メンタル強化

他人の期待を無視すべき3つの理由

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

完璧主義対策です。
完璧主義にも色々とあり、例えば、みんなに好かれたいとか誰にも嫌われたくないというのも完璧主義です。このような完璧主義はメンタルに非常に良くないです。
全員と仲良くしようとか、全てをそつなくこなそうとか、完璧にしないといけないというのはメンタルを病んでしまう考え方です。

現代人に完璧主義が増えている?!

完璧主義はネガティブな感情に振り回されてしまったり誠実性がなくなり物事をコツコツと進めることができなくなってしまったり、人生で失敗が増えてしまうということが分かっています。
このような完璧主義が実は現代人に増えています。
90年代ぐらいからこの完璧主義思考が増え始めていて、これが僕たちがなんとなく感じる特に不満もないしある程度好きなこともできて暇つぶしになるエンターテイメントもいくらでもある状況にもかかわらずなんとなくもやもやした不安を感じてしまうということを引き起こしているのではとされています。

完璧主義がどのように危険で、その完璧主義からどのようにすれば抜け出すことができるのでしょうか。
自分には関係ないと思っていても気づかないうちに完璧主義になっている人もいます。例えば、何か新しいことを始めたり旅行やスポーツなどを始めるときにもすべての準備を整えないと不安だったり、必要な道具が全て揃ってからでないと怖くて始められないというような、全ての条件が揃わないと行動できないというのも完璧主義です。
完璧主義な人は自殺率まで高まってしまいます。それほどプレッシャーを無駄に感じすぎてしまうということです。同じ環境で同じ行動をしたとしてもメンタルを病みやすくなってしまいますので対策をした方が良いのではないでしょうか。
完璧でないとやる気がしない、完璧でないと行動するのが怖い、完璧にわかっていないと失敗するのが怖いので挑戦することもやめてしまうというのも完璧主義です。極端に失敗を恐れ新しいチャンスが恐怖でしかなくなってしまう人です。

完璧なことなんてありえないので未知なるチャンスがすべて怖くなってしまいます。完璧主義になればなるほど新しいチャンスはつかめないので、どんどん完璧とは程遠いような人生になってしまいます

どうすれば完璧主義を直せるのか話をすると、適当でいいと考えてしまう人もいますがそれでは解決になりません。なぜ自分が完璧主義になってしまったのかという根幹の部分を知らないと対策ができません。完璧でなくていいとか8割程度でいいと考えるのが完璧主義の対策だという人がいますがそうではなく、完璧主義の人がなぜ完璧主義に陥ってしまったのかということを理解した上で対策しないといつまでたっても治りません。
完璧主義も使い方を少し変えるだけで現実的な力に変えて成功することもできます。

完璧主義になった時に皆さんの身に起きる恐怖

1. ネガティブな感情に振り回される

自分の内側から湧いてくるネガティブな感情ももちろんですが他人から言われたネガティブなことにも敏感に反応し過ぎてしまいます。自分がみんなから評価されなくてはならないとか嫌われたくないという思いが強すぎるために、ちょっと何かを言われるだけで極端に振り回されてしまいます。

2. 誠実性が減る

誠実性とはコツコツ物事を成し遂げたり計画的に行動を行ったりすることができる性格特性ですが、完璧主義になるとこの誠実性が減ってしまいます。完璧を求めているにもかかわらずコツコツ物事を進めたり計画的に何かを達成しようと思い頑張るということがなくなってしまいます。無計画になってしまい失敗しやすくなるので怖くなり新しいことに挑戦したりすることもできなくなってしまいます。

3. 人生で失敗が増える

新しいことに対する挑戦が怖くなり減ってしまいますので、時代の変化についていけなくなってしまいます。さらにネガティブな感情に振り回されやすくなる上に、無計画になってしまうので大きいことができず手近な仕事ばかりに手をつけてしまいます。ですから、いつまでたっても現状が変わらないのに自分の心は自分がもっと評価されるべきだとありもしない完璧を求めてしまうという状態になってしまいます。こうなると一生苦しんでしまいます。

これらの三つを避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

なぜ完璧主義が増えているのか?

この三つの危険な完璧主義が90年代から激増しているということがメタ分析により分かっています。
完璧主義が危険だというデータはたくさんありますが、完璧な状態を求めようとする人であればあるほど自殺率が高くなるというメタ分析があります。
完璧主義な人とは、ミスがない状態を目指すがあまりプレッシャーが極端に高くなってしまいます。適度なプレッシャーは僕たちのモチベーションを上げてくれたり緻密に細部を見ようとする能力を高めてくれますが、あまりにもプレッシャーが高くなってしまうとメンタルはやられてしまいストレスが積もり積もってしまい新しいこともできなくなってしまいます。プレッシャーは低すぎると緊張感がなくなってしまい観察力が落ちてしまうので自分の限界を超えることが出来なくなってしまいますが、高くなりすぎると何も出来なくなってしまいます。このバランスをとるためには完璧主義が良くないということです。

例えばダルハウジー大学の研究で完璧主義が90年代から増えているとされています。これは過去に行われた完璧主義に関する研究の中から77件を集めておよそ25000人分のデータをまとめたメタ分析で、被験者は15歳から49歳までの学生を中心としたデータセットでそれを分析したところ、現代の若者に完璧主義が増えているということがわかりました。特に90年代からの増加率が著しく大きく比較的若い人が気づかないうちに完璧主義になってしまっているということです。

比較対象が多くなればなるほど完璧主義になりやすくなります。つまり、社会の競争が激しくなってしまい、若い世代でも身の回りの同じ世代にすでに大きな成功を成し遂げている人も出てくるからです。昔は学生の頃の競争というと学校の授業や部活ぐらいで人生を決めてしまうような大きな差は生まれませんでしたが、今は例えば Twitter のフォロワーの数であったり小さな子供や学生でもユーチューバーなどで大金を稼ぐこともできるようになりました。そういう意味で競争が激しくなってきたからではないかとされています。
SNS などの発展により個人の生活やランキング・パフォーマンスなどが見えやすくなったということもあります。裕福な家庭はいつも旅行に行ったり美味しそうなものを食べたりしているとか、彼氏彼女と楽しそうにデートしているといった投稿を目にすると、こんなに生活が充実したり成功している人がいるのに自分はなんてダメなんだろう、もっと完璧を目指さないといけないとなってしまうということです。このような個人の差が見えることによって完璧主義が増えているのではないかとされています。

この研究では完璧主義がその後どうなるのかということも調べてくれています。
結論としては、完璧主義は年齢を重ねれば重ねるほど失敗しやすくなるということが分かっています。つまり、完璧主義は若いうちに対策をしたら良いですが、そのまま年を取ってしまうとその分チャンスを逃してしまうということです。若い頃に完璧主義は対策をしておかないと年をとればとるほど挑戦もできなくなり脳が萎縮して認知症になりやすくなったり人間関係まで損なわれるということが起きやすくなります。

無駄なプレッシャーに振り回されないための完璧主義のトリセツ
続きは▶️ https://www.nicovideo.jp/watch/1553672586

これらの記事も参考にしてください↓

完璧主義と自己批判が先送りの原因!

先延ばしの心理学です。 人がなぜ先延ばしをしてしまうかというと、面倒なことから逃げたいからです。逃げたいという感覚が先延ばしを生んでしまいます。 例えば、完璧主義になると、失敗することに対するストレス ...

続きを見る

いつになっても自信が持てないなら…

自信がない人が自信を持つにはどうすればいいのでしょうか。 自信がないということはいいことではありませんが、「自信を持て」というアドバイスはもっとよくありません。自信がない人に自信を持てと言ったら、余計 ...

続きを見る

参考文献
https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/1088868318814973
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0192022
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jopy.12333?campaign=wolacceptedarticle
https://www.researchgate.net/publication/325917046_Is_Perfect_Good_A_Meta-Analysis_of_Perfectionism_in_the_Workplace

タグ

-メンタル強化
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.