してくる相手には反撃できるように

これは誰かを攻撃するというよりは、攻撃されて反撃する時に使えるようになっておいたほうがいいと思います。
大義名分をかざして自分は決して悪い人ではなくお前が悪い人だと攻撃してくるような人がいた場合には、そんな相手に対してはこのアナロジーの乱用は非常に強力に作用してくれますので、ぜひ試してみてください。

さらに論破のテクニックを学びたい方へのおすすめ

今回はどんな相手でも論破できるテクニックとしてアナロジーの乱用について紹介させてもらいました。
他にも、強力な論破のテクニックについて僕のニコニコD ラボでは解説していますので、興味がある方は今回のおすすめの動画の方もぜひチェックしてみてください。

【超論破力】禁断の論破テク!人身攻撃入門
ノーと言わせない【説得型論破】

説得型論破というのは、ノーと言う隙を相手に与えない喋り方について解説している内容になっています。
今回のような論破のテクニックについてたくさん解説していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

論破と詭弁のおすすめ本

今回のおすすめの本としても、論破や詭弁のテクニックについて参考になる本を紹介しときます。

こちらもとても参考になりますし、特に言い負かされたくないという人は読んでおくといい本だと思います。

¥1,936 (2020/10/22 21:04:15時点 Amazon調べ-詳細)

何か言われた時に言い返すことができないという人は、反論の技術を学んでおくことで対応できるようになります。
そのためにはこちらの本が役に立つと思います。

¥891 (2020/10/22 20:59:14時点 Amazon調べ-詳細)

ひろゆきさんの論破力の本も参考になると思います。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックが無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本
¥1,936 (2020/10/22 21:04:15時点 Amazon調べ-詳細)
¥891 (2020/10/22 20:59:14時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、ニコニコチャンネルの過去動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Pirie. Madsen (2007)How to Win Every Argument: The Use and Abuse of Logic
Bo Bennett(2018)Logically Fallacious

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係, 読む・操る
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog