目標・成功

【遺伝子で決まる】今すぐ会社を辞めないと損する人の特徴

この知識はこんな方におすすめ

  • 毎日を充実させたい
  • 人生で成功したい

会社に雇われる生活が向かない人

今回は、今すぐサラリーマンを辞めないと人生損をしてしまう人の特徴について紹介させてもらいます。
会社に雇われることが向かない人が一定数います。
会社に就職してサラリーマンをやるということが向かない人の特徴について解説します。

結論から言うと、夜型の人です。
特に、夜型の中でも夜更かしが好きなような超夜型のタイプの人はサラリーマンには向かないという研究がありました。

クロノタイプとパフォーマンス

夜型のタイプの人がそもそもサラリーマンとしては不利だという話は、過去の研究データでもいろいろと示されてはいました。
夜型の人は、日が沈んだ後も活発に動くことができるので、会社が終わった後も元気でいろいろと活動してしまいます。
そうなると自然と夜寝るのも遅くなりますが、会社に雇われている以上は翌朝も朝早く起きて会社に行かなければいけません。
その結果、自然と睡眠が足りなくなり、寝不足のせいでパフォーマンスは低下してしまいます

ですから、夜型のタイプの人が普通の会社に通ったりだけでなく、学校なども基本的には朝型のタイプの人に合わせて作られていますので、どうしても朝型のタイプの人や昼型のタイプの人に比べてパフォーマンスが下がってしまうのではないかと言われているわけです。

夜型のタイプの人は十分に睡眠をとっても不利になる?

そのような説は以前から言われていたのですが、今回参考にしている研究では、それをさらに推し進めています。
夜型のタイプの人でも、ちゃんと早めに寝ればいいのではないか、睡眠時間をしっかり取れば大丈夫なのではないかと考える人もいると思いますが、別の参考文献を見ると、夜型のタイプの人は睡眠を十分にとっていたとしても、会社に雇われるという生活は不利になってしまうということが示されています。

ざっくり分けると朝型・昼型・夜型と3つのタイプに分かれますが、いろいろなクロノタイプの人の成績を比べるという研究があります。
フローニンゲン大学が523人の学生を対象に、全員から4万件以上の様々なテスト結果を集めて、それぞれのクロノタイプと比較しています。
このクロノタイプの判断はミュンヘンクロノタイプ質問紙という定番のテストを用いています。

その結果分かったこととして、やはり夜型の人はいくら十分な睡眠をとっていたとしても、学校のテストや成績において満足なパフォーマンスを発揮できない可能性があるということが言われています。

睡眠が不足することで成績が落ちるというのであれば理解できます。
ところが、睡眠不足の要因を取り除いても、やはり夜型のタイプの人の方が学校の成績が悪かったということです。
そして、そのクロノタイプが1時間遅くなるにつれて、およそ0.06ポイントほど成績の低下が見られたそうです。
これは10点満点ですから、それほど大きな違いではないと考える人もいるでしょうが、明確な違いとしては現れています。
夜型のタイプの人の成績の低下というものは睡眠の量とは関係がありませんでした。

学校も会社も朝型や昼型の人向けになっている

十分な睡眠を取ったとしても夜型のタイプの人はパフォーマンスを発揮することができなかったわけですから、これは睡眠不足によるものではなく、そもそも夜にパフォーマンスが上昇するタイプの人は、朝や昼にパフォーマンスがそれほど高くありません。

世の中では学校でも会社でも夜型のタイプの人向けにはなっていません。
夜型のタイプの人は午後から夜に向けてパフォーマンスが徐々に上がっていきますが、学校や会社は朝型や昼型のタイプの人に合わせた時間帯で運営されています
ここに大きな問題があるようです。

社会のルールや常識としては、朝から会社に行くとか明日から学校に行くというのが常識ではあります。
ですが、社会としてのルールよりも生物としてのルールの方が枠組みとしては大きくなりますので、そう考えると人は自分のクロノタイプに従って働くべきなのではないかと言われています。

ということは、自分が夜更かしがかなり好きでかなり夜型だなと思ったり、いつもみんなが仕事が終わり始めた頃にエンジンがかかるというような人は、上手にサラリーマンをしながら帰ってから副業を頑張ってみたりするのがいいのかもしれません。
もしその副業が順調に稼げるようになったら、もう会社を辞めて夜型の生活に合わせて自分の仕事を整えるのがいいのではないでしょうか。

今回は、そんな夜型タイプの人は今すぐ会社を辞めた方がいいという説を紹介させてもらいました。
参考にしていただけたらと思います。

仕事や勉強が最もはかどるタイミングとは?

朝型・昼型・夜型というもの以外にも、最も仕事がはかどるタイミングというものもあります。
例えば、朝型のタイプの人でも午前中のどの時間にどんな仕事をすればいいのか、昼型の人は具体的にどのあたりの時間帯に重要な仕事をすればいいのか、夜型の人は何時から何時ぐらいの間に集中すればいいのか、そんな最もはかどる勉強や仕事のタイミングについて解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

最もはかどる勉強・仕事のタイミングを解説

最もはかどる勉強・仕事のタイミングを解説

こちらはDラボで今なら20日間の無料体験で見ることができます。

睡眠を極めてパフォーマンスを発揮するためのおすすめ

※新刊予約受付中賢者の睡眠

¥1,540 (2021/09/25 10:16:06時点 Amazon調べ-詳細)

どのくらいのタイプであったとしても睡眠の質を高めることが重要です。
こちらは僕の新刊ですが、睡眠の質を高める科学的な方法について解説させてもらっています。

8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識

睡眠に関する常識や眠りのために大切だと言われていた常識が意外と間違っているということを様々な研究者が指摘していて、そんな中でもこちらの本は結構面白いと思います。

マインドフルネス・ストレス低減法ワークブック

¥3,190 (2021/09/25 11:59:37時点 Amazon調べ-詳細)

僕が個人的に睡眠の質を高めてくれた方法としてメラトニン以外をあげるとしたら瞑想です。
日中に瞑想をしたり寝る前に瞑想することで睡眠の質はかなり上がるということが研究でも示されていますので、瞑想も是非試してみてください。
瞑想を行うことによって日中の覚醒度を高めたりメンタルケアをしたり様々な使い方が出来ますので、1日を有効的に使いたいのであれば瞑想は絶対にした方がいいと思います。

そんな瞑想を実践するためにはこちらの本が一番わかりやすくて使いやすいと思います。

自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス

瞑想やマインドフルネスについてはこちらの僕の本も役に立つと思います。
こちらは Amazon のオーディオブックであれば1人1冊ですが無料で聞くことができるキャンペーンの対象になっていますので、ぜひこの機会に使ってみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック

\Dラボ20日間無料⏩/
本1冊の半分の値段【月599円〜】で
毎月20冊以上【30,000円以上】の書籍・論文の知識が1日あたり【わずか10分】で学べる

最もはかどる勉強・仕事のタイミングを解説

最もはかどる勉強・仕事のタイミングを解説
\本日のオススメ📚/

※新刊予約受付中賢者の睡眠

¥1,540 (2021/09/25 10:16:06時点 Amazon調べ-詳細)

8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識

マインドフルネス・ストレス低減法ワークブック

¥3,190 (2021/09/25 11:59:37時点 Amazon調べ-詳細)

自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス

※Audible無料体験DaiGoのオーディオブックはこちらから【どれでも1冊無料】↓

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://mctq.jp/download/
https://www.nature.com/articles/s41598-017-04076-y

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功
-,