目標・成功 起業・副業

その後の人生が変わる!30代までにやるべきことTOP5

この知識はこんな方におすすめ

  • 将来成功したい
  • 人生を変えたい

はやめにしておくことで人生が大きく変わる5つの習慣

今回は、30代までにやっておくべきことトップ5として、それまでにしておけば残りの人生が良い方向にいく習慣について紹介させてもらいます。

これは、一応研究上としては20代までに始めるか終わらせておいた方が良いとされていますが、僕の経験上としても今30代だという方も間に合うと思います。
ですが、30代でもできるだけ早いうちに始めるか終わらせておいた方がいいことです。

30代までにやるべきことその1 :人間関係のバリエーションを増やしておく

人脈としては、ただ広ければいいと考えて人脈自慢をしてくる人もいますが、この人脈自慢をしてくる人は大抵の場合パーソナリティに問題を抱えています。
人脈が多いということが偉いことではありませんが、人脈のバリエーションが多いということはとても重要です。

例えば、自分が IT 業界にいるから同じIT 業界の人はたいてい友達だとか、同じ業界の中で友達を増やしてもそんなに意味がありません。
そこに注力をするぐらいであれば、自分がいる業界とは違う色々な業界の人と友達になっておいたほうが、その後の人生で大きなチャンスを手に入れることができるようになります。

これはスタンフォード大学の社会学者マーク・グラノヴェッターさんが発表した「弱い紐帯理論」と言われるもので、例えば、仕事でいつも顔を合わせる人よりも、偶然出会った人やたまたま旅行先で連絡先を交換した人のような全くジャンルは違う薄いつながりからのほうが、仕事でも人生でもそれを大きく変えるようなチャンスを手に入れる可能性が高いということが分かっています。

これは考えれば当然のことですが、強いつながりの場合には普段から接しているので情報を共有されています。
その状況で自分の人生が変わらないのであれば、全く違うジャンルの人からの情報を利用しないと人生は変わらないわけです。

30歳を過ぎてからは、人間は性格も変わりにくくなりますし人生もなかなか変わらなくなります。その頃にはある程度人生の方向性が決まってきます。
人間関係のバリエーションを増やすということは当然若い時の方がやりやすいことですから、その若い頃にこれをできるだけしておかないと、人生の袋小路に入っていき可能性を狭めてしまいます。

できれば20代のうちに、あるいは、30代でも前半のうちに人間関係のバリエーションをできるだけ増やすようにしてください。
それがその後の人生で大きく影響してきます。

人間関係のバリエーションを増やして、それを全て保つ必要はありません。
実際に付き合ってみて、自分には合わないジャンルの人や気が合わない人は別に切っても構いません。
いずれにしても一旦人間関係のバリエーションを増やした上で、それを絞り込むということをした人は、そうでない人に比べて人生の幸福度が高くなったり、仕事上のパフォーマンスも上がったりするということも分かっています。

広げた人間関係をずっと保たなくても構いませんので、30代までの間には一度できるだけ人間関係のバリエーションを広げることを意識しておいてください。
一旦人間関係は広げておいた上で、40代50代にかけて徐々に絞っていくというのが、より良い人生のためには重要なことです。

スポンサーリンク

30代までにやるべきことその2 :自分を知る

この自分を知るというのは「自己省察」という能力を鍛えてほしいということです。

自分が人生で何をしたいのか?

人生で何をしている時が一番楽しいのか?

このようなことを理解しありのままの自分をちゃんと見極めるという自己省察を20代のうちからしておくと、やはり、人生の目的がなんとなく見えてきます。
もちろんこの人生の目的は変わる可能性もありますが、人生の目的を持っておくことがとても重要です。
人生の目的を持っている人の方がメンタルが強くなったり、仕事の効率も良くなるなど様々なメリットがあります。

ここで言う人生の目的というものは「〇〇歳までに年収1千万円になる」というようなことではありません。
あくまで価値観の問題です。

僕の場合であれば、「自由と好奇心」というのが自分の人生のテーマで、この自由と好奇心を最大化するのが人生の目的です。
ですから、僕はもっと自由になりたいと思っているし、もっと自分の好奇心を満たすために、今までにしたことがないことにも挑戦してみたいし新しい事も知りたいと思っています。現状や場所に縛られないで色々なことをしたいと思っています。

スポンサーリンク

このように自分の価値観が決まると、仕事上や人生での意思決定をする際の判断基準にもなります
僕は以前にとあるネット番組のオファーがありました。その番組は毎日ライブ配信で放送をして1日当たりの拘束時間が1時間から2時間ぐらいでした。
それで1日あたり30万円ほどもらえるということでしたから、1年間で考えると1億ぐらいにはなる話でした。
その金額は当時の僕の年収ぐらいでしたから、自分の今の年収と同じくらいの収入が保証される話だったわけです。

ですが、当時その話に飛びついていたら、今のように YouTube をしたり D ラボをしていることはありませんでした。
全く自由な人生ではなくなっていました。

僕はこの仕事の依頼をいただいた時に、この自己省察を行ってこの仕事で自分の自由と好奇心は満たされるのだろうかということを考えました。
その結果、自由と好奇心が満たされることはないとなり断ったほうがいいという判断に至りました。
そのおかげで今自由に仕事ができているわけです。

このようにできるだけ若いうちに自己省察をしておくと、20代から30代の頃の最も仕事でも大きく成果を出すことができるであろう可能性に溢れて、そこで人生の先が決まるようなタイミングで、変な仕事に惑わされて時間を無駄にしたりすることもなくなります。

自分と向き合い自分を知るという点でこの自己省察というものを身につけておくことは、人生にとってとても重要なことだと思います。

自分を知るためのおすすめ

この自己省察については、僕のDラボの方でも詳しく解説した動画がありますので、そちらを見てもらってもいいと思いますし、本で学びたい場合にはこちらの本がとても役に立つと思います。

スポンサーリンク

30代までにやるべきことその3 :モテる

これは別にモテなくても構いませんが、実は恋愛経験をたくさん積んでおくということが若い頃には重要で、できればこれは学生時代のうちにしっかり経験しておいてほしいことです。

長続きする恋愛を経験すると、それにより人間関係における問題解決の能力が高まるということが分かっています。
つまり、長く続く恋愛を経験した人は、人間関係の問題解決が上手くなるということです。

その恋愛の期間としては少なくとも特定の相手と半年以上の関係と考えてください。
短期的な恋愛ばかりを繰り返すのではなく、少なくとも半年以上続くような恋愛をできるだけ経験しておくと、人間関係で問題を抱えづらくなるし、仮に問題を抱えたとしてもそれを解決しやすくなります。

30代までにやるべきことその4 :運動習慣をつくる

30代に入ってくると肉体も精神も一気に痩せづらくなってきます。
人によっては習慣を変えづらくなったり、性格も変わりづらくなるという傾向が強くなってきます。

そうなると、20代の頃に普段から運動習慣を身につけたり体を鍛えるということをしておかないと、肉体は代謝が落ちて痩せづらくなる上に、性格を変えたり習慣を身につけることも難しくなるので、どんどん太りやすい体質に変わってしまうわけです。

体に余計な脂肪がついたりすると、自分の体に対する満足度であるセルフボディイメージが低下します。
それにより自分に自信が持てなくなってしまったり、色々とメンタルに問題を抱えやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

30代までの間に運動習慣を身につけておきましょう。
これは別にジムに通ったり本格的な事をしなくても構いません。自宅で自主トレーニングでもいいでしょうし新しくスポーツをしてみるということでもいいと思います。
週に2回から3回ぐらいは運動する習慣を30代までに身につけておくようにしてください。
もちろん30代に入ってからでも遅いということはありませんので、30代だからといって諦めずに何か始めてもらいたいと思います。

僕は27歳ぐらいの頃に今は通ってないですがライザップに通いました。
やはり、30代までの間にそれまで自分が一番苦手だったことを得意にしておいたら人生変わるだろうと思い運動習慣を身につけました。
実際にこれが僕の人生を大きく変えてくれたと思っています。

30代までにやるべきことその5 :投資を始める

特に日本人はそういう人が多いですが、多くの人が仕事でお金を稼いでそれをどう使うかということしか考えていません
稼いだお金を消費して、また稼いだお金を消費して・・・というループの中で暮らしています。

これは貧乏へと続く道です。
過去に D ラボの方でミリオネアルートと題して、億万長者になるためにはどのようなことをすればいいのかという事を調べた研究をもとに解説したことがありますが、これによると、ミリオネアと呼ばれる人たちは、例えば、芸能人で一気にお金を稼いだとか会社をバイアウトして大金を稼いだというような人がごく一部の人だけで、ほとんどの人たちはごく一般的な仕事をしていて、自分の仕事で稼いだお金を無駄に使うことをせず地道に投資に回すことによって、結果的に大きな財産を手に入れていたということです。

無駄な消費を極力減らして投資で得た利益で生活をするということをすれば、当然ですが自分の資産はどんどん増えていきます。
そうなれば僕たちの人生というものはどんどん楽になってきますので、そのような生き方を目指したほうがいいと思います。

このような投資の話になると、特に日本人の場合にはリタイヤした時に退職金を銀行に預けて、そこから始めて投資を始めるという人が多いと思います。
そもそも投資というものは短期間で儲けようと思うととても難しいものです。
投資というものは短期間で儲けるものではなく、雪玉のように長い時間をかけて徐々に増やしていくものです。それが一番安全で稼げる道です。

スポンサーリンク

投資を学ぶためのおすすめ

日本経済新聞出版社
¥2,200 (2021/05/18 00:09:40時点 Amazon調べ-詳細)

投資を学ぶにはこれらの本がおすすめですが、例えば、世界的な投資家であるウォーレン・バフェットさんは確か10歳ぐらいの頃から投資を始めていました。
自分が投資の世界で成功した理由としては、幼い時から始めていたからだと言われています。

少ない資産でも長い間運用すればするほどどんどん大きくなっていきます。
大きなリスクを取ったり全財産を投資する必要はありませんが、自分のできる範囲で投資を始めるというのは30代までにしておいた方がいいことです。
それにより人生が大きく変わることになると思います。

自分のお金を出してみることでビジネスに興味を持てるということもあります。
自分で副業を始めたり独立して起業したりするというのはなかなか難しいと思いますが、この自分のできる範囲の投資であれば出来ると思います。
ほんの少しでもいいので投資を始めるとビジネスやお金のことに対して興味を持てるようになります。
そうなるとそこから学びが広がっていきます。
お金の事を学ぶにはとりあえず少しでもいいので投資を始めてみるというのが一番いい方法だと思います。

スポンサーリンク

ちなみに、投資では専門的な考え方も重要ですが、やはりメンタルの安定性も重要だと思います。

投資でも必要なメンタルの安定性のためのおすすめ


【無料】自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス
※Audible無料体験

マインドフルネスや瞑想でメンタルを鍛えるというのも投資では役に立つことだと思います。
こちらは僕の本ですが、今なら Amazon のオーディオブックであれば1人1冊ですが無料で聞くことができるキャンペーンの対象になっています。

英国投資家に学ぶおすすめ

それでも投資はよくわからないし怖くてできないという方はプロの投資家に話を聞くのがいいと思います。
この投資の授業に関しては、イギリス在住の凄腕のプロの投資家で僕の投資の先生がいて、この方と僕が投資に関する対談をしている動画がありますので、こちらも今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

ウォーレン・バフェットさんたちも使っている投資で役に立つテクニックを初歩から解説した内容になっています。
こちらも参考にしてもらいながら投資を始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック

今なら20日間無料!

【超投資力】英国投資家が徹底解説!ウォーレン・バフェットの投資手法の秘密とは?
今回の参考
日本経済新聞出版社
¥2,200 (2021/05/18 00:09:40時点 Amazon調べ-詳細)

【無料】自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス
※Audible無料体験

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功, 起業・副業
-, , , ,

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog