読む・操る

【田中聖さん】薬物再犯しやすい芸能界の闇を心理学的に解説

この知識はこんな方におすすめ

  • 芸能界の闇を知りたい
  • 間違いを繰り返さない方法を知りたい

あくまで心理学的に分析します

基本的には時事ネタは扱いませんが、心理学的に言えることがある場合には分析という形で紹介させてもらおうかと思います。

田中聖さんが薬物の所持で現行犯逮捕されたというニュースが出ていました。
ただ、これは知っておいてもらいたいことですが、芸能人は残念ながら薬物の再犯をしやすいということがあります。
その原因は芸能人本人だけにあるわけではないと心理学的には考えられます。
もちろん、だからといって薬物をしてもいいということではありません。

悪い習慣を断ち切るためのおすすめ本

悪い習慣を消して良い習慣を身につけるために役に立つ2冊を紹介しておきます。

こちらは悪い習慣を直したり良い習慣を身につけたいのであれば参考になると思います。

良い習慣、悪い習慣―世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法

こちらは僕の本ですが良い習慣を身につけるための最新の研究からピックアップした包括的なテクニックと悪い癖を直す方法を紹介しています。
他人の悪い癖を直す方法まで解説していますので、お子さんの悪い癖を直したいということを考えている人にも参考になると思います。

短期間で〝よい習慣〟が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術

自分を偽るとメンタルを病む!

例えば、イスラエルで行われた研究を見てみると、自分の素の気持ちやキャラクターを抑えてしまうと、それだけでメンタルを病んでしまったり自分をコントロールすることができなくなる危険性が指摘されています。

芸能人は自分のキャラを偽らなくてはいけません。
自分の素のキャラを出せている人もたくさんいますが、やはり、ファンの人たちや事務所や企業から大きな期待をされます。
そうなるとどうしても自分の素を出すことができない状態になることはあります。

自分の素のキャラを出せないとメンタルを病みます。
このメンタルの悪化と薬物中毒は相関していることがかなり多いです。
メンタルが悪化すればするほど薬物中毒にハマってしまいやすくなります

そういう点では職業的な問題もあるような気がします。

自分の気持ちや感情を隠すと再犯に繋がる!

例えば、芸能人が薬物の所持で捕まったとします。
初犯だったので不起訴になったとしたら、おそらくその芸能人は記者会見で謝罪したりします。
その記者会見では、

この度は誠に申し訳ございませんでした。
二度と薬物には手を出さないように固い意志を持って頑張っていきます。

というようなことを言うと思います。

これは言わない方がいいです。
様々な薬物中毒に関する研究を見てみても、もう一度手を出すかどうかは別として、必ずもう一度やりたくなる時があります
そのやりたくなった時に人は自分を抑えようとします。
そうなると、「こんなことではだめだ。自分を抑えないと。こんな気持ちは誰にもわからないようにしないといけない。」と自分の内側で悩みを抱えてしまいます。

自分の素の気持ちや感情をそのまま出させてあげることが必要です。
自分の内側のあるがままの感情を出すことを禁止してはいけません。

これは皆さんがダイエットで間食を減らしたいという時も同じです。
お菓子を食べたいという気持ちを否定すると、余計にお菓子を食べたくなってしまいます。
それを禁止すると人間は2倍もその行動をしたくなります

スポンサーリンク

ですから、謝罪するのであれば、

おそらくまた手を出してしまいたくなる時がきっと来ると思います。その時に自分一人の力でその欲望に抗うことができるかどうかはわかりません。
また手を出してしまうかもしれないし自信はありません。
だからこそ皆さん助けてください。自分が悩んで苦しくなった時には、その本当の気持ちを聞いてもらってもいいでしょうか?

と発言するのが心理学的には正しいです。

とはいえ、芸能界的にはこの発言は許されません。
反省していないと叩かれてしまいます。

もちろん薬物に手を出すことは犯罪行為ですし、犯罪行為は当然してはいけないことです。
ですが、自分の素直な気持ちを発言することを罰するべきではありません

それを罰すると、自分の素の気持ちを言えないとメンタルを病むという現象が起きてしまい、その先にまた薬物中毒にハマる結果に繋がってしまいます。

表に出ている人は綺麗事を言わなければいけないという文化が多くの人を苦しめています
その社会構造を変えない限りは、同じように薬物の問題で再犯を繰り返してしまう芸能人を生んでしまうような気がします。

実際に、今回参考にしている研究によると、自分の感情を抑えると1.5倍も欲求に弱くなるという結果も示されています。
自分の感情を抑えるのは危険です。
自分の思っている気持ちを素直に口に出すことは構いません。
実際に薬物に手を出すことは犯罪ですが、それをしたいという気持ちを持つのは犯罪ではありません。

別に積極的に発言する必要はありませんが、心理学的にみると、素直に言わせてあげる方がいいのではないかと思います。

今の日本はとかく発言を刈り取って叩く人が多いですが、それは犯罪に繋がってしまうのでやめた方がいいと僕は思います。

人は誰でも意志が弱い!

再犯率の高さについて言うと、 芸能人は意思が弱いと考える人もいると思います。
ですが、人は誰でも驚くほど意志が弱いです。

例えば、トロント大学の研究を見てみると、禁煙にチャレンジした人が平均で何回失敗するのか調べています。
禁煙にチャレンジした時の失敗回数は平均で29.6回ということです。

皆さんもタバコを吸ったり、あるいは、タバコにハマってしまうと、それをやめようとしても平均で30回も挫折してしまうわけです。

だからといって 、再犯をしてもいいということではありませんが、個人の力だけで抜け出すのはかなり難しいということです。
仲間の力や社会の力が必要なわけですが、芸能人や著名人はそれを口に出すことが許されません
それが芸能人の再犯率が高くなる原因なのではないかと思います。

もし皆さんが禁煙やダイエットなどで自分を抑えたいと思うのであれば、仲間と一緒に取り組むことがおすすめです。
ダイエットに関する研究でも、仲間やパートナーと一緒にダイエットに取り組むと3倍も成功する確率が高くなるという結果が示されています。
参考にしていただけたらと思います。

なかなか治らない悪い癖は誰にでもあると思います。
何年も治らないような悪い癖さえも直すための方法について解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。
こちらもチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

何年も直らない悪い癖を直す【8つの悪癖リバウンド対策法】

何年も直らない悪い癖を直す【8つの悪癖リバウンド対策法】

パートナーから親・子供まで【他人の悪い癖を直す方法】

パートナーから親・子供まで【他人の悪い癖を直す方法】
\本日のオススメ📚/

\本日のワイン/

【わずか8Hlの超低収穫!凝縮スペインワイン】テソラモンハ アラバスタ

悪い習慣を断ち切るためのおすすめ本

良い習慣、悪い習慣―世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法

短期間で〝よい習慣〟が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00223980.2015.1052358?journalCode=vjrl20
Chaiton M, (2016). Estimating the number of quit attempts it takes to quit smoking successfully in a longitudinal cohort of smokers

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-読む・操る