目標・成功

「できない」とは現状に甘んじるための言い訳に過ぎない【Q&A】

人はなぜ「できない」と言うのか?

これは当然のことです。
人間が「できない」と言う時があると思いますが、普通に考えて、やってみなければわからないことなのに、なぜか「できない」と言っています。
これは、実際にやってみてできなかった時のダメージを減らしたいからです。

例えば、テスト勉強しなくてはいけないとわかっているのに部屋の掃除を始めてみたり、いつのまにかやるべきことから目を背けて余計なことに時間を使ったりすることがあると思います。
自分の人生を良くしたいと本心から思っているのに、全然どうでもいいことに時間を使ってしまうということが結構あると思います。

これは別に僕たちの精神がダメだというわけではありません。
実際に頑張って失敗するよりも頑張れないで失敗しなければ言い訳ができます
「やればできる」と言うことができます。

本当に頑張ったのにできなかったら言い訳ができませんので、人間は自分のメンタルを守るために最初に言い訳を作るものです。
これをセルフ・ハンディキャッピングと言いますが、この言い訳を作るメンタルが「できない」という言葉を思いつきます。

「できない」「不可能だ」と考えるのは、現状のままでいいということを認めるための言い訳に過ぎません。
これは様々な科学的な研究でもそうですし、過去の歴史の偉人たちの言葉を見てもわかることです。

「できない」と現状に甘んじてしまう自分のメンタルを変えるためには、科学的には「成長マインドセット」という考え方を身につけるのが一番手っ取り早いです。
これを身につけると、努力がクセになり自分をどんどん変えていきたいと思えるようになります。
自分がどんなに成功していても、あるいは、成功していなかったとしても、違うやり方を試したりもっとうまくできる方法があるのではないかと工夫や模索をしたくなります

今がどんな状況であったとしても自分を磨き続けることができる人がいます。
そのためには「成長マインドセット」という考え方が身についていることが重要で、これについてはこちらの本が参考になります。

マインドセット「やればできる! 」の研究

¥1,870 (2022/01/28 17:55:20時点 Amazon調べ-詳細)

この成長マインドセットについてわかりやすくまとめた動画もありますので、そちらは今回のおすすめの動画として紹介しておきます。
こちらも併せてチェックしてみてください。

努力がクセになる性格に変わる「成長マインドセット」入門

努力がクセになる性格に変わる「成長マインドセット」入門

本日のワイン
家族経営✖︎最新科学で復活したセミヨン100%の辛口ワイン

こちらはフランスのボルドー地方で作られている白ワインで、300年前に作られていたセミヨンというぶどうを100%使ったものです。
ほぼ300年の時を経て家族経営の作り手さんが最新技術を使って復活させたという面白いワインです。
この白ワインの味はここでしか出せないだろうと思います。

僕はよくサバ缶を紹介することがありますが、様々な料理に合うだけでなく不思議とサバ缶にも相性がいいです。
ぜひチェックしてみてください。

ラ セミヤント ド シガラス 2016 AOC ボルドー ブラン セミヨン

質疑応答

事務職から営業職に異動になりました。個人ごとに目標を設定する必要があるのですが、どのように設定すればいいでしょうか?

目標やノルマを設定する時に、自分の100%の力が120%の力で設定することはお勧めしません。
変化が激しく何が正しいのかわからない時代においては、余力を残しておくことが一番の目標になります。

ですから、皆さんが仕事で成功しようと思うのであれば、自分の全力の8割から7割ぐらいで成功するにはどうすればいいのかということを考えてください
2割から3割ぐらいの余力は必ず残すようにしてください。

それが出来ないと、新しいことを考えたり状況に応じて修正したりする時間を作る事も出来ませんし、人は100%の力で頑張っていると、「自分は頑張っているから報われるべきだ」「自分は評価されて当然なんだ」というわけのわからない幻想を抱いてしまいます。

僕たちがやるべきことは成果を出すことであり頑張ることではありません
ですから、常に7割から8割ぐらい、できれば6割ぐらいでメインの仕事の部分が終わるようにしてください。
残りの部分を使って新しいことをやるということを常に考えておいてください。
目標を作る時には、自分の力の7割から8割ぐらいでどこまでできるかということを考えてみてください。
普通に目標を立ててもらい3割ぐらいがちょうどいいです。

実際に僕もテレビに出ていた頃から2割から3割ほどの余力を残すことをしていました。
これによって今のDラボにつながる活動を始めることができました。
この2割から3割の余力を残すということが成功するためのコツです。

世の中に出ている成功体験や起業家の方々の本などでは、120%の力を出さないと成功できないというようなことを言われている人が多いです。
それで成功できるほど世の中は甘くないと思います。
7割から8割ぐらいの力で、手を抜くのではなく工夫を続けながら仕事を行って、残りの2割から3割で新しいことに挑戦し続けるということが成功のための第一条件になると思います。

スポンサーリンク

第一志望の大学の合格が難しく、どこか諦めている自分がいます。
勉強のためのモチベーションも落ちてきています。良い対処法はないでしょうか?

まず言いたいこととして、自分が手が届かないレベルの目標を作ってはいけません。
大学受験では手の届かない目標を立てる人が結構多いですが、指先さえもかかっていないようなレベルの目標を立てることは現実逃避です。
例えば、年収400万円の人がいきなり年収1億円を目指そうとしてもまず無理です。
まずは500万円を目指して、それを達成したら600万円、段階を経て徐々に上の目標を目指して行くべきです。

目標を作るのは「何から手をつければいいのか」ということを明確にするためです。
自分の目指す理想を決めれば今何をすればいいのかが明確になります。
だから目標が大事になります。

「今何をすればいいのかが分からない」そんなレベルの目標を立てる意味はありません。
無理なレベルの大学の合格を目標にしても、今何をすればいいのかが分かりません。

モチベーションが落ちているというよりは、目標設定が間違っていると思います。
自分が10%から20%ぐらい背伸びしたら届くところをまずは目標にしてください。
それは着実にクリアしていくのが一番良い目標設定の方法だと思います。

これぐらいの背伸びをしたところにある目標が一番モチベーションを上げてくれます。
頑張ってそこにたどり着いたら、もっと欲しいと思えるようになります。
ところが、いきなり1.5倍とか2倍の目標を立ててしまうと、自分の力だけではどうにもならないです。相当ラッキーなことがない限りはこんな成長はありえません。
20%ぐらいまでの成長であれば自力でできますので、自力で上がっていくことができるレベルの目標を立てて着実に成長していってください
その過程でラッキーなことがあれば1.5倍や2倍の成長もあり得るかもぐらいに考えておいてください。

スポンサーリンク

2年付き合った彼氏とお金の価値観が原因で別れてブロックされました。
今になって相手の大切さを痛感し、自分の価値観を合わせることもできたと後悔しています。
ブロックされた相手は諦めるしかないのでしょうか?

まず相手に合わせようと思っている時点で間違っています。
相手の価値観と自分の価値観は違うということを認めて、その間を取るにはどうすればいいのかということを考えるべきです。

常に自分を犠牲にして相手に合わせようとする人がいますが、これはうまくいきません。
その相手と距離を取れたから、相手と価値観を合わせることもできるような気がしているだけです。
その人と一緒にいたいから自分の考え方を曲げればいいというのは、一生自分の好みの相手と出会いない人の思考法です。

恋愛ではお互いの価値観を認め合わなくてはいけません。
多くの人が価値観が合うから一緒にいたいと思いますが、これは間違っています。
人間は誰でも価値観は全く違います。
価値観は違うけれど、長く一緒にいることによって、その違いを埋めたり両方の価値観を満足させる方法を思いついたりします。
工夫によって価値観の共通点や妥協点を見出していくことが大切です。

ですから、価値観さえ合わせればまた上手くやっていくことができると考えている時点で、仮にもう一度付き合うことができたとしてもうまくはいきません。
ブロックされているということとは関係なしに、その人がうまくいかない相手ですから、別の人にいってください。

価値観はお互いの違いを認めることができるかどうかです。
価値観は全く違っても、その違いを認め合うことができれば関係はうまくいきます
価値観が似ていても、その微妙な違いを否定すれば関係はうまくいきません

スポンサーリンク

どんな仕事をするか悩んでいます。
エステやセラピストなど体を使う仕事か、パソコンを使う事務系の仕事か、どちらにするべきか悩んでいます。
どうすればいいのかアドバイスをお願いします。

両方すれば良いのではないでしょうか。
エステやセラピストは訓練しなくてはできないので、このニーズは必ずあります。
パソコンを使う事務系の仕事はエステをしながらでも出来ると思います。
ですから、パソコンの勉強もしながらエステの仕事をするというのが一番いいのではないかと僕は思います。

人は勉強するためだけに何かを学んでも身につきません
ただ、何かに使うためであれば身につきます
例えば、ただ英語を勉強しようと思ってもなかなか身につかなくても、自分が好きなワインを勉強したいから英語を勉強するとか、女の子を口説きたいから英語を勉強するとなればかなり変わってきます。

これは子供でも同じで、車が大好きだから車のことを知りたいけれど、家に英語の車の本しかないから英語の勉強をするというように、手段としてスキルを学ぶということをしないと、いくら学んでもなかなか身につかないものです。

どんな仕事でも同じだとは思いますが、自分が身につけたいスキルを学ぶのではなく、自分がどんな業界でどんなことをしたいのかということを考え、そのために必要なスキルを学ぶようにしてみてはいかがでしょうか。
これが最速でスキルや技術を身につける方法です。

スポンサーリンク

告白して OK されたのに翌日にフラれました。
また遊びに誘ってもいいでしょうか?

普通にダメだと思います。

女性はボーダーラインの相手に対してこういう行動を取ることがあります。
女性の性格はホルモンバランスの関係で1ヶ月に4回ぐらい変わると言われています。
ですから、昨日は OK だったけれど今日は NG ということは別に珍しくはありません。

おそらく相手からすると、日によっては OK の相手だけれど別の日には NG のゾーンに入るようなボーダーラインにいたのだと思います。
自分をしっかり磨いたりしない限りは、それで付き合うことができたとしてもすぐにフラれます。

その中途半端なボーダーラインの辺りにいる時に付き合うのではなく、自分を磨いて明らかに上の自分にしてください
そうすれば、多少の変動があったとしても常に上にいる憧れの人のようになれます。
告白を焦ると、特に男性はこのような失敗をしてしまいがちです。

スポンサーリンク

付き合って1年初めての喧嘩で彼氏と別れました。
自分の思いやりや許容力がなく彼を苦しめたのかと後悔の念に押しつぶされそうになります。吹っ切るためのアドバイスをお願いします。

恋愛だけでなく人間関係での過去の失敗をあれこれと後悔する人は結構いると思います。
「もっとああすればよかった」「こうすればよかった」と後悔するわけですが、「それを10年間続けることができただろうか」ということを考えてみてください

相手との関係の中で問題が起きるのは当たり前です。
喧嘩することもあれば嫌なところが気になることもあります。
それを10年間続けることができるでしょうか?

10年続けることができると思えるのであればいいかもしれませんが、2年ぐらいの間に相手に変わって欲しいとか、今はできても10年は無理だというのであれば、仮に関係を戻すことができたとしてもおそらく続きません。

人間関係でも恋愛関係でも、長期的な関係で物事を考えると大抵は答えが出ます
自分の思いやりや許容力がなくて彼を苦しめたのかと原因を探るのはいいですが、恋愛なんて喧嘩の原因はいくらでもあります。
ひとつの原因を潰しても他の原因が出てきます。

重要なのは、結果を長期間にわたって受け入れることができるかどうかです。
喧嘩の原因はたくさんあります。それを10年経っても20年経っても受け入れることができるのであれば関係は続きます
それが無理なのであれば諦めた方がいいです。

他にもたくさんの相談をいただきましたが、多くの人にとって参考になるであろう内容だけをピックアップさせてもらいました。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

💰努力がクセになる性格に変わる「成長マインドセット」入門

💰努力がクセになる性格に変わる「成長マインドセット」入門
\本日のオススメ📚/

🍷本日のワイン
家族経営✖︎最新科学で復活したセミヨン100%の辛口ワイン

📕マインドセット「やればできる! 」の研究

¥1,870 (2022/01/28 17:55:20時点 Amazon調べ-詳細)

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功
-