メンタル強化

ムダに不幸になる原因TOP4

この知識はこんな方におすすめ

  • 幸せになりたい
  • 不幸になりたくない

『嫌われる勇気』の嘘

今回はシリーズで続けてきた『嫌われる勇気』の嘘についてです。
科学的に正しいアドラー心理学の最後になります。

【ベストセラー】嫌われる勇気の嘘を暴いてみた

アドラーが言っていることと『嫌われる勇気』の主張には食い違う部分もありますし、アドラーが言っていることの中で科学的に間違っていることもあります。これらを科学的に正しく考え直すことをしてみたいと思います。

続きを見る

『嫌われる勇気』の中にも科学的に見てかなり正しい部分もあります。
今回は正しいところも含めて解説させてもらいます。

自ら不幸を選ぶ人は存在するのか?

『嫌われる勇気』の中でも最大の暴論と言える主張があります。
冷静に考えれば誰でもわかることですが、精神的に追い詰められている状況にある人がこの本を読んでしまうと、それを信じてしまう可能性があるので、まずはこれについて警鐘を鳴らさせてもらいます。

最後の頃に出てくる主張として「あなたの不幸はあなたが選んだもの」とされています。
要するに、人は不幸になるのではなく、今自分が不幸だと感じていたとしても多くの人は変わりません。
それはなぜかと言うと、不幸だという環境を変えない方が楽だからです。

人は基本的に環境が変わることを恐れますし現状維持を求める性質があります。
自分が不幸だと感じていても、その不幸であるという環境を変えない方が変化に向き合わなくていいので楽なわけです。

だから、人は自分から不幸を選んでいるのだと『嫌われる勇気』の中では主張するわけです。

真実1 :普通に暴論

『嫌われる勇気』の中では、自分が不幸だと言う人に対して、「あなたは怠惰で楽をしたいから自分で不幸を選んでいるだけだ」という話に普通に読むとなってしまいます。

これを心理学的にみるとそもそも暴論です。

例えば、今であればウクライナの国民の人たちはどうでしょうか?
ロシアに攻め込まれて大切なものを全て失った人たちがたくさんいます。
それに対して「あなた自身が選んだ不幸だ」と誰が言えるでしょうか?

生まれつき先天的な病気や障害を抱えてしまう人も少なくありません。
病気や障害まで行かなかったとしても、HSP や ADHD などで苦しんでいる人たちもいます。
自分の問題で悩んでいる人に対して「それはあなた自身が選んだものだ」と誰が言えるでしょうか?

僕は共感能力が低いので時に言ってはいけないことを言ったりもします。
誰にでも同じような問題は少なからずあると思います、このような特性もある程度は生まれつきのものです。

これらを全て自分が選んだ不幸だと言うのは完全に暴論です。
もちろん、自ら不幸を選んでいると言えるような人もいるとは思いますが、そこまで言い切ってしまうと、自分が選べない本当に不遇な状況で不幸になっている人は2次被害につながってしまう場合もあります。

真実2 :ただし一部の人には正しい

自分で不幸を選ぶ人間なんていないと考える人もいるでしょうが、今回参考にしている研究によると、一部の人が自分の不幸に苦しみながらも、あえてそれを解決しないということを指摘しています。

自分で不幸な状況を選んでいるというよりは、不幸な状況を解決したり脱出しようと思わない人が中にはいるということです。

世の中には自分で不幸を選ぶ人もいれば、ウクライナの人のように決して自分たちが望んだわけでもなく、他者から強制的に与えられた不幸もあります
そこは間違わないようにしなければいけません。

それでは、自分が今抱えている問題や不幸は自分が選んだものなのでしょうか?
あるいは、今は特に問題もなく上手くいっていたとしても、問題を抱えたり不幸になった時に自分はそこから脱出しようとするのでしょうか?

不幸を選ぶ人の4つの特徴

このような点を考える上で重要になるであろう4つのポイントを紹介しておきます。
不幸を自ら選んでしまう人の4つの特徴です。
危険な兆候かもしれませんので思い当たるところがある人は気をつけてください。

①根深い不安&自尊心欠如:自分は幸福に値しない

根深い不安を抱えて自尊心が欠如している人は、自分は幸せに値しないと考えてしまいます
自分は幸せになる価値なんてない人間なんだと思ってしまいます。

心の奥底に強烈な不安を抱えていたり、ありのままの自分を認められない人もいると思います。
このような人たちは自分は幸せになるに値しないと考えてしまいます。
結果的に、幸せになれそうな解決策が目の前にあるのに手を出さないということになります。

幸せになる価値がない人間なんていません。
それなのに、幸せになれるかもしれないと思ったのに手を引っ込めてしまう可能性があります。

自己肯定感や自尊心を改善する方法については、Dラボでも色々と紹介していますのでここでは詳しく解説しませんが、今回のおすすめの動画やおすすめの本を参考にしてみてください。

②毒親に育てられた:愛と成功と不幸を同一視

毒親という言葉はあまり好きではありませんが、そのような親がいることは確かです。
躾が過度に厳しすぎたり非現実的な期待を押し付ける親です。

このような親に育てられてしまうと、愛と成功と不幸を同一視してしまうという状況に陥ってしまいます。
つまり、「愛されているということ」と「成功するということ」、そして「不幸であること」が全て一緒のことのようになってしまいます。

親から過度に厳しすぎる躾を受けたり非現実的な期待を押し付けられて不安や不幸を感じているのに、それしか親からの愛はありませんでした。
それが自分にとっての成功の基準になってしまいます。

これもかなり危険なので、認知行動療法や ACT などを使って子供時代のゆがんだ思い込みを改善してください。
これについてもおすすめの動画や本を参考にしてください。

スポンサーリンク

③トラウマ:無意識の不幸な現状に戻りたい欲求

トラウマやネガティブな体験は存在します。
このトラウマやネガティブな体験に悩まされて、結果的に、自分の不幸な現状に戻りたいという欲求につながってしまいます。

トラウマや根深い不安を抱えている人は状況が変わることを恐れます。
今という現状がどんなにつらかったとしても、そこから動こうとしなくなってしまいます

トラウマや幼少期のネガティブな体験で悩んでいる人は、「これ以上悪くならないように」と考え変化することを避けようとします。
これは学習性無力感と言われるものですが、無意識のうちに不幸な現状に戻りたいという欲求が生まれてしまいます。

これも認知行動療法で改善することができますので、Dラボやおすすめの本も参考にしてみてください。
重要なのは認知の歪みを治していくことです。

④幸福を知らない:幸せの予感に恐怖感

幼い頃や学生の頃に「幸せだ」と感じる経験があまりにも少ないと、幸せの予感に恐怖を抱くようになってしまいます。
幸せというものは未知のもので幸せが何なのかを知りません。

子供の頃であれば未知のもの、知らないものでも飛びついて行くことができます。
大人になると知らないものは怖いものになります。

大人になるまで幸せを知らなかった人は、幸せの予感に恐怖を抱いてしまい、結果的に自分で不幸を選ぶ人間になってしまいます。

全ての人が自分で不幸を選んでいるわけではありません。
ですが、中には自分で不幸を選んでしまう人もいるということを覚えておいてください。

では、自分から不幸にならないために僕たちはどのように対策すればいいのでしょうか。
この対策と『嫌われる勇気』のタイトルの言葉はまさに正しくて、嫌われる勇気を持つことはとても正しいことです。
嫌われる勇気を持つことがなぜ大切で、どうすればその嫌われる勇気を持つことができるのかということまで解説していきます。
続きは、Dラボで解説していきますので、そちらもチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

\嫌われることを恐れない人間になるには/

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

【ノーと言える人になる】ための3週間トレーニング

【ノーと言える人になる】ための3週間トレーニング

面倒な頼みを秒で断る5つの話術【カリフォルニア大学研究】

面倒な頼みを秒で断る5つの話術【カリフォルニア大学研究】

ストレスたまるイエスマンを卒業する方法【メイヨークリニック研究】

ストレスたまるイエスマンを卒業する方法【メイヨークリニック研究】
\本日のオススメ📚/

本日のおすすめワイン
SDGsに基づく有機農法ワインの3本セット

直輸入&独占販売で値段を抑えて、価格はスーパーのちょいいいワイン、味は高級レストランので出るワインをセレクトしました。

1. シャトー・ラ・カドリー(ボルドー白)
今再注目のボルドーの白。
有機栽培したブドウを使ったワイン

2. ドメーヌ・ド・ラ(カスティヨン・コート・ド・ボルドー赤)
世界的有名なワインコンサルが個人的に造る超掘り出し物

3. ドメーヌ・フェレール・リビエール(IGP コート・カタラン赤)
樹齢 143 歳のブドウから造られる大地のパワーワイン

ノーブランド品
¥17,200 (2022/06/28 20:16:14時点 Amazon調べ-詳細)

\おすすめACT本3点セット/

幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない: マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門

相手は変えられない ならば自分が変わればいい: マインドフルネスと心理療法ACTでひらく人間関係

自信がなくても行動すれば自信はあとからついてくる ――マインドフルネスと心理療法ACTで人生が変わる

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:David Sack M.D. Where Science Meets the Steps Are You Addicted to Unhappiness? Is there a certain comfortable familiarity with being dissatisfied? Posted March 5, 2014 | Reviewed by Devon Frye
http://web.mit.edu/ariely/www/MIT/Chapters/happy1.pdf
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3160511/
http://www.positivepsychologycanada.com/
http://www.unc.edu/peplab/publications/Catalino_Algoe_Fredrickson_2014.pdf
https://doi.apa.org/doiLanding?doi=10.1037/bul0000138
Kaufman SB, Jauk E. Healthy selfishness and pathological altruism: Measuring two paradoxical forms of selfishness. Front Psychol. 2020;0. doi:10.3389/fpsyg.2020.01006
Martínez R, Senra C, Fernández-Rey J, Merino H. Sociotropy, autonomy and emotional symptoms in patients with major depression or generalized anxiety: The mediating role of rumination and immature defenses. Int J Environ Res Public Health. 2020;17(16):5716. doi:10.3390/ijerph17165716

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化