お金・ビジネス 目標・成功

ハーバードが警告【やばい転職先トップ3】

この知識はこんな方におすすめ

  • 転職したい
  • 就活中

絶対にしてはいけない3つの仕事の決め方

就職や転職といった仕事選びで絶対にしてはいけない3つの仕事の決め方について紹介させてもらいます。

これはもともとはハーバードビジネススクールの研究チームが発表しているもので、結局、仕事で失敗する人やうまくいかないという人は視野がかなり狭まっている状態で物事を決めているということが分かっています。

転職をする時であれば、当然ですが仕事をしている間に新しい経験を積んだり、その業界のことや仕事の進め方などさまざまな経験を培って多くのことを理解した上で次の転職先を考えると思います。
例えば、新卒で就職する際にはあまり理解も少ない状態で就職先を決めてしまったけれど、この業界にはあまり将来性がなかったとか、自分はその業界で手に入れたスキルや人脈があるからそれを活かして新しい業界に挑戦してみようというように考えて、自分の人生経験が増えてから転職を決めていくというのが普通だと思います。

つまり、経験や知識が増えてから次の仕事を決めていくわけですから、いわゆるより良い仕事へのキャリアアップというものができていくはずなのに、なぜかその仕事選びというものは4割もの確率で失敗するということが分かっています。

4割の人たちが新しい仕事に移ってもすぐに辞めてしまうことが多いということです。
つまり、そんなにも多くの人たちが仕事選びに失敗しているわけです。

なぜこのような失敗が起きるのかというと、視野が狭まっている視野狭窄が大きな原因だとされています。

今回は、この視野狭窄になってしまい仕事選びに失敗してしまう3つの条件を紹介させてもらいます。
皆さんはこの3つだけはぜひ避けて仕事を選ぶようにしていただきたいと思います。これはアルバイトでも使うことができると思います。

絶対にしてはいけない仕事選びその1 :お金に釣られて選ぶ

普通に考えると、給料が良くなったり待遇が上がるのであれば仕事としては良いのではないかと考える人もいるとは思います。

もちろん給料が良くなること自体はいいことです。
とても良いことではありますが、給料が良くなるという理由だけで考えてしまうと危険です。

お金というものはとても人間の意識を惹きつけるもので、特にお金がない人はお金に関する判断を間違えやすいということがあります。
お金が足りないという感覚はそれだけで人間の IQ を下げるものですから、給料アップだけをベースにして仕事を選んだり転職を決めてしまうと、それ以外のことを考えられなくなってしまいます

こうなると収入は増えますがそれまでに得た経験や知識、人間関係などを考えることができなくなり全て失ってしまうというケースも少なくありません。

実際に、この給料に対する満足度というものは給料の額に比例するものではないということも分かっています。
例えば、20万円と60万円の給料では60万円の給料の方が絶対にいい生活もできるでしょうし満足度も上がると考えると思いますが、自分の職場に仲の良い友達が3人いるだけで給料に対する満足度は3倍ぐらいに上がるということも分かっています。

仕事のモチベーションを700%アップする!人生を変える友人と人脈の科学

友達の選び方どのような人と付き合うかによって人には大きな違いが現れます。どのような人と付き合えば自分の人間関係は充実して仕事でも出世しやすくなるのでしょうか。

続きを見る

ですから、全く友達もいないギスギスした職場で60万円の給料をもらうということに対する満足度と、仲の良い友達がいて楽しく働くことができる職場で20万円の給料をもらうということに対する満足度は同じぐらいになってしまうということです。

ですから、広告代理店や証券会社などで働いていてとても高い給料をもらっているのに、友達もいなくて楽しくないので、せっかく稼いだお金をギャンブルに使ってしまったり女の子に貢いでしまったりといった間違った選択をして失敗する人もいますが、これはまさにこのお金に釣られて決めてしまったことによるのかもしれません。

お金のこと以外考えられなくなってしまうので、そのせいでその仕事に対する喜びであったりそこでの人間関係、自分自身の成長というものに目を向けることが出来なくなってしまうということが結構起きるそうです。

お金だけで判断するのが良くないわけですので、お金を見る前に、自分がどんな仕事をしたいのかとか、自分の仕事と生活のバランスを考えてみるということも必要です。
例えば、自分は給料よりも自由な時間を増やすことに重きを置くとか、給料は自分の頑張りに比例して上がるところがいいとか考えて、お金以外の部分にも条件を求めるというのがいいと思います。

絶対にしてはいけない仕事選びその2 :逃げで職業を決める

これは多くの人がしてしまいがちな間違いですので気をつけていただきたいところです。
今の仕事に不満があるからその仕事を辞めて転職をするという考え方です。

多くの人が、転職をする際に今の職場が気に食わないから、今の仕事が嫌だからという理由で転職を決めてしまいます。
これは、今の仕事が気に食わないからといって転職するべきではないと言っているわけではなく、やりたいことがあるからそこに転職をすると言うのであれば構いませんが、「やりたくないこと」をベースで仕事を決めるのが良くないということです。

いわゆる現実逃避で仕事を選んでしまうと、その先でまたすぐ仕事を辞めることになってしまいます。
不満があると仕事を辞めるという癖がついてしまうと、自分の能力を上げたり仕事上の人間関係を改善するという工夫をしなくなってしまいます

やはり、仕事において全ての仕事が好きになれるような仕事というものはありません。
僕も好き放題しているように見えると思いますが、やはり書類仕事は面倒だったり打ち合わせが苦手だったりするので、そんな面倒な仕事も実はかなりあります。

そんな面倒なことが少しでもあるとそこから逃げて辞めてしまうという癖がついてしまうと、それ以外のせっかくの良い条件やメリットに目を向けることもできず、嫌なところばかりを探して現実逃避を続けるという生活になってしまいます。

これを続けていると収入はどんどん落ちていきます。
なぜかと言うとできることが少なくなっていくからです。
これは自分で独立してビジネスをする時も YouTuber などに挑戦してみる時も同じですが、どこが悪いのだろうかと考えて改善することを続けることが大切です。
料理でもどこを工夫したらもっと美味しくなるだろうかと改善を考えるはずです。

このような改善をすることによって物事というものは成果が出てくるものです。
それなのに逃げて仕事を転々とするということをしてしまうと、この改善能力が低下していきます
そのせいで収入までどんどん落ちていくということになるわけです。

これは人間関係でも全く同じことが起こります。
もちろん、嫌な人と無理をして付き合う必要はありませんが、全てを愛せる人というのはいないわけですから、誰にでもいいところもあれば微妙なところもあります。
ですから、それぞれその微妙なところを避けて付き合いを考えることも必要になります。

例えば、この人とは仕事は一緒にすることはないけれど食事はよく一緒に行くし楽しいとか、特に趣味があったり話が合うわけでもないけれど、仕事においてはいつもきっちりとしてくれるので助かるとか、人間関係においても逃げるのではなく改善することが重要になります。
このようなこともできなくなってしまいますので、逃げで仕事決めるというのはよくありません。

ですから、今の仕事が嫌だと思った時には、仕事が嫌だから転職するというのではなく、今の仕事は嫌だけれど割り切ってすることはしようと考え、そんな中でそのまま成長性のない仕事をするのは嫌だからとか、自分がこれから本当に挑戦してみたいことに目を向けてみてください。
例えば、これから自分でも身につけてみたいスキルについて考えたり、これから自分はもっとワークライフバランスの整った仕事をしてみたいとか、もっと自分の頑張りが評価される仕事に就きたいとか考えて、あくまで自分の将来の設計のために仕事を決めるようにしたほうがいいということです。

ネガティブを避けるための転職は失敗してしまいやすいですし、それを重ねれば重ねるほど収入は低下していくので気をつけてください。

絶対にしてはいけない仕事選びその3 :自信が不適当

自信が過剰か不足しているかのどちらかです。
自己評価が高すぎる人も低すぎる人も転職や就職ではうまくいかないということが分かっています。

自信が高すぎると、自分はどんな会社に行ってもやっていくことができるとか、自分はもっと評価されるべきでありそんな自分を評価しないこの会社はまちがっていると考えてしまう人もいると思いますが、自分にも問題があるのではないかと考えることができない人は成長することはありません。

ですから、頑張って転職を重ねてキャリアアップしようとか、仕事の中で頑張って上を目指そうとしても、自分自身の成長がないのでどうしても頭打ちになってしまいます。

これに関しては Google が採用試験でも最も大切にしているとされている知的謙遜という特性があり、これは自分はまだまだだと考えて成長しようと考えたり周りを見る能力のことです。
このような特性も低くなるので、成長することがなく成果や結果を出すことはできにくくなります。

逆に、自信がなさすぎるのもよくありません。
自信がなさすぎると、転職しようとか新しい仕事に就こうとしても、自分は能力が低いからそんな新しいことはできないとか、自分にはあんないい会社は向かないと考えてしまい、自分から可能性に対するチャレンジをやめてしまうことになります。

ですから、自信過剰も自信がなさすぎるのも可能性を逃してしまうことになります。
自信過剰だと自分の成長の可能性を見失ってしまい、自信がなさすぎると結局目の前に現れたチャンスもみすみす逃してしまうことになります。

どちらも良くないので、自分の自信が正しい状態にあるのかということを確認する必要があります。
これは人に相談してみたり自分の転職について相談できるような友達がいるといいと思います。

会社以外の友達が大事だというのはこの点もあると思います。
同じ会社の人に転職について相談するわけにもいかないでしょうし、職場とは関係のない友達を持っていると、このような時に客観的に自分を見るためにも助かるはずです。

視野が狭まった状態で選ばないように!

仕事探しで失敗してしまう人の3つの特徴について紹介させてもらいました。

お金に釣られて仕事を決めてしまう

現実逃避で仕事を決めてしまう

自信過剰もしくは自信が低すぎる

いずれにしても視野が狭まっていることが問題です。
仕事選びに関する研究はたくさんありますが、そのほとんどが視野が狭まっていることが原因だとされています。

例えば、他人の紹介だけで仕事を決めてしまうとか給料だけで決めようとしたり、特定のポイントだけに条件や選択肢を絞ってしまい決めると大体の転職は失敗します。

ですから、皆さんは複数の選択基準を持つようにしてください。それをチェックリストのようにしておいてもいいと思います。

例えば、社内の人間関係・会社の成長性・給料・自由な時間・自分のスキルの成長というような5つの観点から決めると決めておいて、その複数の選択基準から仕事を選ぶようにするというのは考えてみたほうがいいと思います。

転職自体は決して悪いことではありませんので、少なくとも今回のつの罠からは抜け出してもらい仕事を選んでもらえると良い仕事が見つかると思います。

さらに仕事選びを理解するためのおすすめ

さらに、オックスフォード大学が行ってくれた職業選択の研究から詳しく解説した動画を今回のおすすめ動画として紹介しておきます。

幸せになる仕事の選びかた9つの法則~Oxford大学式 キャリアと職業選択の科学

こちらの動画では仕事選びに失敗しないためのより具体的な方法について解説しさせてもらっています。

仕事選びに必須のおすすめ本

今回のおすすめの本としては、今回の参考文献でもありますが仕事選びに役に立つ本を紹介しておきます。

今回のような仕事選びの失敗であったり、いい仕事を選ぶためにはどうすればいいのか、仕事上の人間関係などのさまざまな問題を解決するにはどうすればいいのかということを教えてくれる本です。
仕事選びの真髄がほぼ紹介されている本ですので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックが無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画

今回のおすすめ本

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、ニコニコチャンネルの動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス, 目標・成功
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog