学習法・記憶法

15分で記憶力を上げる方法

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

以前、昼寝の効果を紹介しましたが、会社の中ではなかなかしにくいとか横にならないと寝れないというような意見も頂きました。

昼寝の効果についてはこちら↓

午後の仕事がラクにはかどる昼休みのとりかた

お昼休みに何をすると仕事の効率は上がるのか? 簡単に言うと、基本的には昼寝がベストです。 時間がない場合 昼寝には様々な効果がありますが、例えば10分以下ぐらいしか時間がないときでも6分間だけでもうた ...

続きを見る

昼寝をしなくても記憶力を上げる方法が見つかったので紹介します。ファーマン大学の研究からになります。

15分間目を閉じるだけです。

ただ目を閉じて外部情報をシャットアウトするだけで記憶力がアップするということが分かっています。

このファーマン大学の研究では26名の学生達に物語のようなものを記憶してもらいました。二つのグループに分けて、

  • 椅子に座って目を閉じてもらうグループ
  • パズルをやってもらうグループ

15分間それぞれしてもらいました。
その後に記憶力を測るテストを行うと、目を閉じたグループが圧勝したということです。パズルをやったグループよりも物語の細部まで記憶していました。
さらに、脳波計を使って脳の状態もチェックしていて、睡眠をしている時と同じようなパターンが目を閉じているだけでも確認されています
つまり、目を閉じているだけでも昼寝と同じようなメリットを得られるということです。睡眠というよりは一定時間情報を遮断するという行為が大事なのかもしれません。
覚えたいことを覚えた時や午前中に大事な仕事をした時には、お昼休みに寝なくてもいいので目を閉じてじっとしているだけでも効果が得られるという事です。

僕も、 読書していて大事なことや興味深いことを知った時には必ず瞑想を挟むようにしています。
1回の集中時間は人によって違うと思いますが仮に25分間だとした場合、25分間読書してその中でこれは絶対覚えておきたいということが特になかった場合は6分ぐらい目を閉じているとそれでも記憶の定着が良くなるので、それからまた読み進めるようにします。これは絶対に覚えておきたいとか苦手なことや忘れそうなことが出てきた場合は、休憩時間を少し長めにして15分間目を閉じておくというようにすると記憶力が高まるということです。

瞑想というと足を組んでやらないといけないと思う人もいるかと思いますが別に座ってしてもいいです。足を組むのはしきたりとしてと骨盤が立つのでいいというだけです。瞑想は呼吸に注目するのが大事ですし、今回の記憶力に関して言うと外部の情報をシャットアウトすればいいわけですから椅子に座って目を閉じているだけでもいいです。できれば姿勢を良くして呼吸に注目するといいかと思います。

外部情報をシャットアウトするという意味では、耳栓はどうなのかと考えられた人もいるかと思います。答えとしてはありです。耳栓やノイズキャンセリング機能の付いたヘッドホンを使うのもいいと思います。

記憶というものは形がないのでどう整理すればいいのか分からないものです。この整理を脳が勝手にやってくれるわけです。そのためには物事を覚えたら一定時間外部情報をシャットアウトする時間を設けることが必要ということです。

会社の中で目を閉じづらいという人は、何も考えず一点を見つめてぼーっとするだけでもいいです。キョロキョロしたりせず外部情報ができるだけ入らないようにするといいです。何も考えないということは意外ととても難しいことなのでできるならば目を閉じた方がいいというだけです。

現代人は、ぼーっとする時間や何もしない時間を失ったせいでいろいろな問題を抱えてしまっているのではないのかということも考えられます。

おすすめ動画
いつ何をすれば一番ラクに効率的に仕事が終わるか知りたいなら、決断力がアップするタイミングとは
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1542318422
集中力と記憶力を2倍に高める隙間時間の使い方
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1541863683
一気に集中して仕事を終わらせたいならこちら、シングルタスク入門
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1522316285

タグ

-学習法・記憶法
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.