お金・ビジネス

1時間で17万収入を上げる方法

1時間で17万収入を上げる方法

DaiGo MeNTaLiST

週に1時間で年収17万円の差が!?

週に1時間するだけで1時間毎に年収で17万円も損をしてしまうという危険な習慣があります。

ウィリアムズ大学のワーキングペーパーを元にしていますが、週に1時間あることをすると年収が17万円も落ちてしまうということが分かっています。これを毎週続けていたら大変なことになってしまいます。

その危険な習慣とは・・・

寝不足です。

寝不足になると収入が落ちるという研究は元々ありましたが、その危険性をさらに掘り進めて調べてくれたものです。この研究では、経済学的な方法により睡眠時間と給料の関係を調べています。
単純に睡眠時間の長い人と短い人を比べて年収がどう違うのかという調べ方ではなく、アラバマ州とテキサス州の人たちを対象に、睡眠不足がどれぐらい年収にダメージを与えるのかということを調べています。既存の研究で日が沈むのが早くなればなるほど睡眠時間は長くなるということが分かっていますので、日照時間が短い地域に住む人は睡眠時間が長くなり、日照時間が長い地域に住む人は睡眠時間が短くなります。
ですから、日照時間が短く睡眠時間が長い人と日照時間が長く睡眠時間が短い人を比較することで年収の違いが表れるのではないかと考えたものです。

その結果、日が沈むのが早い地域に住む人たちは確かに平均して週に20分程度多く睡眠をとっているということが分かっています。そして、睡眠時間が1時間長くなる毎に、1年単位で見た時の収入が5%程度上がるということも分かっています。ですから、平均的な収入で考えると17万円から18万円ぐらいになります。
週に1時間余分に寝るだけでも、収入を5%上げることが出来るわけです。

年収を上げたいなら睡眠時間を大切に

5%程度では大した違いではないと考える人もいるかもしれませんが、学歴が全てではありませんが、いわゆる基礎学力が上がれば上がるほど基本的には収入が上がりますので、学校の正規教育を一年間余分に受けたのと同じぐらいの収入の違いになります。
そういう意味で考えると、スキルアップの為の研修に通ったり資格を取ろうとするよりも、まずはしっかり寝ることを考えた方が収入は上がるかもしれません。

収入を上げるために睡眠時間を削って働こうと思いがちですが、それはむしろ間違っています。睡眠時間を削って働けば働くほど、結果として年収は下がってしまいます。労働時間ばかりが増えて手に入るお金が減ってしまいます。
さらに、それ以外にも誘惑に弱くなってしまったり、やるべきことができなくなったりしますので、結果的に多くのことで損をするようになります
お金を稼ぎたいのであれば睡眠時間を大事に考えたほうがいいということです。

ただし、この研究には指摘できる点もあり、睡眠時間をしっかり確保できている人は仕事ができる人だから収入が高いだけではないのかと考えることもできます。
ですが、睡眠時間をしっかり確保することによって脳のパフォーマンスが上がるということは分かっていますので、いずれにせよ睡眠時間が大切なのは間違いありません。
ぜひ参考にしてみてください。

寝るだけではなく収入の高い仕事を手に入れるためのおすすめ動画
幸せになる仕事の選びかた9つの法則~Oxford大学式 キャリアと職業選択の科学
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1555177504

リサーチ協力:Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

参照:http://acsweb.ucsd.edu/~jgshrade/pdfs/sleep_productivity.pdf


他の人はこちらも検索しています

-お金・ビジネス
-, , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.