学習法・記憶法

実は非効率なやってはいけない勉強法5選

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

皆さんがやりがちな勉強法の中で科学的にやってはいけない勉強法を5つ紹介します。
この5つの罠にはまらないように勉強をしていただきたいと思います。

効果がないということが科学的にも証明されているのに未だに学校で教えているような教師もいます。
この5つ以外にもたくさんありますが、社会人も含めて多くの人がやりがちな勉強法だけをまとめて今回は紹介します。

1. アンダーラインは意味がない

本や参考書にアンダーラインをひいたりしていませんか。やめましょう。

参考書にアンダーラインを引く方法は意味がありません。意味がないというよりは効果がかなり薄いということです。線を引いた場合と引かなかった場合で記憶の定着率は大して変わらないということが分かっています。

参考書の大事なと思った部分にアンダーラインを引いたりマーカーを引いたところを読み返すということをよくすると思いますが、脳に記憶を定着させるためには非常に効率が悪い方法です。
脳に記憶を定着させるためにはマーカーを引くよりもいわゆる単語帳のようなフラッシュカードを作ってテストやチェックをどんどん繰り返すことを行った方がはるかに定着率が高いです。

人間の脳は情報の整理が得意ではありません。整理した形にして何回も復習しないと僕たちの脳は覚えることができません
であれば、マーカーを引くことで大事な部分とそうでない部分を整理しているということにはならないのかと考える人もいるかと思いますが、参考書でマーカーを引いた部分はまだ文章として比較的長いものです。脳からするともっと短くしてほしいわけです。どこが大事なのかより端的にしてほしいし、他の周りの雑多な情報も入ってきてしまいます。

脳が余分な情報に惑わされることなく効率よくポイントを学習することができるようにすることがインプットの時にするべきことです。それ以外は模試やテストやチェックだけでいいわけです。
参考書に線を引く暇があるのであれば大事なポイントを自分でまとめてラッシュガードや単語帳を作った方がはるかに効率的です。

単語帳にまとめるのが面倒だし使わなくなってしまうという人も結構いると思います。そんな方のために僕と僕の弟が作った無料アプリ「分散学習帳」がありますので、興味のある方は是非こちらも使ってみてください。無料でフラッシュカードをたくさん作ることができるアプリで、皆さんはただ作るだけで記憶するのに最も効率の良いタイミングで復習することができるようになります。

2. 音楽を聴きながら勉強はしない

音楽を聴きながら勉強するのはやめましょう。

BGM というものは皆さんが作業をする時に基本的には悪影響しかもたらしません。
音楽を流さずに勉強した場合と音楽を流して勉強した場合を比べると、音楽を流さない方が記憶の定着率もいいということが分かっています。

ちなみに、筋トレをするときも音楽には注意が必要で、女性は音楽を流している方が筋トレの効率は上がりますが男性の場合は音楽を聴きながらすると筋トレの効率が下がるということが分かっています。
男性は筋トレをする時も勉強をする時も音楽は聞かない方がいいです。女性は筋トレをする時には音楽を聴いてもいいですが勉強する時にはやはり聴かない方がいいです。
自然音などを流すのがいいと思います。

音楽を聴いている時の方がはかどるという人は、数字でチェックした方が良いかと思います。音楽を聴いている時はドーパミンが出るので気分が良くなります。気分が高揚していることを集中して勉強することができたという達成感と勘違いしていることが多いものです。

スポンサーリンク

3. スマホを切りましょう

あらゆる実験においてスマホは勉強の大敵だということが証明されています。スマホの電源を切っても目に入るところにあるだけで気になってしまいます。目の前にあるだけで集中力が途切れてしまうのでスマホはしまっておいた方が賢明です。

4. 徹夜はやめましょう

夜更かしをして勉強しても意味はありません。徹夜は基本的には勉強に対してはデメリットしかありません。多くのデータにより徹夜は成績を落とすし論理的に考える力も記憶力も低下させるということが分かっています。

徹夜前の一夜漬けとかどうしても仕方がないじゃないかという人もいるかもしれませんが、これも本当はやめたほうがいいです。たった1日徹夜しただけでもその後4日間も脳へのダメージが残ります。ですから、テスト期間が4日間だとしてその最終日のためにどうしても仕方がなく徹夜をするというのであれば最悪いいかもしれませんが、初日にそれをすると4日間全て引きずります。
徹夜をしないでいいようにスケジュールを立てましょう。

徹夜を乗り切るテクニックも以前紹介しましたが、基本的には避ける方がいいです。

翌日のツラさ最小限の寝不足と徹夜への科学的対策

皆さん最近徹夜をしましたか? 徹夜は良くないですが、僕も学生の頃などどうしても必要な時はありました。 仕事や勉強でどうしても必要になる時はあるかと思います。 そのような時にどうすれば徹夜のダメージを避 ...

続きを見る

スポンサーリンク

5. 座って勉強することをやめましょう

なぜ学校では座って勉強させるのでしょうか。人間というものが立ち上がっている時、歩いている時が最も記憶力が高まりますし集中力も上がるということが分かっています。
これは子供でも全く同様なことで、例えば、子供を対象にした実験では立ったまま勉強するスタンディングデスクで勉強をすると子供の勉強効率は12%もアップするという結果が出ています。

テキサス A&M ヘルスサイエンスセンターの実験では、7歳から10歳の小学生を282人集めて全体の半分に分けて、

  • 椅子に座って普通に授業を行ってもらったグループ
  • スタンディングデスクで授業を行ってもらったグループ

その結果、立ったまま授業を行ったグループの子供は作業の達成度が12%アップし教師の質問に対しても手をあげる回数が増えて積極的に授業に参加するようになりました。さらに、グループディスカッションにも積極的に参加するようになり無駄話まで減ったということです。

僕もご飯を食べる時以外はほとんど椅子には座りません。会議も立って行なったり歩きながら行なっています。科学的に正しいとわかっていることですから、子供の未来を担う教育の世界の方々には今すぐ考えてもらいたいことでもあります。

以上参考にしてみてください。

科学的に正しい勉強方法のためのおすすめ動画
続・科学的に証明されている勉強法10選
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1541351644
科学的に証明されている勉強法10選
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1541058184
集中力と記憶力をまとめて2倍にする方法
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1541863683

参考文献
https://www.youtube.com/watch?v=p60rN9JEapg

タグ

-学習法・記憶法
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.