恋愛・結婚

幸せな結婚の【絶対条件】が判明【カリフォルニア大学最新研究】

この知識はこんな方におすすめ

  • 結婚して幸せになりたい
  • 結婚はともかく幸せになりたい

結婚して幸せになれる確率とは?!

今回は結婚についてです。
結婚に対しての考え方は人それぞれですが、やはり、結婚したいとかそろそろ子供が欲しいとか考える人も多いと思います。

僕も冷静に考えると、一般的にはそろそろ結婚してもいいような歳ではあるわけですが、結婚して幸せになれる確率は皆さんどれくらいだと思いますか。

確か離婚率で考えるならば35%ぐらいだったかと思いますので、結構な確率で多くの人が離婚するわけです。
これは別に離婚が悪いという話ではありませんが、どうせ結婚するのであれば当然離婚はしたくないはずです。

離婚した時の精神的なダメージというものは何千万円相当ぐらいになってしまう場合もあるので、そういう意味でも、どうせ結婚するのであればいい人と結婚したいでしょうし、結婚した以上は幸せになりたいと思うのが人情です。

【数千万円】離婚と死別のつらさがヤバすぎ→乗り越えるには?

続きを見る

結婚するとメンタルが安定し寿命がのびる

そう考えると、やはり結婚して幸せになれる確率がどれくらいあるのかということは気になってきます。
そもそも結婚して幸せになることができるのかということについて今回は解説していきたいと思います。

このような内容については結構いろいろな問題があります。
現在では結婚するメリットはそれほどないのではないかということが言われている中で、過去にもそんな話を紹介してきたと思います。
最近の研究では、もしかすると独身の方が幸せなのではないかという研究もあります。

アメリカ心理学会の学会で発表された研究で、独身に関する研究をカリフォルニア大学の研究者の方が発表されたものがあります。
この方は独身の人の幸福について数十年間にわたって調査されています。

昔から心理学や科学の世界においては、結婚するということは健康のためにもいいことだとされてきました。
メンタルの状態が良くなったり寿命が伸びたりするということが昔から言われていました。

だからこそ、ある程度いい年齢になってきたら結婚した方が長生きできるし幸せになれるのではないかという話が主流ではありました。

実際に、2014年に行われたメタ分析を見てみても、結婚している人の方が寿命が長いという傾向がはっきりと見て取れました。
しかも、この傾向は世界的に共通していて、日本でも既婚者の方が長生きできるということが言われてはいます。

ただし「良い結婚関係」がある既婚者に限る!

ただ、このデータもちゃんと調べてみると気になるところがあり、これはあくまで「良い結婚をして良い結婚関係を維持することができている人は健康的で長生きしている」ということを示しているものでした。

つまり、質が高い結婚関係を結んでそれを維持することができた場合にのみ、そのメリットを享受することができるのではないかという話もあるわけです。

実際に、仲が悪くなってしまった夫婦関係というものは、うつ病の原因になってしまう場合があるということも分かっていますので、そうなってくると、独身とか結婚しているとか、あまり関係ないのではないかというのが最近の考え方になってきます。

大切なのは結婚ではなく「良い人間関係」

要するに、結婚することでのメリットというものは良い人間関係が保証されるということです。

自分のことを最後まで助けてくれるとか、サポートしてくれる人が身近にいるという安心感が、自分のメンタルを安定させてくれて、それが健康にも繋がっているというだけであり、別に、独身でも信じ合える親友がいたり、自分のことを最後まで味方してくれる人がいるというソーシャルサポートを感じることができる質の高い人間関係さえあれば、結婚はしなくてもいいのではないかという説も結構出ています。

独身と既婚での人間関係の違い

2015年に行われたアメリカの国民統計を用いた膨大なデータからの調査で、独身の人と既婚者の人の人間関係を深く調べて、どちらの人間関係の方が質が高いのかということを調べたものがあります。

もし結婚して人間関係が悪くなるのであれば、むしろデメリットになってしまいます。

例えば、結婚した瞬間に他の異性とは会うなと言われたり、LINE の異性のアカウントを全て消すように言われたり、相手の人間関係を封じてくるような人も中にはいます。
はっきり言ってこんな人とは付き合わない方がいいです。
こんな人とは付き合うことも結婚することもお勧めはしません。

人間関係を制限されるということは僕たちの人生の質を下げることです。
恋愛相手でも結婚相手でも、自分の近しい人で皆さんの人間関係を制限してくるような人とはそもそも付き合わない方が賢明です。
そんな人が身近にいると不幸になるだけです。

独身の人と既婚者の人で、どちらの方が人間関係が充実しているのかということを調べたわけですが、その結果、現代では独身の人の方が肉親や友人や同僚など自分の近しい人とコミュニケーションをとる回数が多かったということが分かっています。
そして、意外と既婚者の方が孤独だったりするケースも多かったということです。

要するに、結婚することによって、友達などとの付き合いが減ったり人間関係が制限されてしまい、そのせいでかえって孤独になってしまっているということです。

仮に、 自分が結婚するパートナーだけに人間関係を絞ってしまえば、その関係に問題が生じたら全てが終わったように感じてしまいます。
普通であれば、さまざまな人間関係があるので、誰かと喧嘩をしたり問題が生じたとしても、自分のことをサポートしてくれる人は他にもいるはずです。
だからこそ、僕たちは精神的にも安定して生きていくことができるわけです。

結婚して、友達となかなか会えなくなったり飲み会にも参加しづらくなったり、さらに人間関係を絞るようなことが起きてしまうと、それは実はかなり大きなリスクになっているのではないかということになります。

人生の逆境に強いのは?

2009年にマイアミ大学が行った研究でも興味深い内容が確認されています。
これも結婚とメンタルに関するデータを調べたものですが、ちゃんと自分で自立して生活することができている独身よりも、既婚者の方が事故や災害が起きた時にメンタルが悪化しやすいということが確認されています。

つまり、自立している独身の人の方が逆境に強いということです。

普通に考えると、夫婦という関係があれば夫婦で一緒に乗り換えようとかすることもできて逆境にも強くなりそうな気はしますが、実際には、自立している独身の人の方がかえって逆境にも強いということです。

ただ、もちろん例外もあります。
実家暮らしやニートといった自立していない独身の人と比べると、既婚者の方が事故や災害が起きた時にメンタルは悪化しにくいということでした。

ですから、自分で自立してちゃんと稼いで生きていくことができるのであれば、それが男性でも女性でも独身が最もメンタルは安定します。
その次が既婚者となり、さらにその下が自立していない独身ということになります。これは将来に対する不安も大きいでしょうから当然と言えば当然のような気もします。

ちゃんと自分で稼いで暮らすことができている独身の人は、既婚者よりも人生の不幸を乗り越える力が強かったということになります。

研究者のコメントとしては、世の中には結婚とは素晴らしいもので無条件にそれを賞賛する人が多いけれど、そのせいで既婚者は独身の人よりも上に立っているような気分になってしまいます。
ところが、実際には独身の人は、家族や友人たちとの人間関係によって、配偶者がいる人よりも密な人間関係を維持することができていて、そちらの方が人生にとっては重要になる場合もあるということを言われています。

大事なのは良い人間関係を作ることができているかどうかということで、これがすべてです
パートナーと良い関係を作ることができていても、友達と良い関係を作ることができていても僕たちは幸せになることができます。

ですから、焦ってまで結婚して人間関係を制限され、パートナーとの関係も悪くなるぐらいなら、友達と過ごす時間を増やしたりした方が良いのではないかということがこれらの研究から考察できることです。

ということで、結婚してどれぐらい幸せになれるかというのは、幅広く良い人間関係を作ることができるかどうか、そんな関係を維持することができるかどうかということによって決まってくるということでした。
ぜひ参考にしてみてください。

恋愛や結婚関係に役に立つおすすめ

それでも、やはり結婚したいとか、彼氏や彼女が欲しいという人もいると思います。
そんないい相手を見つけるために役に立つ内容を解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

合わせて、失敗しない結婚をする、あるいは、良い結婚関係を維持するためにはどうすればいいのかという内容について解説した動画も紹介しておきます。

パートナーを見つけるために

脈アリを見抜く心理学

相手との会話や相手のしぐさなどから、皆さんに対して脈があるのかということを見抜くための心理学について解説した内容になっています。
ぜひチェックしてみてください。

良い関係を長く続けるために

16のアサーショントレーニング 前編
16のアサーショントレーニング 後編

アサーションというコミュニケーションテクニックがあり、このコミュニケーションができるカップルはそうでないカップルよりも破局率は極めて低くなり、良い関係を長い間保つことができるようになります。
そんなアサーションのコミュニケーションテクニックの基本について解説させてもらっている内容になっています。

前編と後編に分かれていますが、使えるテクニックから試してみていただけたらと思います。
これはカップルや夫婦関係に限らず、普通の人間関係でも使うことができるテクニックです。
近しい人との関係を深めるにはどうすればいいのかということが理解できると思います。

近しい人だからこそ、ちょっとした言い方や受け取り方次第で喧嘩になったり関係が壊れたりするということもあります。
そんな寂しいことになってしまうのを防いでくれるコミュニケーションテクニックになります。
ぜひこちらもチェックしていただけたらと思います。

まずは自分を見つめるためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、セルフコンパッションのために役に立つ本を紹介しておきます。

これはどちらも自分を認めるための技術を教えてくれる本ですが、やはり、あまりにも自分に自信がないと、パートナーを見つけることも良い関係を築くことも難しくなってしまいます。
まずは自分に適度な自信を持つところから始めていただけたらと思います。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックが無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画

今回のおすすめ本

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、記載された参考資料のみならず、過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:https://www.apa.org/news/press/releases/2016/08/single-people.pdf
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3872512/
https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/0265407515597564
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0265407509339995

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-恋愛・結婚

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog