挑戦・飛躍

逆境力の高い人の10の特徴〜人生の障害を乗り越える最強の力の身につけ方

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

逆境に強い人の特徴です。

僕たちはいろいろなことを乗り越えていかないといけません。乗り越え続けた先に成功があったり、失敗することはあってもそれでも乗り越えて行こうとする人が最終的には勝つと言われますが、乗り越え方があります。
逆境を乗り越えるために歯を食いしばればいいのかと言うとそういうことではなく、特定の考え方を持っている人は逆境を乗り越えることができて、逆に気合だけで乗り切ろうとする人は心が折れやすかったりします。

うまくいかない時も昨日は爪を研ぐ時間だと考えてコツコツと頑張れる人や、うまくいかない時も色々と試行錯誤してみたり前に進む人がいます。このような逆境に強い人の特徴とはどのようなものなのでしょうか。

逆境を乗り越え進む人の考え方

レジリエンスの文献をリサーチしたもので、レジリエンスとは回復力という意味で自分の心が折れてしまったり折れそうになった時にそれを立ち直らせる力のことです。これを強くするにはどうすればいいのかということを集めた内容になります。

2012年にイエール大学のスティーブン・サウスウィック博士という方が過去20年間に行われたレジリエンスの研究を全てリサーチし逆境に強い人の特徴を10個まとめています。
かなり信憑性の高い内容だと考えられますから、この中からいくつか見つけるだけでもかなり人生は変わるのではないかと思います。

現実的オプティミスト

オプティミストとは楽観主義者のような意味ですから、物事を現実的に見ることができる楽観主義者というのがレジリエンスが強いということです。
現実的なだけでも駄目ですし楽観的なだけでも駄目です。物事を現実的に見ることができるけれど、それを見た上で前向きな可能性を見出していくことが癖になっているということです。

実際に、逆境に強い人はいわゆる悲観主義者のようにネガティブな情報に意識が向きやすいということが分かっています。ネガティブな部分には目を向けずどんどん進んでいるように見えますが実際には悲観主義者と同様そのようなことに気づきやすい人たちです。
ネガティブな情報に目を向けやすいですが、同時にネガティブにはフォーカスし過ぎません。
逆境に強い現実的オプティミストの人たちは、ネガティブな人たちと同じようにネガティブなものに目を向けます。目を向けるのは現実的に解決策を見出したり対策をするためです
そのネガティブなものに目を向けた後には2つのパターンが考えられます。解決可能な場合と解決不可能な場合です。その問題が解決可能だと思った場合には徹底的に目を向けていち早く解決をします。解決不可能な問題の場合は自分の力ではどうしようもないということですから速やかに目をそらします。ここで楽観主義な特徴が現れるわけです。

楽観主義の人は全てから目を背けてしまいます。
解決不可能な問題は解決できないのですからどうしてもないものです。彼らは解決不可能な問題から目を背けますが、解決不可能な問題にあれこれと悩む時間を解決可能な問題だけに使います。だから逆境を突破することができるわけです。
多くの人は、逆境を突破する時には全ての問題を解決する必要があると思いがちですが、実は一点の突破可能な所だけを突破すればいいわけです。大きな壁が目の前にあったとしてもその壁を全て取り壊す必要はありません。壁の中でも弱いところやきっかけを見つけて壁の向こう側に行く方法を考えればいいだけです。
ところが、ネガティブな人や完璧主義の人は全てを解決しないとうまくいかないと思いがちなわけです。

逆境に強くなりたいなら、そして今、乗り越えるべき逆境に直面しているなら…こちらから続きをどうぞ
https://www.nicovideo.jp/watch/1550455685

タグ

-挑戦・飛躍
-

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.