健康・ダイエット 子育て 集中力

1日10分で頭を良くする

1日10分で頭を良くする

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 子育て中
  • 若々しくいたい
  • 勉強や仕事に集中したい

+ この知識を動画で見るならこちら

大人も子供も1日10分するだけで頭が良くなることとは?!

1日10分で頭を良くする方法を紹介させてもらいます。
これは特に子供に効果があることですが、おそらくは大人にとっても認知機能の回復という点では効果があると思われますので、是非大人の方もお子さんも一緒に行なっていただけたらと思います。

2019年にペンシルベニア大学とカリフォルニア大学の研究チームが、中国で行われたコホート研究のデータセットを用いて研究を行っています。
2928人のライフスタイルから、子供たちが4年生から6年生の間にどんな生活をしているのかということを調べています。
例えば、子供たちの幸福度がどれぐらい高いのかということや、BMIや血糖値、学力の高さや問題行動の有無などを色々と調べています。
それらを調べた上で、両親の教育レベルや経済力などを除いて調整したところ、なんと、ある行動を1日に10分や20分で構わないので行なっているだけで、それをしている子供たちはメンタルも安定していて幸福度も高く、身体的にも健康だったということです。
さらに、教育レベルの高い親の元で育てられた子供ほど、この行動をよくしているということも分かっています。
その行動とは何だと思いますか?
普通に考えると、やはり勉強だろうとか、運動をしていたのではないかというようなことを考えると思いますが、なんとその行動とは昼寝でした。

子供の昼寝を推奨!

つまり、昼寝をしている子供ほど、メンタルも安定してカンシャクを起こすことも少ないいい子で、幸福度も高いので幸せな毎日を送っているということです。
ですから、子供の昼寝は推奨した方が良いということです。
そして、昼寝をすることによって子供達は健康に育つし、人間関係の問題や学校での問題など問題行動も起こしづらかったということです。
さらには、教育レベルの高い親の元で育った子供ほど、よく昼寝をしているという傾向が確認されたわけです。
そういう意味では、子供を幸せにして健康的で頭を良くしてくれるかもしれないという行為が、1日に10分から20分ぐらいの昼寝ということですので、是非親御さんも一緒に昼寝をしてみてはいかがでしょうか。

大人にとっても昼寝は重要

なぜ親御さんも一緒にしたほうがいいのかというと、そもそも昼寝をしていないと人生損しているのではないかというぐらい、昼寝というものはとても強力なものです。
なかなか夜に寝付けないという人も、昼寝で眠れなくても目を閉じて横になっていたり座っているだけでも効果はあります。
この昼寝というものは、皆さんの症状によって時間は結構変わってくるものですので、それぞれ最適な時間を紹介しておきます。

集中力の回復:10〜20分の昼寝

例えば、別に睡眠にそんなに問題があるわけではないけれど、結構忙しくて、仕事中や勉強中に時々頭がぼーっとしてしまったりする人や、大事なことをする前に集中力や生産性を高めたいと考えている方におすすめの昼寝は10分から20分ぐらいの昼寝です。

2006年の研究を見てみると、たった10分眠る、あるいは、目を閉じているだけでも認知機能が回復したり、集中力が高まったり物事をインプットする能力が高まるということが分かっています。
集中力の回復や生産性の回復、頭の疲れの回復には10分から20分ぐらいの昼寝が効果的です。

若々しさを保つ:〜30分の昼寝

そして、体の炎症レベルを抑えたいとか若々しくいたい、肌を綺麗にしたい、あるいは、筋トレなどをした時の疲れを取りたいと考える方は30分の昼寝がベストです。
昼寝が30分を超えると色々な問題もあり、ノンレム睡眠がステージ2というものに変わってしまいますので、そうなると起きた時に頭が余計にぼんやりしてしまいますので、昼寝は長くても30分以内にしておいた方がいいと思います。
昼寝は30分以内にするようにすれば、起きた時に頭がぼんやりすることはあまりありませんし、夜の睡眠にも影響が出ません。
一方でいわゆる老化につながる体内の炎症レベルを抑えてくれるということが分かっていますので、いつまでも若々しくいたいとか肌をきれいに保ちたいという方は30分以下ぐらいの昼寝を習慣にするといいと思います。

40分から60分ぐらいのがっつりとした昼寝はあまりおすすめはしません。
おすすめはしませんが、一部の実験では、60分の昼寝をすることによって心身の疲れがとても取れるという結果も出ていたりはします。
アスリートであったり体をとても酷使するような人にとっては60分ぐらいの昼寝をとってもいいとは思いますが、そうではなく普通の方は、アンチエイジングなどの効果まで考えるのであれば30分ぐらいまでの昼寝、頭をスッキリさせてこれから勉強や仕事に集中したいと考える場合には10分から20分ぐらいの間の昼寝がベストな昼寝の時間になると思います。

眠れなくても目を閉じているだけでも効果はある

昼寝をする時には、別に寝れなくても目を閉じているだけでも効果はあります。
僕の場合は、昼寝まではいきませんが6分間目を閉じるだけということをよく行います。これは、例えば本を読んでいて覚えておきたい知識を知った時や、勉強していてこの30分に勉強したことは頭の中に定着させておきたいと思った時には、一度本やテキストを閉じて6分間目を閉じます。できれば、ノイズキャンセリングのイヤホンなどをつければより効果はあると思いますが、周りから入ってくる情報をシャットアウトします。そうするとそれまで自分が頭に入れた知識が定着しやすくなります。
ですから、僕の場合は結構こまめにこの6分間タイマーをかけて目を閉じるということをよく行います。
頭がぼーっとするような場合には、15分から18分ぐらいの昼寝をするようにしています。

お昼ご飯を食べた後などの眠くなる時間帯には、予め時間を決めておいて30分の昼寝をするようにすると頭もスッキリして集中することができるようになるでしょうし、肌もきれいに保つことができますので一石何鳥にもなるメリットがあると思います。是非試してみてください。

日中にどうしても眠いという方もいると思いますが、そのような方は、疲れて眠いのではなくて睡眠不足で眠いとかなかなか夜に寝付けなくて眠いということがあるのではないでしょうか。
このような方には副作用もなく睡眠薬と等しいぐらいの効果を出してくれる認知シャッフル睡眠療法というものがあります。これを簡単に無料でできるようにアプリを作っていますので、今回のおすすめとして紹介しておきます。
完全に無料で使えるアプリですので、なかなか寝付けないという方は是非夜の睡眠の改善のために使ってみてください。

今回は認知機能を改善したり頭を良くするためにも昼寝が効果があるという話を紹介させてもらいました。
他にも同じように頭を良くするための方法は見つかっています。
いわゆる頭の良さとしては IQ がよく言われますが、この IQ というものはたった5ポイント上がるだけでも人生が激変するぐらいのレベルで変化があるとされています。
IQ はそのほとんどが生まれつき決まるものであり、後から変わることはないと言われていますが、そんな IQ を上げる可能性がある方法をいくつかまとめた動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。
もしこの研究で行われている実験と同じ数値が出たとしたら、合計すると22ポイント以上 IQ が上がるということになります。
IQ は生まれつきのもので頑張っても変わらないものだとされてはいますが、僕はまだまだ可能性があるものだとも思っていますので、是非「IQ120まであげれば勝ち組【科学的に正しいIQの磨き方】」をチェックしてみてください。

人生変わるレベルまで頭を良くするなら↓
IQ120まであげれば勝ち組【科学的に正しいIQの磨き方】 https://www.nicovideo.jp/watch/1580924943

不安やストレスで夜眠れないという方にはこちらも

アラームなしで朝スッキリ目覚めるためにはこちらも

マインドシャッフル

References
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、ReferencesおよびArchivesから考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Jianghong Liu, Rui Feng, Xiaopeng Ji, Naixue Cui, Adrian Raine, Sara C Mednick(2019)Midday napping in children: Associations between nap frequency and duration across cognitive, positive psychological well-being, behavioral, and metabolic health outcomes

知識をさらに検索


他の人はこちらも検索しています

-健康・ダイエット, 子育て, 集中力
-, , , , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.